FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2019/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/09

こちらの続き。
買った時はバタバタ暴れてたんですが、氷を多めに入れたクーラーボックスで連れて帰ったので、低温仮死状態です。
IMG_2871.jpg
今回はオスの600g×2です。600gのワタリガニというのは、ネット上ではなかなか見つけることができません。かつ、我が家の蒸し器に何とかギリギリ入るサイズですね。

IMG_2873.jpg
ハイ、蒸し上がりっ!
蒸し上がりを持った時に気が付いた。メチャ軽っ! これは、実入りが悪いですね・・・。もっとも、重さで買ってるので、別に損したわけではありません。また、カニの場合、身入りの良い/悪いで、味は変わらないと思います。ただ、あんまり身入りの悪い個体は、殻を剥くという労力が報われる度が下がりますが。

IMG_2887.jpg
脚の付け根。やはりちょっと身入りが悪いですね。

IMG_2876.jpg
一番美味しい遊泳脚(一番下の脚)の付け根。少なくとも身がぱんぱんとは言えませんね・・・しかし味は最高! この味と舌ざわりは、活けならでは。カニは調理する段階で活きていなければならない、という法則を再確認。

ワタリガニというのは、脚の付け根というか、甲羅の内側の身を食べるカニです。タラバガニ等と違ってワタリガニの脚は細いですからね。しかし、私はカニマニアですから、細い足もちゃんと剥きますよ。
IMG_2877.jpg
う~ん・・・見事にダイエットに成功してますね -_-;)
まぁ、しかし、味は変わらないので、良しとしましょう。久しぶりに食った活けのワタリガニ、大満足です。

ところで。
IMG_2880.jpg
ウチの4歳児、カニ大好きなのだ。

IMG_2881.jpg
600gともなると、ハサミ脚は、お前にとって結構デカいな ^_^;)
お前もさ、甲羅の内側の身とハサミの内側の身の味の違いくらいは、分かるようにならんといかんぞ!!
唐戸市場の後は、歩いて海響館へ。海響館とは、下関市立の水族館。
IMG_2848_201908241637494a6.jpg
水族館前からの眺めは素晴らしいですね。
左が本州、右が九州。関門橋で結ばれています。

IMG_2852_20190824163750326.jpg
あ、スナメリがいるんだ。

IMG_2863.jpg
あ、カブトガニいた! どこ産ですかね? 山口県内には、今でも瀬戸内側に何か所かカブトガニの生息地があるはず。

IMG_2861.jpg
ピラルークと見つめ合う4歳児。

IMG_2850.jpg
何の解説も無いんですが、これ、ハナシャコじゃないですか? だとしたら初めて見たかも。

IMG_2867.jpg
見知らぬ母子の会話。
 母 「フルボトルペンギンって!」
 子 「フンボルトって書いてるよ?」

IMG_2868.jpg
シロナガスクジラの全身骨格。これは、迫力ありますね。
そう言えば。ボゴール植物園内の動物博物館には、同じくシロナガスクジラの全身骨格が展示されていたが、今でもあるだろうか?

水族館自体は、福岡市のマリンワールドの方が上でしょうね。ただ、ロケーションが素晴らしい。周辺施設と合わせて1日遊ぶなら、海響館もマリンワールドに負けてないと思います。
IMG_2841.jpg
関門橋です。

関門橋を超えて、やって来たのは・・・
IMG_2847.jpg
下関市の唐戸市場。まさかの2日連続です。

アレ? 昨日とは全然風景が違うんですけど?
IMG_2843.jpg
スゴい人!
そっか・・・土日はこんなに多くの人出があるんだ・・・毎週末、お祭り状態なんですね。

私の目的は活けのワタリガニ。
IMG_2844_201908241713402b3.jpg
あった!
 店員 「どれが良いですか?」
 私 「一番デカいヤツ、お願い」
 店員 「(笑)」
 私 「だって、ワタリガニは、大きければ大きいほど美味いでしょ?」
 店員 「ですね。あ、だったら、こっちにも・・・」

IMG_2845.jpg
あ、そうなんだ。コレもお宅の水槽ですか。どれも全般的に大きいんですが、最大級の物を2杯頂きました。さて、お味や如何に?

これほど多量の活けのワタリガニを、素人が選べるという状況はスゴい! 博多にはこんなとこ無いぞ? ・・・・・・オレ、下関に引っ越そうかな? 博多まで、十分、通勤圏内だよな???