FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2013/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312013/04

やっぱね、私、カニ好きなんですよ。
DSC_2525.jpg
今日、家の近くのスーパーで買ったのはこれ。

実に1尾680円である。だから、小さいんです。しかし、いかに小さいとはいえ、かつ冷凍とはいえ、ケガニが1尾680円というのはスゴくないか? まぁ・・・身入りは良くなかろう。それでもケガニが、都心のスーパーで1尾680円というのはスゴくないか?

安くてもケガニだ。
DSC_2529.jpg
持てる技術を全て駆使して、身をむく。これくらいキレイに食べられたら、ケガニも本望であろう、と思われることを目指しております。

で、これは私のスタイルなんですが、
DSC_2527.jpg
むいた身は、ミソと共に殻に入れます。

そして、ちょびちょび食べながら、酒を飲む。味は、ミソも含めて正にケガニの味。当たり前だけど、強烈に旨いミソも含めて、ケガニの味に変わりない。ただし、身入りは、予想以上に悪かった。5割とは言わないが、ネット上でこれを身入り8割と言って売ったら、クレームが来るだろう。

過去にも書いたけど、カニは身入りの良い物ほど、むくのが楽です。ただ、身入りが良くても悪くても、味そのものは、正直良く分からない。今回の物は、かなり身入りが悪いけど、680円なら全然文句はないよ。

都心のスーパーで、安い丸のカニを見つけたら、「あ、これは身入りが悪いんだね」ということです。でも、それを分かって買う分には、十分お買い得と思いますよ。日本の流通業界はスゴいね。

で、今回、初めて分かったんだが・・・家人はどうやらカニをむくのが苦手らしい。まぁ、良いでしょう。私ほど、カニをむく技術に長けたカニマニアもそうそういないと思うんで、家でカニをむくのは、私の仕事としましょう。

むいたケガニは、家人も「お~いし~~~!」と言って食べてくれた。そうだ、ケガニは美味しいのだ。次は、「浜茹での硬ガニ買ってみるか?」と言っても、家人の理解が得られるかもしれない。
こちらの続きと思って欲しい。

やっぱね、私、カニ好きなんですよ。
DSC_2494.jpg
今日、家の近くのスーパーで買ったのはこれ。

DSC_2495.jpg
1Kg。LLサイズで12肩入っていた。990円
スーパーで発泡トレイに乗って、「切りワタリガニ」として売られている物の元です。まぁ、一番安く、かつお手軽にどこのスーパーでも買えるカニでしょう。

DSC_2498.jpg
種としてはタイワンガザミになります。タイワンガザミは、1匹で1Kg程度の大きな物は茹でや蒸しで食べれば超旨いのですが、今回の物は、殻を外して二つに切られた状態なので、このまま茹でで食べても旨くはなかろう。

DSC_2499.jpg
何より、LLサイズとはいえ、1Kgで12肩だから、こんな小さな物をちまちま食うのは大変。しかし、カニであることには変わりない。しかも一番身近で、一番安く買えるカニだ。どうやって食うべきだろうか???

長年の研究の末の結論がこれだ。

途中の写真全省略ですが、先ずは、このカニをフードプロセッサーにかけるんです。少し水を入れます。するとペースト状になるんで、それをザルで漉します。するとこうなる。
DSC_2504.jpg
完全にペースト状。

後は、さらに適当に水を足して、火にかけ、味噌を入れると、
DSC_2507.jpg
カニ汁。具がいっぱい入っているように見えますが、これは全部(元)カニの身。カニは一旦、ペースト状にしてザルで漉しているのですが、熱をかけると、タンパクが変性して凝集するというわけ。結果、カニで作ったそぼろのような物が出現します。風味はモロにカニ。何しろカニと味噌しか入ってないからね。ちょっと面倒なんだけど、安いカニで旨いカニ汁作るには、この方法が良いかも。

ところで今回のこのカニ、一番上の写真を見て分かる通り、中国産です。中国でこういった切りワタリガニを料理に使いますか?あんまり見たことがない気がします。これって、中国産の日本輸出向け商品なんだろうか?