FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2011/031234567891011121314151617181920212223242526272829302011/05

ある日曜日の昼。家のすぐ近くで寿司屋を見つけた。徒歩5分だ。こんな所に寿司屋があったなんて、1年半も住んでて知らなかったよ。

一番安い『梅』を注文したのだ。8貫か・・・ちょっと少ないかもしれないね。ゲソ、アジ、ボタンエビを追加で注文しましょうか。

すると・・・先ず、頼んでもいないのにこんなモノが出てきた。
IMG_2447.jpg
マジかよ・・・こんなモノが付き出しで出てくるならちゃんと言ってよ!間違ってコーラ頼んじまったよ・・・。こりゃ、どう考えてもビールだろ・・・。ただまぁ、オレは酒相当好きだけど、昼間から飲む習慣は無いんだよなぁ。
ちなみにこの、中骨の素揚げとエビのから揚げ、メチャ美味!これは・・・かなりレベル高いね。寿司も期待が持てるぞ。

次いで注文したゲソとアジが出てくる。
IMG_2448.jpg
ほぉ、それらしい物が来るね。

これは全く私の好みなのだけれど、紫蘇の葉は頂けない。マズくはない。むしろ風味がある。しかし、寿司にしろ天ぷらにしろ、イカに紫蘇を巻いてくるのは個人的にNG。紫蘇というのは風味が強い。寿司とか天ぷらという物は、素材の風味を楽しむ物ではないか。だから私は寿司や天ぷらに紫蘇の葉を使うのがあまり好きではない。ついでに言うと、ゲソの上の魚卵も全く余計。ただ、ネタ自体は美味いのだ。十分旨い。

次に来たのがボタンエビ。
IMG_2449.jpg
なぜかこいつは1貫だけで来る。

へぇ~と思ったのは、しっかり身を残しながら、尻尾だけ外してる。ボタンエビ自体はかなり旨いと思う。この濃厚な旨味はボタンエビならでは。何か嬉しくなる。ツメは個人的にはちょっと甘過ぎだけど、これは好みの問題だろう。

『梅』がきた。
IMG_2452.jpg
目を疑ったのは赤身魚のネタの大きさだ。

これ・・・アリかね?
IMG_2453.jpg
ほんの申し訳程度のご飯に、巨大で分厚いネタ。・・・ご飯の少ない寿司は、オレも大歓迎だ。しかし、限度ってもんがあるだろ・・・。このサイズの刺身を一口にするという機会がそもそも無いぞ? オレは食えるけどさ、女性はコレを一口にするのは、かなり勇気がいるのではないか?それくらいデカい。

繰り返すが、ネタは全然悪くない。むしろ美味い。

しかし、口に入れた瞬間に、?。コレハナンダ? 寿司ではないな、と気付くのだ。写真では、伝わらないのだけど、見かけに反してこれは寿司ではないのだ。何故か? それは酢飯ができていないから。酸味が全くと言っていいほど無い。???と思って、ネタを外してご飯だけ食べてみたら・・・ごくごく僅かな酸味と、それをほんの僅かに上回る甘み。ただ炊いた飯ではなく、何らかの味付けはあるらしい。しかし、いずれも非常に弱い。「生の魚介類とご飯」と思えば、悪くない。イヤ、美味い。しかし、寿司を期待するとかなりがっかりだ。

全部食ったら、また頼んでも無いのにこんなモノが出てきた。
IMG_2457.jpg
何だコレ?あ、ボタンエビの尻尾と頭か。

これがまた美味いのである。う~ん、美味い。このサイズのエビの頭は、これまで塩焼きだったのだけど、から揚げも十分アリだな。今度やってみよう。収穫。

お会計をお願いしたら、まだ出てきた。
IMG_2458.jpg
リンゴ。切った後に、薄い食塩水に漬けていたらしい。ごくごく僅かな塩味。

非常に芸が細かい。これは全く私の想像なんだけど、おそらくここの職人は、ちゃんとしたまっとうな寿司も握れるのではないか?少なくとも相当気合を入れて日本料理屋で修行を積んだ職人ではないか?もしそうなら、こんな家の近くのこの店が、妙な寿司を出す事が残念でならない、日本人的には。

しかしこの店、タイ人の間で大流行なのだ。夜は予約必須らしい。タイ人も生魚は嫌いじゃないんだね。まぁ、味なんて、その人それぞれ。スタイルだけでも日本文化が海外でウケるというのは、喜ばしい事ではないか?

上記、しめて1,700バーツ(約4,612円)。久しぶりに超豪華な昼食だったね。