FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2019/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/06

1か月ぶりにこちらの続きですね。
私にとっては大変悩ましい写真(後述)。
K122ed.jpg ←クリックで拡大
分かる人には、分かる風景と思います。同時におおっ!とちょっとビックリする人もいるかもしれません。写真の形態からしておそらく明治20年代と思います。
長崎県、島原半島の小浜温泉、画面の左にギリギリ豊後湯(今の郵便局辺り)が写っていないくらいと思います。他の写真と比較して、海沿いの建物(旅館)の詳しい検証をしてみたいんだけど、この写真はちょっと画質が悪いですね(これも後述)。

この写真で何より目に付くのは船ですよ! 拡大してみましょう。
K122.jpg
これが、明治中期の茂木-小浜間の蒸気船なんですよ。私が知る限り、明治期としては唯一の写真です。
 #マニアな人には、背後の山が森ではなく、畑もしくは草原らしいというのも要注目ポイント
意外と小さいんですよ・・・これ、何人乗りだろう?それに。茂木と違って小浜には当時桟橋が無いんです。どうやって接岸してたんだろう・・・?と思ってたんですが、おそらく当時の蒸気船は、接岸せずに、このように沖で手漕ぎ船に乗り換えていたんだと思います。当時の西洋人、こんな不便なことしてたんですよ。真っ白のスーツや純白のドレスにとって、これはさぞ不便だったことでしょう。

この船は、近年、夏に期間限定で運行している(今年もあるんだろうか?)、茂木と小浜を結ぶ「雲仙シーライナー」のご先祖様です。でね、「雲仙シーライナー」の広告には、「幻の航路」というフレーズが使われていましたが、この明治期の茂木と小浜を結ぶ蒸気船って、いつ頃から運行されているか? どなたかご存知でしょうか? たぶん誰も知らないでしょ??? そういう意味では確かに「幻の航路」です ^_^;) 簡単に調べてみましょう。

こういう時、どうやって調べるか? 当然ですが、当時の文献を調べる必要があります。幸い、小浜や雲仙は明治からの観光地。そうです!当時の旅行ガイドブックが残っているのですよ!これは大変便利。

●「網場で、3人の船員が付く船をチャーターして料金は1円60銭、風が良ければおよそ3時間」 (1884(明治17)年のガイドブックより)
明治17年の時点では、“風が良ければ”とある通り、この船はおそらく手漕ぎ船でしょう(帆は有ったかもしれんが)。蒸気船らしき記述は無いので、この当時、まだ蒸気船は無かったものと思われます。しかも長崎側が茂木ではなく網場。

●「夏の間は、茂木から小浜に毎日、小型の蒸気船が運航している。しかし、信頼性は高くない。がっかりしないためにも、長崎バンドのMessrs. Powers' storeに問い合わせることをお勧めする」、「もし、蒸気船が運航していなければ、旅客用平底船(passenger junk)と、通常の屋根無し船(ordinary open boats)は、いつでも利用可能」 (1893(明治26)年のガイドブックより)
明治26年の時点では、既に蒸気船が運航されていましたが、信頼性が高くない、つまり欠航が多かったのでしょう。そのため、事前に長崎のMessrs. Powers' storeに問い合わせるのが吉、とあります。Messrs.というのは、Messieursの省略形、日本語で言うところのムッシュ、ですよ。だから、Messrs. Powers' storeというのは、「パワーさんの店」もしくは「パワー商会」てな感じだと思います。茂木-小浜間の蒸気船の運行状況を何で長崎のパワーさんの店に聞かにゃならんのか? これだけでは意味不明ですが、この辺は情報が残っていると思いますから、その気になれば調べは付くでしょう。誰かやりませんか? ^_^;) 
なお、「長崎バンド」のバンドは、bundで、一般的には「海岸沿いの道」的な意味です。ただし、長崎バンドと言うと、長崎の海岸線の道から転じて、この場合は、大浦の外国人居留地を指します。当時、明治の中頃、大浦の外国人居留地には、多くの外国人(西洋人)が住むと同時に、多くの商社や西洋人向けの商店などがありました。パワーさんの店もそういった商社もしくは商店のうちの1つなんでしょう。ってことは、もしかしたら、最初期の茂木-小浜の蒸気船って、外資だったのか!? なんて可能性が無いとも言えません。この辺は情報が残っていると思いますから、その気になれば調べは付くでしょう。誰かやりませんか? ^_^;)

●「茂木から小浜まで毎日蒸気船が出ている、3時間」 (1899(明治32)年のガイドブックより)
明治32年には、特段の注記も無く、淡々とした記述になります。つまり、この頃には、特段の問題なく、普通に蒸気船が運航されていたということでしょう。

僅かこれだけの記述から、確定的な事は言えませんが、
茂木-小浜間の蒸気船の運行が始まったのは明治20年前後、20年代前半は欠航が多く、安定的に運行されるようになったのは30年前後か?
とは言えるのではないでしょうか。ということは、上の写真は、茂木-小浜間の蒸気船のかなり初期の姿である可能性が高そうです。さて、ここから先、誰か調べてみませんか?

あ、上で2か所に書いた「後述」を後述できなかった。これについてはまたいつか。

※上記ガイドブックとは、「A Handbook for Travellers in Japan」 の第2版、第3版、第5版です。オリジナルは、Kelly and Walsh社、およびMurray社ですが、著作権はとっくに切れているので、今では紙が欲しければForgotten Books版も買えます。PDFを無料公開しているサイトも結構あります。興味のある人はググって下さい。
元祖長浜歴は30年以上ですが、初めて中洲川端の元祖長浜に行きました。
IMG_1927.jpg
味は・・・もしかしたら元祖長浜とは、旨味調味料が違う?とも思ったけど、確信が持てない。そもそも元祖長浜は日によって、もしくは同じ日でも時間帯によってスープのバラつきが大きいですからね(それでこそ元祖長浜です)。ただ、今日は、そういったバラつきではない、旨味調味料の差かも?というのを感じました。大変微妙なんで、これについては、私の味覚だと、10日間連続で元祖長浜に通って、11日目に元祖長浜に戻ったら、確信できるかも?っていうレベルですね。
久しぶりに4歳児との会話、
 4 「今日ね、パパが会社に行った後、カマキリに似た名前の虫がおった
 私 「カマキリに似た名前? カミキリか?」
 4 「うん
 私 「カミキリもこの辺にいると思うよ。何色だった?」
 4 「えっとねぇ・・・黒に黄色いてんてん
 私 「黄色?キボシカミキリか?」 (と、画像検索して4歳児に見せる)
 4 「うん、これ
へぇ~そうなんだ、まぁ、居てもおかしくないね。カミキリもカッコ良いよなぁ・・・。

その頃、1年生の学習机の引き出しを開けると・・・
IMG_1930.jpg
仮面ライダーのライドウォッチ収蔵庫と化していました -_-;)
2年ぶりか・・・こちらの続きです。
DSC_8248.jpg
吉野ケ里歴史公園です。

DSC_8249_201905252311278c5.jpg
物見やぐらから環濠の外を見る。見張る兵士は、敵が来てないか・・・と目を凝らしていたことでしょう。

DSC_8250.jpg
物見やぐらから環濠の内を見る。見張る兵士は、今日の晩御飯何だろう?とか思ってたかな?

DSC_8264.jpg
さて、吉野ケ里における疑問その1。
竪穴式住居って、ホントにこんなに入り口が低かったんだろうか? 1年生がギリギリそのまま入れる高さ。大人は腰を直角に曲げないと入れません。これって、もの凄く不便なんだけど? 入口を高くすると、茅葺の構造上、何か不都合が生じるのかなぁ・・・?

DSC_8266.jpg
吉野ケ里における疑問その2。
水田。吉野ケ里から水田跡は見つかっていないそうで、他の遺跡で見つかった水田跡からの推測復元らしいのですが、説明看板にもある通り、1枚が10~20m2。狭過ぎだろ・・・弥生人は、なぜ水田をこれほど小さく区切ったのだろう???

DSC_8252_20190525233413b85.jpg
1年生、走る!
この場所では、2,000年前にも6歳の子供が走り回ってたんだろうね。
IMG_1903_20190525220252b1f.jpg
長崎とありますが、福岡市南区の店です。

IMG_1917_20190525220254a04.jpg
4歳児撮影、『メニューとぼくのお皿』。

IMG_1915.jpg
4歳児撮影、『窓際の席から外を見る』。
お前、意外と写真のセンスあるかもね・・・。

さて、私は・・・
IMG_1919_20190525220251380.jpg
ちゃんぽん!
大変マジメに作られたちゃんぽんなんだけど、個人的には大変微妙だなぁ・・・。
何で気が付いたんだっけなぁ・・・今思い返すとよく覚えてないのだけど、KSCのキングコブラが1か月前に再生産されてたんですよね。このモデルガン冬の時代に、メーカー自身が「まさかの再生産」と言うくらい ^_^;)、確かに「まさか」ですよ(この辺参照)。

私はオリジナル生産時の物をいくつか持っています。いずれも昔、ヤフオクで落とした物。KSCのキングコブラって発売はいつだろう? 良く分かりません。良く分からないのは、私がモデルガン趣味を離れていた時代だったから。
DSC_8185.jpg
これは4インチ。

DSC_8186.jpg
実物は見たこと無いのですが、おそらくプロポーションは、相当正確なんでしょうね。

この個体は、発火済かつ、訳アリだったので、大変安く買えました。というか、この手の中途半端なモデルガンの訳アリ品ってあまり入札する人もいないしね。正直、この個体、ヤフオクで落としてから、何年(10年以上?)もほったらかしでした。今回、メーカーの再生産を機会に、ちゃんと見てやりましょう。

さて、どの辺が訳アリかというと・・・
DSC_8187_20190512093236459.jpg
この写真で分かりますかね?エッジが、かなりダレてるんです。しかもスクリューの頭もハゲてるから、どうも前オーナーは分解もせずに、表面にサンドペーパーをかけたようです。

更に、サンドペーパーをかけた上でですね・・・
DSC_8165.jpg
どうもスプレー塗装してるんです。オレンジのレッドランプが、黒く潰れています。
これはつまり、ブルーイングしようと思ったけど、失敗したからスプレー塗装をした、というパターンですね。よって、表面がかなり汚い&情けないことになってます。

更に発火済みなので・・・
DSC_8160.jpg
ありゃ? カートが1発足りないや。

DSC_8188ed.jpg
カートにはかなりサビが出てますね・・・

カートをバラすと・・・
DSC_8191ed.jpg
何と!!! 撃ちガラキャップがそのままじゃん! ^_^;)

しかし、フォーシングコーン部は・・
DSC_8194ed.jpg
意外にも全くサビが出ていません。
という事は、火薬を詰めて撃ったのは、おそらくこの1回だけなんでしょうね。1回撃ってみたけど、「ぱん!」という何とも小さな音がしただけ。おそらく前オーナは、私よりはるかに若い世代の、エアガンとかガスガンに慣れたモデルガン初心者で、「つまらん・・・超絶つまらん・・・モデルガンとは、こういう物なのか・・・」と、絶句したんですよ ^_^;) で、その後、放置されたと。

さて、この個体、表面は情けない事になってますが、サビはほとんど無いし、アクションは完動。どうしよっか?表面を仕上げ直してやるかなぁ・・・? 手間を考えると、ちょっと迷いますね。リボルバーって、オートと違って曲面が多いからね。でも、いずれにしても完全分解クリーニング&注油はしてやりましょう。完全分解した上で、表面をレストアするか否か、考えよう!

それはそうと、再生産されたKSCのキングコブラ、価格は上がってないようですから、これはもう絶対の買いですよ! 今や消えつつある日本のモデルガン文化における、リボルバーの最高峰がマルシン工業のS&W M586/686と、このKSCのキングコブラだと思ってます。私はもう何丁か持ってるから買わない(買えない)けど、こういう素晴らしい製品は、できるだけ多くの人に知ってもらいたいと思いますね・・・どの辺が「素晴らしい」かは、またいつか。
北九州市の「大衆酒場ホームラン食堂」。
IMG_1887_2019052220250594d.jpg
時間を問わず、生中が199円というのは驚異。

IMG_1888.jpg
・・・異様に安くないか? 一番高いメニューが299円だぞ???

しかしですね・・・
IMG_1889_20190522202507a20.jpg
1本数十円の串もこの通り。

IMG_1891.jpg
238円の豚キムチも・・・

IMG_1892_20190522202510ac4.jpg
178円の鳥唐揚げも・・・量は多くないですが、まぁ、普通に美味い。

かなり頑張って飲んだが、1人2,000円。・・・恐るべし!ホームラン食堂!!!

DSC_8238.jpg
都会の空に濃い虹。かなり濃い。外周にもう1本見えるし。

IMG_1883 (3)
しかも半周。

都会の空にこの風景。圧巻です。これって、スゴくない?

明日、宇宙人が地球に攻めてきたりしない? 明日、世界が滅亡したりしない???
こちらの続きですから、半年ぶりの北九州市いのちのたび博物館。
IMG_1862_201905191715395ed.jpg
この角度が一番わくわくしますね。

IMG_1866.jpg
 私 「これ何?」
 4歳児 「アロ」
そうです!4歳児、いのちのたび博物館のアロサウルスを覚えましたね。

IMG_1864_20190519171540016.jpg
 私 「じゃ、これは?」
 4 「・・・・・・。」
4歳児、アロサウルスの場所は覚えました。また、手の指が2本だったらティラノサウルス、と覚えています。4歳児、『これは・・・ティラノくらいでっかいけど、指が3本だ・・・なんだっけ?』 と思ったに違いありません。4歳児よ、これがギガノトサウルスだよ! いのちのたび博物館では、ティラノサウルス(スタン)の隣にいるのがギガノトだよ。ギガノトは、ティラノと同じくらいデカいけど、指が3本。次に来るまでに覚えとけよ。

IMG_1865.jpg
#撮影にフラッシュ焚いちゃダメなんだよね?
 左の逆光で暗く写っているのがギガノト
 右奥がティラノ
ギガノトって、全体の大きさはティラノと同じくらいなんだけど、頭の骨がティラノに比べると「華奢」ですよね。ギガノトの後頭部は化石が発見されておらず、想像で復元されているようで、学術的には異論もあるみたいですが、それを差し引いても、特に下顎なんてティラノより全然「華奢」。歯の大きさもティラノよりかなり小さい。これだけ顎と歯の形態が異なるという事は、食べていた物もかなり違うはずです。

ちなみに、ティラノサウルスは北米に、ギガノトサウルスは南米に住んでいました。また、ティラノが生きていたのは、ギガノトの3,000万年後くらいです。恐竜を勉強する際は、「年代」を気にして欲しいんですよね。ギガノトとティラノは、3,000万年くらい離れています。ティラノとアロは、8,000万年くらい離れています。今から3,000万年前とか、8,000万年前って・・・アレ??? 4歳児がそういう事に気付くのはいつだろう?

ところで、
IMG_1868.jpg
 4 「シーラカンス!」
あれ? お前、シーラカンスなんて、どこで覚えたの???
IMG_1837.jpg
今日は、改装が終わった門司港駅に来ましたよ。

IMG_1839ed.jpg
駅舎の向かって右側にカフェがあるんだが、建物の雰囲気にうまく溶け込んでいます。

でもよく見たら・・・
IMG_1839_20190519170914084.jpg
このカフェ、スタバじゃん!

で、振り返ると、駅の正面に・・・
IMG_1838_201905191709131cd.jpg
モノトーンのファミマ!
これ、入り口を覗くまで、ファミマと気付きませんでした。門司港駅の周辺は、少なくとも建物の色使いは景観配慮してるってことですね。国立公園の中では、それなりの景観規制があるんですが、門司港駅周辺の景観が民間の話し合いで決められてるとしたら、なかなか素晴らしい話ですね。ちなみにファミマ、中身は至って普通でした ^_^;) ファミマなんてお金持ちだろうから、いっそのこと、店内も明治なり大正なりのレトロにして、店員も当時のコスプレとかにしたら、今の時代、ネットを通じてスゴく流行ると思うんだけど? コスプレ好きのアルバイトとかも集まりそうだし?

IMG_1844.jpg
地味ですが、北九州市の水道100周年記念碑。

1年生と4歳児の興味を惹いたのが、この跳ね上げ橋。
IMG_1846.jpg
ピタゴラスイッチの橋がある!
ちなみにこの船、別に橋が上がらなくても通れるんじゃね? と思ったんですが、橋が上がった時に船が通るのもパフォーマンスの一環でしょうか?

IMG_1849.jpg
おぉ~スゴいね。

個人的に大変興味を惹かれたのが、コレ↓
IMG_1853.jpg
ホーム・リンガー?
ホーム・リンガーとは、つまり、長崎市のグラバー園の中にあるリンガー邸のリンガーさん、長崎ちゃんぽんリンガーハットのリンガーさんですよ。でも、リンガー商会って、第2次大戦前に無くなってるから、これって、観光客向けのディスプレイだよね? その昔、ここに長崎のリンガー商会の支店があったのでしょう。

IMG_1854.jpg
観光客向けのディスプレイにしては凝ってるね・・・・・・と思いきや! ネットで調べたところ、ホーム・リンガー商会って、第2次大戦後のリンガーさんがいなくなった後に、元日本人従業員が同じ屋号で会社を設立してるんですね! つまりこの建物は、戦後に日本人が設立したホームリンガ商会の事務所建物なんです! ロイズの代理店もやってるみたいですね。知りませんでした・・・。

さて、お昼ご飯は・・・
IMG_1857.jpg
やっぱ、門司港と言えば焼きカレーですよ。
初めて、焼きカレーを食べましたが・・・根源的な疑問が。焼きカレーって、何のために焼くの? せいぜい、上に乗せたチーズを溶かすため?くらいしか思い付かない。う~ん、ごめんね、カレーは焼かなくて良いや ^_^;)