FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

こちらの続きです。あれから1か月が経ちました。
先ずは、
IMG_3699.jpg
梅シロップ。これはもう出来上がってます。1kgの梅から1Lくらいのシロップが取れました。

小梅は、
IMG_3701.jpg
重しをしなかったので、梅の上まで梅酢が上がりませんでしたが、1日数回混ぜてたので大丈夫でしょう。

これには、シソを入れます。
IMG_3703_20200713184441b2a.jpg
面倒だったので、スーパーで出来合いのシソを買ってしまいました。

これは・・・
IMG_3734.jpg
一晩で結構色が付きますね。

さて、一番成功して欲しい、カリカリ大梅、
IMG_3706.jpg
これは、まずまず成功っぽいですよ。特に緑の梅はかなりカリカリです。来年はちゃんと熟れてない梅を買って、本格的に漬けよう。

これにもシソを入れようと思うんですが、
IMG_3704.jpg
コレ、使える? 実家から梅酢とシソを持って帰ったんです。

使えるかなぁ・・・
IMG_3708.jpg
^_^;) こりゃ全然無理です。量が少なかったし、もうシソの赤い色が抜けてますね。次回、実家に帰った時に庭のシソを摘むか?

IMG_3711.jpg
左から、梅シロップ、カリカリ大梅、小梅、余った梅酢。
余った梅酢ってどうしたら良いんだろう? 実に美味いので、ちょびちょび舐めたい気はするんだけど、高血圧の人がそんなことしちゃ絶対ダメだよね? ^_^;)
久しぶりのカニです。
IMG_3721.jpg
ホントに久しぶりですね・・・。近所のスーパーにて。

まぁ、冷凍‐解凍のカニなんて、そんなに美味いもんじゃないんだけど、カニマニアとしては、カニを剥く技量を維持しなくてはいけません。

はい、
IMG_3723.jpg
こんなもんで良いでしょう。右下の指節は、5歳児がチューチューします。

甲羅をお皿にしていっぱいの身が取れたんでまずまず。これだけで、十分飲めます。ただ、これで身入り80%とか言うと、マニアからクレームが付くレベルかな。って言うかさ、これ、値札ラベルには「ずわいがに」って書いてんだけど、ベニズワイガニ(Chionoecetes japonicus)です。私は分かった上で買ってるけど、今の世の中、場合によっては問題になりますよ! ^_^;)
セブンで見つけた。
IMG_3715ed.jpg
「ひろげればエコバッグ 折りたためばハンカチ」
コレ、良いんじゃない? と思って購入。

手に取ってみると・・・
IMG_3716.jpg
まぁ、割と普通にハンカチ。

広げると・・・
IMG_3717.jpg
大きさ、これくらい。
なお、サイズ比較はマルシンのガバメント。

袋の上端には・・・
IMG_3718.jpg
取っ手あり。

取っ手を引っ張ると・・・
IMG_3719.jpg
こんな感じ。

大きさ的にはコンビニでの買い物には十分でしょう。スーパーでがっつり買い物しちゃうと小さ過ぎですね。

まぁ、これは便利! と思って買ったんだけど・・・これをお尻のポケットに入れて出歩くと、買い物した後にハンカチが無くなってしまうから上手くない。ということは、カバンに入れといて、イザとなったらハンカチとしても使えるエコバッグと考えるのかな? あれ? でもそんな「イザ」という機会って・・・どういう時だ? だいたいカバンに入れとくなら普通のエコバッグで良いし。

しかし、ここまで薄くなるエコバッグは、珍しい気がするから、まぁ、良いかな。もっとも、畳んだエコバッグが厚くて困ったことは無いけど。

というわけで、イメージ的にはスゴく便利そう! なんだけど、実際にはそうでもないかも? という商品な気がします ^_^;) まぁ、カバンに入れときましょうか。
こちらの続きです。
これは1か月半ほど前の写真。
IMG_3189_20200705222853e2d.jpg
近所のスーパーで買ってきた味噌が無くなったんで、容器を洗って自家製味噌を入れます。

IMG_3190.jpg
まだちょっと麹の粒が目立つんですが、こうれはもう完全に味噌ですね。めちゃくちゃ旨い。

IMG_3355.jpg
「良いね!」

1月に合わせ味噌を5.2kgほど仕込んだんですが、5月の半ばに初めて食って、これまでに1/3ほど消費しました。上写真は5月半ばなので、今では上写真よりもさらに熟成が進んで、粒感が少なくなり、何より濃厚になりました。

最近は、気温が高くなったので・・・、
IMG_3670.jpg
油断すると袋がぱんぱんになります。ってことは、どんどん発酵、熟成が進んでるってことだよね? 昔は、年に1回、味噌を仕込んでたんでしょ? これは、最長1年くらい引っ張ってみましょう。

我が家の場合、1年間の味噌消費量って、5.2kgの倍くらいじゃないか??? 大雑把な印象ですが、そんな気がします。そろそろもう一回仕込むか?

長崎県の島原半島にルーツを持つ家人の言葉が、前々から気になっていたのです。家人によると麦味噌が、「おばあちゃんとこの味噌の味」らしいのだ。私は麦味噌って、食べたことがあるだろうか? 私の実家の味噌が何味噌か? ついぞ意識した事が無かったのですが、まぁ、大分だから合わせ味噌? 麦味噌って風味が違うのか??? 

では、作ってみましょう!
IMG_3639_20200705224526db6.jpg
例によって、池田屋醸造合名会社の「混ぜるだけセット」の麦味噌をお取り寄せ。こんなのを何回作っても、味噌自作レベルが上がるわけではないと思うのだが、このお手軽さは捨てがたい。

作業中は写真が撮れないので、仕込み後です。
DSC_9868ed.jpg
左 下参照。
中 今回仕込んだ麦味噌
右 1月に仕込んだ合わせ味噌。もう十分美味いが、最長1年くらい引っ張ってみよう

で、上写真の左ですが・・・
IMG_3638_20200705225131419.jpg
黒豆の米麹味噌です。
黒豆の味噌なんて食ったことも無いんだけどさ、池田屋醸造合名会社のウェブサイト見てたら、何か濃厚系の味噌らしいんで、何となく買っちゃったよ・・・ ^_^;) ちなみにお値段は麦味噌の倍です。

DSC_9866.jpg
1袋が約2.5kgです。こんだけあれば、向こう1年間、味噌買わなくて良いかな? 
今週末は実家に帰りました。
IMG_3663.jpg
段ボールに入る5歳児。・・・・・・まぁお前がそれで楽しいなら、それで良かろう。

IMG_3656.jpg
こちらの続きの山ワサビ。
葉っぱが一段と巨大化しております。

IMG_3641.jpg
場所によっては結構食われてるね・・・

IMG_3642.jpg
モンシロチョウの餌を植えたような気もします ^_^;)
秋に根っこが育ってくれてると良いんだが。

IMG_3646.jpg
2年生、トウモロコシ区画へ。

IMG_3647.jpg
1本取ってみます。

一口かじって・・・
IMG_3649.jpg
「甘い!」
しかし、まだちょっと早かった。もうちょっと待って、実が黄色く色付いたら収穫しよう。

その頃5歳児は・・・
IMG_3654.jpg
野菜の収穫をお手伝い。

今回の収穫は・・・
IMG_3658.jpg
ナス、オクラ、キュウリ、トマト。
今の時期、実家には、これらの野菜が無限にあります。物理的に無限という事は無かろうが、消費量を考えると「事実上無限」です。ありがたいね。

IMG_3661.jpg
実家のダッチオーブン、キャプテンスタッグ製。
唯一の不満が取っ手。両側に垂らすと直火が当たる。上でクロスさせても、すぐにパタン!とどっちかに倒れる。高級なダッチオーブンは、この辺、上手い事出来てるんだろうか???
IMG_3379.jpg
ダメと言われてもね・・・。

IMG_3394.jpg
福岡タワーに夕日が沈む。

IMG_3417.jpg
福岡上空に大型のUFOが。

IMG_3626.jpg
クッキーにまで登場ですか・・・ ^_^;)

IMG_3611.jpg
一蘭。ちょっと前まで、味集中カウンターなんてバカにしてましたが、今や安心できますね・・・。

IMG_3388.jpg
ひとしきり手巻き寿司を食べた後。
 左: 5歳児
 右: 2年生
こういう差も、持って産まれたものなのかねぇ・・・?
6月17日に仙台上空で広く見られたUFO、一体ナンだったんですかね??? 興味を持って続報をサーチしていたのですが、結局不明のまま。

でね、ネット上の写真にはいくつかパターンがあるんです。それでですね・・・悲しい事に、そこそこネット上を調べたつもりなんだけど、どこまで本物なのか? 今の私には分からないのです。私はもう、今のネット社会に着いて行けてないのかもしれません(涙)。

以下、ネット上の写真を無断で転載します。もしかすると著作権法に抵触する可能性がありますが、もし著作権者から指摘がありましたら即削除しますので。

まともなメディアに一番広く出回ったのはこの写真と思います。
仙台天文台
① 仙台天文台のクレジットで大手メディアに乗りましたので、おそらくこれは本物だと思うのです。
なんですが、私は、仙台天文台のサイトでこの写真を見付けることが出来なかった。おそらくはSNSで発表されたんだと思うんですが・・・私はSNSというモノに付いて行けてないのです(涙)。

産経
② これは、産経新聞に掲載された写真。①とよく似ています。

ところがですね・・・
河北新報
③ これは、河北新報に掲載された写真。①、②と違って、太陽光パネルのようなものがあるんです。角度の差ですか? そうは思えないんだけどなぁ・・・。

パネル2
④ ツイッターに投稿された写真1。太陽光パネルらしき物、あるね。

パネル1
⑤ ツイッターに投稿された写真2。これも太陽光パネルらしき物がある。
パネルの数が、右上が6列で、左下が5列ですよね。

パネル3
⑥ ツイッターに投稿された写真3。超鮮明!
パネルの数は、左右とも5列。

これら全ての写真が6月17日に仙台で撮影された物ではないはずです。では、どれが6月17日に仙台で撮影されたのか??? かなりネット上を調べたつもりなんですが、悲しいかな、今の私には判別が付かない。やっぱ、SNSをちゃんと使いこなさないと、ネット上におけるリアルタイムな情報収集はできないなぁ・・・。

まぁ、私個人のネット上における情報収集能力はともかく、この風船から、地球征服を企む小さい宇宙人がワラワラ出てくる・・・なんて可能性は、ホントに無かったのかね? 真面目な話、ちょっと気味が悪かったですよね。

アレ? 何だ、この風船の正体、分かってるじゃん!
IMG_3521.png
ツイッターの投稿から。
何だ! そういう事だったんだ! ^_^;)
#信じる人がいないとも限らないのが、ネット社会の怖いとこですよねぇ・・・ -_-;)
こちらの続きですね。
IMG_3614.jpg
実家からトマトをもらってきました。前回のトマトは近所の農家さんから出荷できない物を頂いたのですが、今回は素人の家庭菜園です。まぁ、見た目からして、コレが売ってたら、さすがの私も「?」と思う見かけ。ただし完熟。それに完全無農薬。

DSC_9848.jpg
今回は、ちょっとタマネギを多めに使いましょう。このタマネギも実家からもらってきた物。上写真は、既にオリーブオイルで香り出ししたニンニクも混ざっています。

IMG_3617.jpg
トマト約2.5kg。写真上の方にちょっと大きめのくし切りが見えてますが、これは、熟し過ぎてこれ以上包丁を入れられなかった物。これくらい熟すと、皮は簡単に手で剥けるんですね。知りませんでした。

DSC_9849.jpg
アレ? ちょっと多すぎたか?

DSC_9851ed.jpg
できた!
前回作った物より、旨味が強いと思います。これは、トマトがホントに完熟だからじゃなかろうか? 考えてみたら、トマトソースって、水使わないんですよね。なのにこんなに液体になるって、何かスゴい。

さすがに今回は量が多かったので、半分くらいは冷凍かな?
こちらの続きです。
ホルテンは一旦置いて(涙)、次はこれにしましょう。
IMG_3466_202006232213401c0.jpg
エレールのグロスター・グラディエーターです。
子供の頃は、複葉機なんて全く興味なかったんですが、ソードフィッシュ(この辺参照)を作って、複葉機を作る面白さに目覚めましたよ。

エレールのこのキット、もしかしたら、今でも売られてますか? ただ、ネット上をザっと見てみたところ、今現在少なくとも流通在庫は無さそうですね。これも旧世代のキットです。
DSC_9831.jpg
コクピットはこんだけ。いいね!

DSC_9835.jpg
計器パネルは、そこそこ細かいモールドがあります。昔なら、これを塗装したんだろうけど、そんな気力が無いのは言うまでもありません ^_^;) もっとも今では、精密なエッチングパーツだし。

DSC_9838.jpg
コクピット周り断面。
実機の構造なんて丸で無視の作りです。でも、私の世代的には、1/72のプラモデルって、これで良いと思うよ。最近の設計の1/72なんて、見えない部分まで実機の構造を再現してて超絶複雑・精密です。それはそれで良いんだけど・・・造形村の1/72ホルテンとか、超惹かれるんだけど・・・まぁ、私はヤメといた方が良いでしょうね ^_^;)

DSC_9840.jpg
パイロットは中央の椅子に座って、丸い操縦桿を持って、左右に2つある四角いペダルを踏みます。

飛行機って、憧れますよね・・・リリエンタール、ライト兄弟、サン・テグジュペリ、サントス・デュモン・・・・・・乗るのはイヤなんだけどね ^_^;)

ところでこのキット、
IMG_3506.jpg
何か、丸い小さな穴が妙に多いんですよね。

IMG_3505.jpg
コレ何だ???
と思いきや! 何と、コレ、張線用の穴なんです!! え~!!! そんなキットがあるんだ・・・。まぁ、頭では分かってるんで、これもやってみたいとは思うんだけど・・・まぁ、私はヤメといた方が良いでしょうね。自己研鑽を超えてストレスの元です ^_^;)
こちらの続きです。今回の帰省では、魚ももらって帰りました!
IMG_3560.jpg
これらは、実家のお隣さんからの頂き物。
ちなみにお隣さんは、海釣り公園に行くような素人ではなく、昼の間に島に渡って、夜中徹夜で釣って、翌日午前中に帰ってくるという筋金入りです ^_^;) 後から聞いたところによると、これらは、釣果のごく一部だそうな。

実家でもらって、すぐにエラと内臓だけ抜いて、福岡に持って帰りました。イサキとメバルは血抜きをしてくれてました。さすが玄人。

30cmを超えるイサキは・・・
IMG_3572_202006221859110d4.jpg
刺身にしましょう。
私の課題は、皮引きですよ・・・。イサキの綺麗な血合いが台無しです(涙)。

しかしっ!
IMG_3572ed.jpg
この銀色の部分に可能性を感じます。オレ、上達してんぢゃね? (ピント合ってないね ^_^;)

IMG_3575.jpg
かなりデカいメバルと、ミニサイズのカサゴです。

メバルは・・・
IMG_3577.jpg
無難に煮つけ。

ミニのカサゴは・・・
IMG_3579.jpg
唐揚げ。

自分で(正確には「子供が」だが)釣りをする前は、こんな小さな魚、釣ってもしょうがないじゃん? と思ってたんですが、こんな小さなカサゴでも、唐揚げで実に美味い。酒の肴になるね。
IMG_3584.jpg
もしかして、もっとディープフライにしたら、骨とかヒレも食える? でも、身が美味しくなくなる???

実にぜいたくな晩ご飯でした。5歳児は、イサキの刺身を結構食ったし、メバルの煮つけは半身を半分以上食った。良いね。一方、2年生は、全く魚食わないんだよなぁ・・・。やっぱ、食性というのは、持って生まれたものだね。

さて、メバルの胸鰭、
IMG_3590.jpg
左端に指で隠れちゃいましたが、全部で16本あるんです。これは、あえて言うなら、おそらくクロメバル(Sebastes ventricosus)だと思います。