FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2014/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312014/06

昨夜、テントの中で息子は非常に寝付きが悪かったのだ。最初のうちは、どうもテントの内部にいるということ自体に落ち着かない感じ。要するに環境が違うから違和感があるんだろう。ヤツは、見かけによらず、意外と繊細な神経を持っているらしい。結果、2時間おきくらいに起きて大泣き。結局、こっちも睡眠不足。

ホントに最悪の状況だった。週末は自然の中で過ごして、平日の疲れを癒して・・・などと思っていたんだが、平日の疲れを土日で倍増してしまった・・・。実際にキャンプに出てみて良く分かったよ。我が家では、キャンプに出るのは、体力的にも精神的にも疲れるだけ。炭火の周りでくつろぐなんて夢のまた夢

ならば、考え方を変えようではないか!我が家にとって、キャンプとはレジャーではなく、心身修練もしくは、精神修養の場と思えば良いのだ! キャンプとは修行なのだ!!!

#さて、次はどこ行こうかね?^_^;)
ぼくの今日の朝ごはんは、
DSC_5311.jpg

じゃ~ん!
DSC_5310.jpg
『温め直した昨夜の残りのカレーに炭火で焼きたてのポークビッツを添えて』

・・・お前、ポークビッツがあったら、それしか食わねーな・・・。まぁ、お菓子しか食べないよりは良いか。お前、そんだけポークビッツばっかり食ってたらさ、たぶんポークビッツの開発者も喜んでると思うよ-_-;)
朝、起きてびっくり!したのだ。
朝起きて、テントから出ようとした時の事。顔が前室のフライシート(テントのカバー)に触ったら、思いっきり水が。えっ?どゆこと??? 良い天気だし、雨なんて降ってないよね?
なのにフライシートの内側はこんな感じ。
DSC_5309.jpg
思いっきり水滴が付いてます。???この水、何なの??? これが結露による水滴と気付くのにしばらくかかった。そっかぁ、今の時期でもこんなに結露するんだ。テント本体の内側に、全く水滴が付いてないってことは、テント本体の素材は通気性があるのかね?

ちなみにフライシートの外側はこんな感じ。
DSC_5307.jpg
これは結露というか、まぁ夜露ですね。直径1mmとか2mmくらいの超小っちゃい水滴がころころ。新品のテントだからね。フライシートの防水性は高そうです。

フライシートの外側は、タオルでザッと拭いたらほとんど水滴は取れました。手の届かない所は、とんとん叩くと水滴が落ちる感じ。その後、撤収前に、フライシートをテントの上に裏返しにして、フライシート内側の水滴をタオルで拭きます。そして、天日で30分くらい。ほぼ完全に乾きました。

今日は、天気がまぁ良いからいいんだけど、日が出てない時とか、雨の日にテント撤収とかの場合は、どうするんだろう?濡れたままテント畳むしかないのかな?

遠くにはこんなテントが。
DSC_5322_20140519131139108.jpg
中心部は異常に背が高いけど、実用性はどうなんだろう?何か見た目が楽しそうではあるね・・・。