FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。

これは今日書いてます。
今夜(15日)、震度6+の地震が静岡を中心にしてあったでしょ。ちょうどNHKの国際放送を見てたんです。どうもそれほど大きな―少なくとも社会インフラを脅かすような―被害は無さそうですね。震度6+で、それほど大きな被害が無いというのは、日本ならではですよ。東南アジアで震度6+なんてあったら、ほとんどの国は大混乱でしょう。日本は、地震に対して世界一の技術を持っていて、それに基づいた国造りをしてるんです、それは間違いない。

しかし、今回の原発の事故は考えざるを得ない。私はどちらかというと、原発賛成派だったんです。長々期的には持続可能か?という議論はありますが、原子力は、とりあえず石油よりも持続可能なエネルギー源です。それに発電にあたってCo2をほとんど発生しない。地球温暖化防止のためには、原子力発電は、有効なエネルギー源だと思っていた。しかし、今回の事故を見ると、正直言って、考えが揺らいでしまう。

10mを超える津波は「想定外」だったのだと思う。それは仕方ないと思う。しかし、原発事故に関しては、時として「想定外」という言葉が許されないのではないか?。今回そう思った。今はまだ大惨事には至っていない。しかし今後、「大惨事」にならないという保障があるのか?

今の福島第一原子力発電所は、「冷却」に苦労している。十分な冷却ができなければ、炉心が崩壊する可能性が無いとは言えない。

チェルノブイリは原子炉稼働中の事故だった。対して、福島第一原子力発電所は、ちゃんと安全停止した後の事故だから、福島第一原子力発電所が最悪のシナリオをたどったとしても、チェルノブイリほどの「大惨事」になるとは思えない。スリーマイル島の事故は、炉心が完全に崩壊したけども、実は米国民に健康被害があるほどの放射線被害は出していない。

しかし、日本人は世界で最も放射線被爆に敏感な国民だ。幸か不幸か、放射線被爆の怖さを一番知っているのは日本人だと思う、私もそうだ。

原子力発電という技術に、もう一度日本国民が良く考える必要があると思う。私は今までどちらかと言うと原発賛成派だったけど、これを機会に軽々しく原発反対などと言う気は無い。今の日本から原発を否定したら、じゃ、どうやって電気を補うの?という根本的な疑問に原発反対派は答えていない。太陽光発電は理想的だけど、今の技術ではどんなにソーラーパネルががんばっても、既存の原発を補えるとは思えない。んじゃ、どうするんだ???

私も、もう一度お勉強しましょう。
あ、健康診断ね、年度内に1回だけにしてって、会社から言われたから、4月以降だわ。

私はバンコクに来て体の不調で病院に行ったのは1回だけです(この辺参照)。この時はめまいがひどかったのです。白状すると、歩きながらヤバいっ!て思った事が1度あった。

去年の5月くらいかなぁ、チットロムとサイアムの間のスカイウォークを歩いてたんです。そしたら!突然、スカイウィークが微妙に揺れた。スカイウォークって、BTS(都心の高架電車)の線路の下に通ってる高架歩道です。スカイウィークって、上を電車が通ったら揺れるんだっけ???とか思って立ち止った。確かに揺れている。いやしかし、今電車は走っていない。ここでイヤな予感がした。揺れてるのはオレの頭の中か?だんだん揺れがひどくなる。しまいには立ってるのがキツくなって、手すりにつかまる。ヤバい。歩けない。

手すりにつかまったまま、「お~、揺れる揺れる!」地面がこんだけ揺れたら大地震だよな、ってなくらい揺れる。歩けない。絶対に歩けない。手すりを離したら間違いなくコケる。ただし、強烈なめまい以外には、気持ち悪いとか、吐き気がするとかは一切ない。しかし・・・ここからアパートまでは歩いて10分もかからないんだけど、これではアパートにたどり着くのは到底無理だ。どうしよう・・・。そのまま10分くらいか、そのまま手すりを持ったまま。そしたら、少しおさまってきた。

そろ~っと歩きながら、スカイウォークを降りて、すぐ前のマクドナルドに入る。しばらくソファーに座って休んだ。この時食ったのは・・・ダブルビッグマックだったかな? で、しばらく座ってたら、かなり良くなった。それで、何とかアパートに帰ったってわけ。こんなのは生まれて初めてだった。

その後は、これほどひどいめまいは無かったけど、実生活で常にめまいがしている感じ。毎朝、起きるときにコケる。何かにつかまらないと起き上がれない。いい加減ヤバそう、と思って病院にいったのが、上のスカイウォークから1ヵ月後くらい。この時は、「血圧が高め」と言われた、「食事に注意して1ヶ月後に治って無かったら治療しましょう」とも言われた。

治療!?血圧で治療!? こりゃ、マジメになった方が良いのかな??? そう思って、とりあえず血圧計を買った。
セントラルデパートの薬局で。もう値段忘れちゃったけど、3,000バーツ位したかな?

血圧計買うってカッコ悪いよなぁ・・・オジさんみたいで・・・(イヤ、既に十分オジさんなんだけどさ-_-)、と思いつつも、しばらく計ってました。確かに高いのだ。治療が必要なレベルかどうかは良く分からないけど、ちょっとググってみらたかなり高い値だった。1ヵ月くらい毎日計ったかな。でもこの1ヶ月の間で、血圧は下がったんです、明確に。

そして、病院に行った1ヶ月後くらいに定期の健康診断に行ったんだよね。この頃には、めまいはかなり良くなっていたけど完治はしてなかった。血圧は若干高めだけど、心配する必要は無い、と言われた。

さらにその後、いつ頃だったか?めまいは完全に無くなった。この時点でもう、あまり気にしていなかったんだけど、血圧も完全に下がった。ある頃から、いくら計っても正常値しか出なくなった。で、面白くないから毎日計るのを止めた。

ここから先は、状況証拠でしかないんだけど・・・
今にして思えば、あの頃の高血圧とめまいは何か関係があったんじゃないだろうか?2つの症状が出ていた時期が一致する、という以外の証拠が無いんだけど、何かそんな気が強くする。高血圧はめまいの典型的な原因ではないか。なぜ、あの時それに気付かなかったんだろう。

特に何もしないのに血圧が下がるというのは本来あり得ない。でも下がった。という事は、高かったのが何らかの異常だったと考えざるを得ない。だからね、あの時はめまいで病院に行って、CTスキャンまで撮ったんだけど、本来は血圧が上がった原因を調べるべきではなかったか?と今では思っています。だって、めまいは明確な自覚症状があるけど、高血圧って自覚できないじゃん。だから、めまいの原因ばかり考えていた。しかし、後から思えば、めまいは結果で、高血圧が原因だったんじゃないかなぁ・・。

あれは一体何だったんだろう??? しかし、これをきっかけに何となく血圧には気をつけた方が良いのかもね。と思って、今でもごくたまに血圧を測るんだけど、依然として正常値を外れず。これって良い事なんだけど・・・・・。

P1000023.jpg
僅か1ヵ月でお役御免になった血圧計、テルモ社製。3,000バーツもしたのに