FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/04

IMG_1252.jpg
福岡市中央区長浜にあるラーメン屋「元祖長浜屋」のラーメン。

今回の日本出張の最大の成果は、「元祖長浜屋」のラーメンを食べることができた事でしょうか(←真に受けないように、本社の方々)。博多ラーメンというのは、ラーメン界において重要な1ジャンルをしめていると思うのですが、この店こそ、博多ラーメン発祥の店。創業は昭和27年だそうな。現在の博多ラーメンは、とんこつのこってり系がその特徴だと思うのですが、「元祖長浜屋」は意外なほどあっさりです。だから、観光客がこってりを期待して食べると肩透かしを食らいます。もちろん、博多にもこってりなラーメンを出す店は多いですよ。だから、私の中では「白いスープのこってり系=博多ラーメン」、「比較的澄んだスープのあっさり系=長浜ラーメン」です。

店に入ると同時に店員に「カタ」と告げます。

このラーメン、初めて食べると、あまり美味しいとは思わない人が多いのかもしれません。特に、いわゆる博多ラーメンを期待すると、「ちょっと違う」と思う人が多いんだと思います。でもね、ハマる人はハマるんです。時々、異常に食べたくなります。思うに、何か麻薬成分のような物が入っているのではないか!?(←ここも真に受けないように)

東京都内には、「博多天神」というチェーン店があります。これが都内では、「元祖長浜屋」の味に一番近いんだけど、やはり残念ながら別物。麻薬成分は入っていませんでした。

「元祖長浜屋」、私は学生の頃よく通いました。初めて行った頃はラーメン250円、替玉50円でした。もう20年以上前だけどね。ただ、今でもラーメン400円、替玉100円は、地方都市としてもやはり安いでしょう。博多を離れて13年。未だに無性に食べたくなることがあります。時間があれば、コイツを食べるためだけに、バンコクから福岡に飛びたいくらい。

あ、ちなみに博多にはもう1件、中毒成分が入っているのではないか?と思える料理屋がありました。それが東区馬出の「犬丸」。常にシャッターが半分閉まっているという妙な店。しかし、この店の鳥の水炊きは異様に美味かった。禁断症状が出るくらいに美味かった。

思えば、博多も美味しい物が多かったね。
関連記事
この記事へのコメント
訂正!
厳密に言うと、博多ラーメンと長浜ラーメンって違うんですよ。前者の方がこってりしているので、長浜屋が「意外なほどあっさり」というのは正しいわけです…私は生姜を異常なほどに入れて、汁をピンク色にして食べるのが好きですねー。

あー今回行きそこなったわ。
2010/08/01(日) 19:59 | URL | HaruKoala #-[ 編集]
Re: 訂正!
そうなんだ。

さすがHaruKoala!話が分かる!・・・私もピンク色にするのは大好きなんですが、ついつい周りの目を気にして、控えめにしてしまいます・・^_^;)
2010/08/02(月) 01:22 | URL | ncc1701b #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/299-78ff5bfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック