FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。

最近ホント食えない。食いたいと思わない。でも結論として、やっぱ肉はそんなに食いたいと思わないみたい^_^;)
前回、アパートで肉を食ったのはこちら。今回、過去8ヶ月間にして2回目です。前回は、flank stakeでしたが、今回は skirt stake。
P1080792.jpg
この肉は、どの部位か?焼肉好きな人なら分かるでしょ? 特徴は、脂が比較的少なく、筋繊維が比較的荒い。そう、ハラミです。これを薄切りにしたら、モロに焼肉屋で出てくるハラミでしょ(ただし、日本の焼肉屋では、「ハラミ」と「サガリ」を区別していないところも結構あります)。

ハラミとは、横隔膜(diaphragma)の背骨側。一方前回のサガリは横隔膜のお腹側。同じ一枚の横隔膜なんだけどね。あ、横隔“膜”って、膜状の組織と思ってる人も多いと思いますが、実はヒトも含め点筋肉の板なんですよ。いずれにしても日本では、内臓肉に分類されるんで、肉屋でも焼肉屋でも比較的安いです。でも、私はこれらが大好き!脂が少ないからね。単に脂が少ない肉なら、食肉業界で言うところのモモ(musculi femoris)とかランプ(Musculus gluteus maximus)は脂がないんだけど、これらは焼くと硬くなるのですよ。対して横隔膜は少々焼いても硬くならない。だから私は、横隔膜が好き。

前回よりちょっと脂がありますが、まぁ許せる範囲かな。Kgあたり650バーツ(約1,792円)なんで、前回のものよりちょっと安い。これは約500gで326.25バーツ(約901円)。でも半額の163バーツ(約449円)に値下がりしてる。何でだ???日付を見たんですが、別に古いわけじゃない。まぁ、この国では日付の詐称くらい普通にやってるだろうから、あんまりアテにはならないけど。でも、そんなに古いとは思えない。私の見立てでは、超新鮮ではないけど、別に全く古くはない(←と思うんだけどどうだろう?)。

例によって半分だけ焼いてみます。
P1080797.jpg
オリーブオイルで炒めたにんにくを思いっきり振ってますが、こちらのにんにくは実に香りが弱い。日本で買う中国産にんにくより弱いのです。

結果・・・イマイチでした。やっぱり私にとっては、これでも脂が多すぎる。前回の flank stake なら、ステーキでいくらでも食える感じなんだけど、こいつは無理。それに何より切り方間違えた-_-;) だから、歯ざわりが悪い。噛んだ時にサクッと切れない。どうもこの部位は筋膜が厚いようです。この肉は筋繊維を切断する方向に切らなければいけませんな。実際、日本の焼肉屋では筋繊維の直角方向にスライスしてます。

やっぱり、こいつはフライパンでステーキとして焼くよりも、薄切りにして網で焼いた方が美味しいね。以上、あくまでも「私の」味覚ですよ。一般的な肉好きは、こんな脂の無いぱさぱさな肉、ステーキぢゃ食えねーよ!と思うのがフツーですよ!^_^;) 

んまぁ、とにかくひか!また日本帰ったら、また焼肉行こうなっ!