FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2019/051234567891011121314151617181920212223242526272829302019/07

強いて言えば、こちらの続きです。
ちょっと、手持ちのビンテージ・リーバイス517を整理しておきましょう。個人的な備忘録です。
DSC_8318.jpg
リーバイスの517。

DSC_8320.jpg
small e です。

内タグを見ると・・・
DSC_8315.jpg
1975年10月製造と分かります。もう製造から43年も経ってます。
トップボタン裏は6なので、消えかかってる「5」の右の数字は「6」なんでしょうね。

DSC_8319.jpg
私の写真では、全く表現しきれないのですが、良い感じの生地ですよ。雰囲気的には501のbig Eに通じるものがあります。この時代ならではですね。この個体はsmall eです。この時代の517は、big E とsmall e が混在していますが、生地は同じなので、big E にこだわる必要はありません。市場ではbig E の方が圧倒的に高価なので、この時代の状態の良いsmall e はお買い得と思います。この個体もそんな1本。かつ、裾がオリジナルのチェーンではなかったので安く買えた記憶があります。オリジナルの裾が、ありがたいのは分かるのですが、私のような脚が短い人間にとっては屈辱であると同時に ^_^;)、今更切るともったいないお化けがでるので、実用目的には、オリジナルでない裾の方が好都合です。

私が買ったのは2012年ですね。当時東京在住だったので、原宿のベルベルジンで買いました。このジーンズを買う時に、池袋から原宿に行ってた間、私はずっとある女性と携帯でメールのやり取りをしていた。あ、その女性が今の家人だ ^_^;)

今でもたまに履いています。大変悩ましいのが・・・
DSC_8317.jpg
私が買った時は完品だった紙パッチがもはや限界。あと数回、洗濯機で洗ったら、完全に取れてしまうでしょう。コレクション用として買ったわけではなく、実用として買ったとは言え、これは悩む、大変悩む。まぁ・・・でも・・・このジーンズは、40年以上を生き延びた後、私に履き潰される運命だったと考えましょう。