FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

1年近く振りですが、こちらの続きですね。
実はとっくに完成しています。
DSC_8440ed.jpg
2016年HWS製スマイソンのワイドトリガー化!

DSC_8442.jpg
2016年HWS製のスマイソンに、ヤフオクで落としたCMCオリジナルのワイドトリガーを移植しました。ただし、ポン付けではシングルアクションでハンマーがコックできなかったので、ハンマーを若干削りました。この辺は、おそらくCMCオリジナルでも調整の範囲内だったんだと思います。

ただですね・・・
DSC_8443.jpg
2016年HWS製のスマイソンのハンマーは、妙な緑色なんです。これって染め? もしかしたら塗装なんじゃないの? と思えるくらいの緑色。でも、塗装するメリットなんてないから、染めなんでしょうね。

一方・・・
DSC_8444.jpg
ヤフオクで落としたCMCオリジナルのワイドトリガーは、黒っぽい上に中古だからキズだらけ!

DSC_8445ed.jpg
何かアンバランスになっちゃいました。ハンマー・トリガー共に仕上げ直してやると見栄えがするんでしょうが、とりあえず気力がありません ^_^;) これも老後の楽しみに・・・(以下、略)。

ところで、CMCスマイソンで昔から気になっていた箇所があります。
DSC_8446.jpg
それがこの、バレルとフレームの段差。実物でもホントにこんなに段差があったんだろうか???

これを機会に昔のGUN誌を引っ張り出しました。
DSC_8447.jpg
今は亡きGUN誌の1981年8月号より。
これはオリジナルのデイビスカスタムですが、やっぱ実物は、こんな段差は無いですね。って言うか、この時代のM19キレイ過ぎ。

改めてGUN誌の1981年8月号を読み直したんですが、当時のM19は53,000円、スマイソンはM19の53,000円+パイソンバレル交換費用25,000円の約78,000円なんだと。対してパイソンは、当時でも10万円以上。スマイソンがウケたのは、「安価」という要素もあったんでしょうね。

それから、この特徴的なグリップって、S&Wの純正オーバーサイズグリップを削った個人カスタムって、ホントですか??? だとしたら、よっぽどセンスのある人が作ったんですね・・・。

ところで、実銃のスマイソンって何丁くらい造られたんだろう? 思いますに、米国における実銃のスマイソンより、日本におけるおもちゃのスマイソンの方が、製造数は断然多いんじゃなかろうか? もしかしたら、スマイソンというのは米国よりも日本の方が知名度が高いのかも!?
こちらの続きです。
DSC_8233.jpg
これは、訳ありではなく、6インチの完品です。これもはるか昔にヤフオクで落とした物。

DSC_8171ed.jpg
当然未発火。

DSC_8170ed.jpg
シリンダーのボルト傷も少ないので、前オーナーは、あまりガチャガチャしなかったのでしょう。

DSC_8178.jpg
この銀色ってメッキですかね? 塗装のような気もします。

DSC_8182_20190512094445262.jpg
フラットな肉厚マズルが大迫力!

これは・・・どうするのかね? もう箱に収めて、押し入れに入れてデッドストックとするのかね? そもそもモデルガンってさ、私は未だに欲しいと思うけど、買ったからと言って、別にそれで遊ぶわけじゃないんですよね。まさか、今更、火薬詰めて、ばんばん!とかするわけ無いし。もしかしたら、大人時代のモデルガンって、デッドストックにするために買う、というのが王道なのかも!?
こちらの続きです。
先ずはこんな物を買いました。
DSC_8274.jpg
指先より小さいプラスチックの小片。これ、フロントサイトのレッドランプなんです。メーカーのウェブサイトで100円なり。KSCは、メーカーのウェブサイトで部品が買えるというのが素晴らしい。マルシン工業なんて、未だに電話の上、送金は郵便小為替じゃなかったっけ? 化石かよ・・・ -_-;) そういえば、伝説の「マルシンのお姉さん」は、もう「マルシンのおばちゃん」とか、「マルシンのおばあちゃん」になっちゃったんだろうなぁ・・・ ^_^;)

それはともかく。
DSC_8286.jpg
ほら! 前オーナーが中途半端に塗装して、薄汚い感じに黒くなってたフロントサイトがこの通り!

さて、ササっとバラしますか。
DSC_8279.jpg
サイドプレートを外すと、このアクション。要は、ほぼ完ぺきに実物通りなんです。素晴らしい! 外見だけなら、最近は3Dスキャナとかあるから、比較的容易に正確にできるんだろうけど、アクションは、実物=鋼鉄、モデルガン=亜鉛合金という素材の違いがありますからね・・・ここまで正確にアクションを再現しているのはスゴいと思います。

全バラすると、こんな感じ。
DSC_8281.jpg
大変簡単です。これは、モデルガンとか拳銃でなくとも、メカ一般にちょっと詳しい人だったら、説明書は不要でしょうね。

それから、例えばこんな所。
DSC_8292.jpg
真ん中に見えるネジの頭は、トリガーストップです。説明書には一切の説明が無いんだけど、ここが再現されているというのはスゴい。メーカーが、「パーツ単位の再現性」と言っている通り、このモデルガンは、実物に極めて忠実なんです。これほど、実物に忠実なモデルガンは、他にそうそう無いですよ。「モデルガン時代」の最末期に作られた名作と思いますね。

さて、この個体は、「訳あり」でした。だからこそ安く(たぶん、2,500円くらいだったと思う)買えたんですが、その訳とは、ハンマーがコックできないことでした。がちゃがちゃしてみたところ、確かにシングルアクションでハンマーがコックできません。ダブルアクションでも、ハンマーが落ちるところまでハンマーが持ち上がりません。アクションがスタックしちゃうんです。

これを、言葉で説明するのは、大変難しいのですが・・・要するにハンドがシリンダーを回転させるべく動いて、シリンダーはボルトで固定されるんですがその時点で、まだハンマーが十分持ち上がって無いんです。つまり、簡単に言うと、ハンドが長過ぎるんです。であれば、ハンドの頭を削ってやれば解決しそうです。しかし、どうなのかなぁ・・・と思って、正常に作動する他の2個体と比べてみたところ、ハンドの形状は正常に作動する物と同じ。でもね、ラチェットの形が明らかに違う事が判明!
DSC_8306.jpg
写真を撮り忘れた! 
これはもう、リューターで削っちゃった後の写真なんですが、赤〇部分が、6か所とも、やたらと時計回りに出っ張ってたんです。これは大変不思議ですよね・・・。もしかしたら、キャスティングの成型不良品がそのまま製品になっちゃったのかもしれません。いずれにしても、その昔買った中国メイドの1,980円のリューターが大活躍しましたよ ^_^;) エジェクターのラチェット6か所を写真のように削ってやった結果、アクションは正常に作動するようになりました。写真くらい、斜めに削ってやっても、トリガーを引き切った状態だと、ハンドはラチェットに力を加え続けているんです。実物がどういうラチェット形状なのか?いつか調べてみましょう。

さて、発火済のカートです。
DSC_8307.jpg
どうしよっか?

バラしてみると・・・
DSC_8308.jpg
銀色のアルミのインナーは、スゴくきれい! やっぱり、発火はこの1回だけだったんでしょう。内部にサビが出ていたので、真鍮ブラシでゴシゴシした後、超音波洗浄機に入れてやりました。ケース外側はサビではなく、変色なので、ゴシゴシしませんでした。シリコンオイルを吹きつつ、前オーナーに敬意を表して、撃ち殻キャプをケースに収めて完成!

DSC_8302.jpg
プチオーバーホールでキレイさっぱりしたKSCのキングコブラです。

箱に収めて押し入れに。次に出会うのは、何年後でしょうか? ^_^;)
何で気が付いたんだっけなぁ・・・今思い返すとよく覚えてないのだけど、KSCのキングコブラが1か月前に再生産されてたんですよね。このモデルガン冬の時代に、メーカー自身が「まさかの再生産」と言うくらい ^_^;)、確かに「まさか」ですよ(この辺参照)。

私はオリジナル生産時の物をいくつか持っています。いずれも昔、ヤフオクで落とした物。KSCのキングコブラって発売はいつだろう? 良く分かりません。良く分からないのは、私がモデルガン趣味を離れていた時代だったから。
DSC_8185.jpg
これは4インチ。

DSC_8186.jpg
実物は見たこと無いのですが、おそらくプロポーションは、相当正確なんでしょうね。

この個体は、発火済かつ、訳アリだったので、大変安く買えました。というか、この手の中途半端なモデルガンの訳アリ品ってあまり入札する人もいないしね。正直、この個体、ヤフオクで落としてから、何年(10年以上?)もほったらかしでした。今回、メーカーの再生産を機会に、ちゃんと見てやりましょう。

さて、どの辺が訳アリかというと・・・
DSC_8187_20190512093236459.jpg
この写真で分かりますかね?エッジが、かなりダレてるんです。しかもスクリューの頭もハゲてるから、どうも前オーナーは分解もせずに、表面にサンドペーパーをかけたようです。

更に、サンドペーパーをかけた上でですね・・・
DSC_8165.jpg
どうもスプレー塗装してるんです。オレンジのレッドランプが、黒く潰れています。
これはつまり、ブルーイングしようと思ったけど、失敗したからスプレー塗装をした、というパターンですね。よって、表面がかなり汚い&情けないことになってます。

更に発火済みなので・・・
DSC_8160.jpg
ありゃ? カートが1発足りないや。

DSC_8188ed.jpg
カートにはかなりサビが出てますね・・・

カートをバラすと・・・
DSC_8191ed.jpg
何と!!! 撃ちガラキャップがそのままじゃん! ^_^;)

しかし、フォーシングコーン部は・・
DSC_8194ed.jpg
意外にも全くサビが出ていません。
という事は、火薬を詰めて撃ったのは、おそらくこの1回だけなんでしょうね。1回撃ってみたけど、「ぱん!」という何とも小さな音がしただけ。おそらく前オーナは、私よりはるかに若い世代の、エアガンとかガスガンに慣れたモデルガン初心者で、「つまらん・・・超絶つまらん・・・モデルガンとは、こういう物なのか・・・」と、絶句したんですよ ^_^;) で、その後、放置されたと。

さて、この個体、表面は情けない事になってますが、サビはほとんど無いし、アクションは完動。どうしよっか?表面を仕上げ直してやるかなぁ・・・? 手間を考えると、ちょっと迷いますね。リボルバーって、オートと違って曲面が多いからね。でも、いずれにしても完全分解クリーニング&注油はしてやりましょう。完全分解した上で、表面をレストアするか否か、考えよう!

それはそうと、再生産されたKSCのキングコブラ、価格は上がってないようですから、これはもう絶対の買いですよ! 今や消えつつある日本のモデルガン文化における、リボルバーの最高峰がマルシン工業のS&W M586/686と、このKSCのキングコブラだと思ってます。私はもう何丁か持ってるから買わない(買えない)けど、こういう素晴らしい製品は、できるだけ多くの人に知ってもらいたいと思いますね・・・どの辺が「素晴らしい」かは、またいつか。
こちら">こちらの続きです。

考えてみれば、マニアックな話ですよ・・こういう話題を書いて、理解してくれる人、もしくは有益に思ってくれる人が、今現在この地球上に何人いるか?って話ですよね・・・

さて、CMCのKフレームは、メインスプリングスクリューを目いっぱい緩めると、メインスプリングスクリューがリバウンドスライドに干渉して、ハンマーがコックできなくなります。それを回避するには、簡単には・・・
DSC_7914.jpg
リバウンドスライドの上端をこんな感じで削ってやるんです。

そうすれば・・・
IMG_1554.jpg
ね? ちゃんとコックできるようになります。しかし、ちょっと抵抗があるんですよね。今となっては、貴重なCMC製オリジナルパーツに手を加えるというのは何か抵抗がある。

そこでコレです。
IMG_1547.jpg
上: マルシン製Lフレーム用メインスプリング
下: CMC製Kフレーム用メインスプリング

実銃においてKフレームとLフレームは、シリンダーとシリンダー周辺のフレームの大きさが異なりますが、アクションは共通です。だからメインスプリングは、KもLも同じなんです(トリガーやハンマーも同じです)。上写真を見ると、マルシン製の方がS字カーブがキツいのが分かると思います。ここは、マルシンの方が圧倒的に実銃に近いです。CMCも単なる鉄板打ち抜きではなく、カーブが付けられていますが、このカーブが実銃に比べるとかなり緩いのです。

CMC製Kフレームに、マルシンのメインスプリングを入れると・・・
IMG_1550.jpg
コックできた! リバウンドスライドを加工しなくとも、ちゃんとコックできるようになります。また、ハンマーダウン時のメインスプリングの張力が、明らかに小さくなるので、フレームに与えるストレスも少なくなると思います。火薬を詰めての発火性能は相当落ちると思いますが、私も大人になりましたので、今更、火薬詰をめて「バン、バン!」とか言いながら遊ぶことはしません ^_^;) よって無問題。

実銃におけるメインスプリングのS字は、ダブルアクション時のトリガープルを滑らかに(一定に)するため・・・という説明がされることが多いんだけど、リバウンドスライドとの干渉を防ぐため、という目的も無いですかね???

というわけで、CMC製のM19やスマイソンを持っている人はフレームの亀裂を防ぐためにも、マルシン製Lフレーム用メインスプリングに交換することをお勧めしますよ。
こちらの続きですね。
モンキー・パンチさん、亡くなっちゃいましたね・・・モンキー・パンチと言えばルパン3世、ルパン3世と言えば次元大介、次元大介と言えばS&WのM19の4インチ!
DSC_7884.jpg
はい、S&W M19 4インチ。

DSC_7888.jpg
手元にあるS&W M19 4インチは、この1丁だけですね。CMC製です。発売はいつ頃ですかね・・・

IMG_1524.jpg
手元にある月刊誌『GUN』の1982年9月号に「新発売」と書かれているので、この頃なのでしょう。私は、リアルタイムでは買えなかったので、いつだったか? ヤフオクで買った物です。最近では、ヤフオクにCMCのモデルガンが出品されることも少なくなりましたね。ただ、この製品の金型は、現在、HWSが持っていて、たまにスポット生産されるので、5年くらい待ってれば、また再生産してくれるでしょう。HWS製は、細部が改良されているんですが、私にとっては、子供の頃憧れていたCMC製に意義あり、です。

DSC_7894ed.jpg
コクサイ製(この辺参照)と比べると、このフレームトップが薄く、実にリアルな形状なんです。

それに・・・
DSC_7894ed2.jpg
ハンマースパーの形状。パッと見た目、実物にそっくり! コクサイ製は、この部分が全然ダメなんです。

S&W M19は、バンコク時代に撃ったことがありますが、CMC製のM19を触り慣れていると、実物を握っても全く違和感が無いんですよ。それくらい良くできたモデルガンですよ、これは。ただし、CMCのM19には、リアルな形状のモデルガンならではの欠点というか、「持病」があります。それがこちら、
DSC_7912.jpg
フレームのメインスプリング付近に亀裂が入るんです。この個体は、かなり派手に割れちゃってます。で、この部分が割れちゃうと、多くの人がメインスプリングスクリューを抜いちゃうんですよね。上写真もメインスプリングスクリューが入ってません。ヤフオクで購入した時点でこの状態でした。だから、メインスプリングスクリューは欠損してました。ただ、この部分には、プラスチックの内部に亜鉛合金のフレームが入っているようで、ここまで割れても破断することはありません。

ただ、CMCのM19には、少々問題というか不思議な点があるんです。メインスプリングスクリューを抜いちゃうと、ハンマーがコックできなくなります。なぜかというとですね・・・
IMG_1545_2019042117344600a.jpg
オレンジ〇部分で、メインスプリングとリバウンドスライドが干渉してしまうからなんです。これ以上、親指でハンマーを起こそうとすると、メインスプリングはたわんで、右に移動しようとするし、リバウンドスライドは、トリガーを介して左に動こうとするので、にっちもさっちもいかなくなる、と。この部分、実物ではどうだっけ・・・? 実物では、メインスプリングスクリューは目いっぱい締めこんで使うのがデフォルトです。特殊な競技用の銃では緩めることもあると思いますが、完全に緩めたら作動しないとは思えないですよね・・・?

CMC M19は、メインスプリングを緩めると、ハンマーがコックできない、と覚えておきましょう。ヤフオクで、「ジャンク。ハンマーがコックできません」というCMC M19をいくつか見たんだけど、メインスプリングスクリューを目いっぱい緩めてるか、抜いてる例が多いんじゃないでしょうか? そういう個体は、お買い得の可能性があります。この個体が正にそうでした。

メインスプリングスクリューを緩めないとフレームが割れる → だから、メインスプリングスクリューを緩める → そうするとハンマーがコックできない → でも、それだととつまんない。ですよね? でもね、私は、研究の末、この製品発売後37年目にして、この問題の解決方法を見出しましたよ! 次回に続く。
この箱の中に何が入っているか? 分かる人が、今現在、この地球上に何人くらいいるんだろうか???
DSC_6025.jpg
もちろん、CMCのスマイソンと、同金型を使ったHWSのスマイソンです。

こんな感じです。
DSC_5971.jpg
上がHWSのスマイソン、6インチ、2016年発売、限定150丁。発売と同時にあっという間に売り切れた。
下がCMCのスマイソン、4インチ、たぶん1981年発売。

DSC_5970.jpg
CMCの4インチは、リアルタイムのお小遣いでは、到底変えなかったので、かなり前にヤフオクで落としました。最近では、もう出品されることすら稀になりましたね。この個体は、箱付きでしたが、発火済だったので、かなり安く買えた記憶があります。それに!ヤフオクの説明文には、書かれていなかったんですが、カートが3セットも付いてきました。前オーナーは、よほど発火するのが好きだったのかもしれません。発火済でしたが、良く手入れされていたようで、ほとんど錆もありませんでした。「持病」であるメインスプリングスクリュー付近のクラックも無し。

DSC_5963.jpg
HWSの6インチは、2年前に購入。新品のモデルガンを買ったのは・・・もう何十年ぶりか?分かりません。これが、私の人生で、私が購入する最後のモデルガンになるんでしょうね。なぜ買ったのかと言うと・・・このグリップなんです。このグリップは80年代のCMCオリジナルという触れ込みでした。たぶん、2016年になって、80年代にCMCの金型等を引き取ったHWSの倉庫の中から、オリジナルグリップが発掘されたんでしょうね。これには、強烈に惹かれました。と言うわけで、家人の許可を得て購入。

80年代のCMCオリジナルと、2016年版HWS製は、基本的に同じ金型を使って生産されているのですが、大きく異なる点が1つあります。それがココ。
DSC_5967_2018093019274691e.jpg
80年代のCMCオリジナルは、ワイドトリガー。

DSC_5969ed.jpg
2016年HWS版は、ナローというか、通常のトリガー。

ここなんですよね・・・。私の世代にとって、CMCスマイソンと言えば、やっぱりワイドトリガーとワイドハンマーです! ちなみにハンマーは、2016年HWS版もワイドですから、未だに部品の在庫があるのかもしれません。

2016年にHWSスマイソンを入手してから2年・・・・・・
DSC_5976.jpg
ようやく揃いました!
中 CMCオリジナルのKフレーム用トリガーユニット一式
右 CMCオリジナルのスマイソン用ワイドトリガー単体

ヤフオクで揃えるのに2年かかりましたよ! 写真右のスマイソン用ワイドトリガーに、写真中のパーツを移植して、ワイドトリガーユニット一式を組みましょう! それを2016年版HWSスマイソンに移植するんです。やっぱ、CMCスマイソンはワイドトリガー&ワイドハンマーじゃなきゃね!

左のリバウンドスライドの意味と、トリガー交換の様子はまた後日。

<一部訂正>
× 「私の人生で、私が購入する最後のモデルガン」
  ↓
〇 「私の人生で、私が新品で購入する最後のモデルガン」
※やっぱ、中古品は除外規定を適用するよう、家人に陳情しよう・・・ ^_^;)
これは、オークションではなく、ネット上の小売店から買いました。
DSC_5466.jpg
はい、コクサイ製のM19です。

箱を開けると・・・
DSC_5467_20150706200924206.jpg

じゃじゃ~ん!
DSC_5469.jpg
これはカッコ良いでしょ・・・

実物は、スミス&ウェッソン社のM19。
DSC_5472.jpg
私が子供の頃、次元大介になりきるには、必須のアイテムだったんですけどね・・・。

DSC_5471.jpg
最近の子供は、アニメとか漫画とかゲームの主人公が持っている銃を見て、カッコ良い!欲しい!とかって、思わないのかね?

しかし、このM19、良く見ると・・・
DSC_5478.jpg
サイドプレートの分割線が偽。

DSC_5481.jpg
完璧なまでにヘンな形のフレームラグ。

DSC_5477_20150706201010ca0.jpg
357マグナムにしては、やたらと細くて短いカートリッジ。

そう、このM19は、確かにコクサイ製ですが、かなり初期の製品ということです。箱を見ると、定価9,400円のラベルが。これって、いつごろの製品だっけ?コクサイのM19の発売は確か、1982年だと思います。最初期は、メタルフィニッシュのみで、その後キットが発売されて・・・その後くらいの製品ですかね。だから、1980年代中ごろから後半の発売と思います。

その後、90年代に国際産業は倒産し、金型はサンプロとかに引き継がれて、上写真に挙げたような不備を改良しながら、現在でもたまにスポット生産されますね。今のコクサイM19は、かなり完成度が高くなっていると思います(その分、値段も定価2万~3万円になってしまいましたが)。

これ、子供の頃、欲しかったんですよね・・・。この頃の国際産業は、まず金属製が先行したんでしたよね?既に時代は、モデルガンではなく、弾の出るエアガンとかガスガンに移っていたんですが、どういうわけか、金属製のM19とM29を発売。これが、まぁ、当時としては非常に完成度の高いものでした。その後、プラスチックでM19とM29を発売したんじゃなかったかな。これらの製品によって、市場で『リボルバーの国際』をいう評価を確固たるものにします。いや~、このコクサイのM19、欲しかったんですよ。その後に出たCMC製とか、最近ではそのCMCを改良したハートフォード製とかあるんだけど、やっぱり、私が欲しいのは、昔憧れた初期コクサイ製M19だったんですよ。

でも、考えてみたら、何でこんな古い物が、新品で残ってたんだろう?おそらく製造から30年近く経っていると思います。こっちの不良在庫どころの話じゃないよね。経緯はわかりませんが、どっかの倉庫とか小売店の棚にず~っと30年も放置されてたのかね?

現在では、上記した改良版コクサイ製やハートフォード製、それからタナカも出してるんでしたっけ? もっと完成度の高いM19があり、しかも最近のモデルガンは、材料のプラスチックに金属の粉を混ぜて成型する(これをヘビーウェイト樹脂という)ので、重量感があります。よって、古くて完成度の低い、そして完全プラスチック製で非常に軽いモデルは、人気がないのも当然でしょう。6,500円で買えました。こんなの買うのは、モデルガンマニアという絶滅危惧種の中でもさらに変人なんだろうなぁ^_^;)

さて、完成品の(キットではない)モデルガンを買ったら、先ずは全バラして、各部をチェックし、必要に応じて調整してやるというのは、昔からのお約束です。先ずは、シリンダーを外して、グリップパネルを外して・・・・・・
DSC_5484.jpg
がーーーん!!!ヒビというか、もはや亀裂。この部分は、内側に金属のフレームが入ってるから、外側のプラスチックにメインスプリングの張力がかかるわけじゃないと思うんだけどね・・・。あぁ、でもメインスプリングスクリューを介して、プラスチックフレームに捻りの力がかかるのかもしれませんね。とりあえず、メインスプリングスクリューをいっぱいに緩めます。

・・・新品だったら(イヤ、新品だけど)、即交換対応ですが、この個体はそういうわけにはいきません。プラリペアで修理することは可能だけどね・・・。一気に全バラする気力が失せました^_^;) とりあえずは、このまま箱に戻して眠ってもらいましょう^_^;)

もう、これはデッドストックとするのかな?
DSC_3455.jpg
それからガバメント。

上段は、マルシン(左)とマルイ(右)。
中段は、マルイのコマンダー(左)と、同じくマルイのガバメントにマルシンのパーツを組み込んだ自家製カスタム(右)。
下段は、中段のマルイにパーツを取られたマルシンの抜け殻。
マガジンポーチの中には、マルイ製のプラ製マガジンが2本入っていた。

これらは高校~大学の頃に作った物だ。久しぶりに実家で発掘した。
今となっては、マッコイやCAWのガバメントがあるんだけど、私にとって惹かれるガバメントというのは、やはり、マルシンとマルイ。

マルイという会社は、今でもあるし、電動ガンでは世界をリードする会社になってしまったけど、残念ながら弾の出ない鉄砲のおもちゃはもう作っていない。

一方のマルシンは今でもモデルガンのキットを作っている。そっか・・・ここにあるマルシンの残骸を復活させたいね・・・。週末、アメ横のマルゴー行って、お母さんの許可をもらって、マルシンガバのキット買って来ようかな?
2009年のお正月。久しぶりに実家に帰って、コレクションの整理を・・・と思って発掘に着手したのが運のつき-_-) 結局、「整理」するには程遠く、ザッと昔のコレクションを確認しただけになりました。要は・・・レストアが必要な物が意外に多いんですよ・・・。なんせ、これらを発掘するのはン十年ぶりですもんねぇ・・・。

もしかしたら、これらをレストアするのは、老後の楽しみかなぁ・・・^_^;)
P1000458ed.jpg
まずは、自室に箱入りで眠っていた物。よって比較的状態が良い。左上から時計回りに、

(左上) CMC社製S&W M29。
(右上) CMC社製レミントン・ニュー・アーミー。
 これら2丁は、高校の頃、CMC廃業直前のバーゲンで通販購入した物。当事はネットなんて無いから「Gun」誌の広告を見て、郵便小為替で送金。確か両方とも4,500円程度だったと思います。まぁ、今思えばお得な買い物だったのかもしれませんが、高校生にとっては、安くない買い物でした。憧れのCMC社製モデルガンでした。しかも当事はプラスチック製モデルガンの全盛期。以来、両方とも未発火ですが、結構がちゃがちゃ遊んだので、表面の金色はかなり剥げています。

(右下) マルシン社製ルガーP08。
 これは発売直後の第1ロットの物。買ったのは大学院生の頃ですね。これを手にしたときは、メカの正確さに感動したものです。

(左下) HWS社製ピースメーカー。
・・・・・・いつ買った物なのか・・・全く記憶が無いのです ^_^;)。要は、社会人になって、つまり1丁のモデルガンを買うのにそれほど気合を入れる必要がなくなった頃、何気なく衝動買いしてしまった物のようです。

P1000459ed.jpg
左から、マルシン社製シュマイザーMP40、マルシン社製ウージー、MGC社製ベレッタM12S。いずれもキットを組んだ物。マルシン社製キットは21世紀になってからも再発されてますね。嬉しい限り。MP40は素組みでも完璧にフルオート作動したのが感動でした。他方、ウージーは、相当に調整したのですが、1マガジンフルで撃てた記憶がありません。M12Sはパーツを接着したり、組み上げた後は完全分解が出来なくなったりと、MGCとしては珍しいプラモモデル感覚なキットでした。これも作動は完璧でしたね。
これらは部屋の隅に放置されていたので、相当ほこりをかぶっています^_^;)

P1000464ed.jpg
特にウージー。素手で触るのがためらわれるほどほこりだらけ。あっ、もう1丁、MGC社製のトミーガンもありました。これもウージー同様、これでもかっ!ってくらいほこりだらけ。もうこの時点で、コレクションを「整理」しよう!という意欲が失せてしまいました・・・-_-)

P1000471ed.jpg
ベッド脇にはこんな物が。組む途中で放り出したマルシン社製ワルサーPPKのステンレスモデルです。これはそのうち、ちゃんと組んでやりましょう。