FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。

以下、この辺参照。

だけんさ!オレはそげぇ、甘いもん好きじゃねーんじゃ!
P1020223.jpg
また見つけちまったよ・・・セントラルデパートの日本食フェア。こりゃ、もう一目で、もうどー見ても大分県産品やろ。くじゅう高原、風香る夢ロールケーキ!!! だけんさ!なんで、こげなもんがバンコクに来ちょんのかい!!!

もういいよ、半分ヤケだよ、OBS大分弁放送のネタのために買うよ。150バーツ(約401円)。・・・あれ?期待したほど高くないね?って言うか、安くね???日本でこの手のお土産用お菓子って結構高いよね???

P1020179.jpg
ロールケーキを買ったのも、たぶん生まれて初めてだ。

でもさ、パッケージ左側、
P1020224.jpg
九州限定の品がバンコクで売ってるってどういうこと??? マンダリーヌって大分県民はみんな知ってるのか???

パッケージ右上、
P1020225.jpg
そういう橋ができたのはオレも知ってる。しかし、このロールケーキとどういう関係があるというのだ???謎だ。

中身。
P1020222.jpg
一言で言うと、ふわふわ。クリームは言うにおよばず、スポンジ部分もかなりふわふわ。口に入れると、ふんわりふわふわ~♪。これは美味いな。それほど甘くないから、オレでも食える。うん、美味いコーヒーが欲しくなる。

私が子供の頃、輸入品は高価で高品質、というイメージがあった。タイが今、正にそうだ。日本や韓国の製品は高い、でも高品質、そう思われている。日本はかなり韓国に追い上げられているけど、まだまだ日本ブランドは健在。日本ブランドは、電気製品やサブカルチャーでは、もう韓国ブランドに負けそうな勢いだけど、こと食品については、やっぱり日本なのではないか?

P1020226-1.jpg
大分でマンダリーヌちゃ、そげぇ有名なんかい???

この1週間で、大分県産品のためにエラい散財だなぁ・・・大分県庁から表彰して欲しいくらいだよ^_^;)
以下、この辺参照。

私ね、仕事帰りにセントラルデパートの食品売り場に行くことが多いんです。夜10時まで開いてるからありがたい。例によって日本食フェア。
IMG_2354.jpg
へぇ~、こういう物までタイに来てるんだね。「べにはるか」ねぇ、知らないけど。タイ人、焼き芋食うかなぁ・・・?

でね、このパネル良くみたら、
IMG_2353.jpg
日本語とタイ語の2ヶ国語。へぇ~、タイに売り込みしてんだね~、すごいね。で、よ~くみたら、『みなみん里』と書いてある。みなみん里?なんじゃそりゃ?で、タイ語の方を見たら、アルファベットで『みなみ里』と書いてある。???みなみ里、みなみん里・・・・・・。何かイヤな予感がする。大分弁における“ん”の用法については、私も上手く説明できないので、興味のある人はググって欲しい。『みなみ里』、『みなみん里』・・・・・・イヤな予感がするぞ・・・・。

IMG_2352.jpg
臼杵市野津町!? 大分じゃねーかっ!!! まぢかよ・・・・・・お茶に続いて、何で大分県産サツマイモがバンコクに来てんだよ・・・???

いや、オレ、自慢じゃねーけど、焼き芋含めてサツマイモ食いたいと思った事は、生まれてこの方無いよ・・・。しかし、大分県産品かぁ、買うのかぁ・・・一応、お姉さんに値段を聞く。
 私 「これ、いくら?」
 姉 「これは、1Kgあたり850バーツです。とても甘くて美味しいですよ」
え?850バーツ?(約2,272円)。前も書いたが、スーパーで850バーツというのは非常に高価だ。もっとも、サツマイモなんか買ったこと無いから、1Kgのサツマイモって量的に想像できないんだけど。

まぁ、2本もらうかぁ。
P1020135.jpg
2本で375.75バーツ(約1,005円)。いや、オレ、サツマイモを自分で買ったのは生まれた初めてやと思う。でもさ、このサツマイモ2本で1,000円ちゃ、超高いやろ???

よう分からんけど、とりあえず蒸すか。
P1020144.jpg
ちなみにこの鍋、カニを蒸すために長崎時代に購入した物。もちろんバンコクでも何度もカニを蒸した。しかし、この鍋でイモを蒸す日が来ようとは夢想だにしなかった。

ハイ、蒸し上がり。
P1020145.jpg
蒸し上がったイモを、蒸し器から出すのに箸でつまんだ時に分かったのだ。このイモ、やたらと柔らかい。

断面。
P1020146.jpg
包丁で切る際も感じた。非常に柔らかい。ちょっと力を入れて指で押したら、ぐしゃっと潰れるぞ。

一口かじる。
P1020148.jpg
・・・思わず笑いが出る、と言うか頭が混乱する。超甘!!!

これね、私が知っているサツマイモとは全く別物。イモでしょイモ???何なんだこの甘さは???これを角切りにして出されたら、そういう和菓子だと信じて疑わないと思う。潰してペースト状にされたら、相当な量の砂糖を使っていると信じるに違いない。それくらい甘い。ただ、オレはあんまり甘い物好きでもねーしなぁ。まぁ、これ食ったら、焼き芋の好きな女性が多い事も理解できるかなぁ。ドリアンの甘さには負ける、しかし、自然界にこれほど甘い物がある事にやっぱり驚く。

これね、私は生のイモを買ったんですが、実は蒸した物も売られてたんです。で、蒸した方は売り切れてた、この値段で。・・・タイ人も焼き芋好きなんですよ・・・。

売り場のパネル。
IMG_2351.jpg
このオバさん、だれ? 大分ん、有名人かい???
以下、この辺参照。

オレな、あんまりお茶は飲まんのじゃ。お茶ちゃ、いわゆる日本茶な、緑茶。オレは、常にコーヒー好きやし、たまにアールグレイ飲みとうなるし、今はバンコクにおって暑ちぃことが多いけん、冷てえぇ水が一番美味いんじゃ。

・・・・意識して大分弁で書くのキツいわ。以下、自然に書く。

あのね、前回、大分県産シイタケを買った時、隣にお茶があったのは覚えてるのよ。でも、まぁ、オレはあんまりお茶はのまんけん、気にもせんかった。で、次にセントラル行ってまた見た時に、何とな~く手に取ったんよね。もちろん大分県産とは思ってない。だって、大分って、お茶はあんまり有名じゃないでしょ?日本でお茶と言えば先ずは静岡、九州なら宮崎とか長崎でしょう?。でも一応、手にとってパッケージを裏返してみたわけ。そしたら何と!!!
P1020123.jpg
大分市末広町!? 大分県産品じゃん! まぢかよっ!?思わず笑ろてしもた。これ、ホントに大分県産なの???お茶が?大分県産のお茶がわざわざバンコクのセントラルデパートの日本食フェアに来てんの???しかし、しっかり、大分市末広町2丁目5-12って書いてるよなぁ・・・。

表。
P1020122.jpg

P1020122_20110318230638.jpg
創業明治40年って書いてるぞ。すげー老舗じゃん!

(有)姫の園って有名なのか?オレ、大分で育ったけど、「姫の園」って知らんわ。まぁ、お茶屋の名前とかねぇ、意識した事無いもんなぁ。「姫の園」って大分県民はみんな知ってんのか???

末広町2丁目ち言うたら、大分駅から産業通りをちょっと左の方やろ?ずーっと行ったら、左手にホームワイドがある(今でもあるんかどうかは知らん)、その手前くらいやねえ?まぁ、車ではよう通るけどあんまり歩くことはねーわな。いや、まぁ、そこにお茶屋があるんかもしれん。でもな、なんで、そこんお茶屋のお茶がバンコクに来ちょんのかい???謎やなぁ・・・。

まぁ、普通なら日本茶なんか買わんのやけど、まぁ、大分県産品なら買うか・・・と思うて、店のお姉さんに、
 私 『これ、いくら?』
 姉 『600(約1,621円)バーツです』
バンコクに住んでいると、スーパーで600バーツと言うのは強烈に高価である。
 私 『600バーツ???』
 姉 『はい♪、そうです(笑顔)』
本気かよ・・・まぁ、でもお茶って良いやつは日本でも高いよね、確かに。

まぁ、大分県人としては買わんわけにはいかんやろ・・・。

 私 『1つもらうわ』
 姉 『ありがとうございま~す♪(超笑顔)』

・・・・・・何か、オレ、騙されてね?

66gで1,600円って・・・どうなん?オレ、日本でお茶とか買ったことねーけん、よう分からん。けど、高けーよな?コレ。

正直、そんなに美味いとは思えないのだ・・・。もっとも、都心のビジネスホテルにあるティーバッグのお茶よりはるかに美味いけどね。高価なお茶というと、私は玉露の独特な風味と強い旨味(甘みと言っても良い)を期待していまう。しかし、コイツは、それとは正反対の味だ。軽いのだ。何か・・・アレだな、お茶漬け食いたくなる味だ。そうだっ!これでさ、ブラックタイガーの佃煮茶漬けしたら、さぞかし美味かろう!

うんうん、そう思うと良いぞ!日本米を買ってきて、新鮮なブラックタイガーでまた佃煮作ろう!と思わせる味だ。よしっ!次の週末、早起きして市場でブラックタイガー買うぞっ!

ちなみにな、1,621円ち言うたらな、タイの大学の学食で、昼飯20食分で・・・。