FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2019/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/02

こちらの続きですね。
DSC_9454.jpg
MGCのスプリングフィールド・コンペティション・ピストル、38スーパー。
これは、軍用とか警察用といった実用拳銃ではない、射撃競技用拳銃のモデルガンです。

射撃競技用拳銃のモデルガンって、いろんな意味で微妙と思うんですよね・・・。
DSC_9478.jpg
半分銀色なのは、手に触れる部分のサビ防止とカッコ良さですね。

DSC_9459_20200119180450985.jpg
ロング・リコイルスプリング・ガイドに、トリガーには軽量化の穴開き、マガジンキャッチには大型のボタン付き、マガジンには水色のバンパー付き。

DSC_9483.jpg
マニュアル・セイフティはアンビ。グリップ・セイフティは、ビーバーの尻尾ですが、殺してます。リアサイトは、ウイチタ(ですが、亜鉛合金製の表面にかなりサビが出てますね)。ハンマーはダブルホールで、スライドの後面はチェッカー入り。

DSC_9488.jpg
トリガーガードとグリップの前面もチェッカー入りの超豪華仕様です。実物なら何千ドルするんだろう? バンコク時代に、軍用ガバメントとそのクローンは、そこそこ撃ちましたが、こんな競技用モデルは見たこともありません。でも、手にしただけで、当たりそう!って気はしますよね。 逆に、これを撃って当たらなかったら、どんだけヘタなんだよ・・・ってことが明らか、みたいな ^_^)

十何年振りかに押し入れから出したんですが・・・
DSC_9482.jpg
アレ? フレームのレール部分、割れてない?

この個体は、MGC廃業間際の最後の製品だと思うんです。買って以来、ほとんど触って無いんですが、どう見ても割れてますね。
DSC_9493.jpg
分解!

DSC_9495.jpg
MGC製ガバのこの部分は、亜鉛合金製のインナーフレームの後端部を隠す感じで薄いプラスチック部分があるので、ここに亀裂が入っているようです。まぁ、ここが千切れても作動に影響はしないと思いますが、見かけの問題ですね。

既に酔っぱらってるから、全バラする気力が無いな。修理は次回だ。
こちらの続きです。
IMG_1843_20200119185246f4a.jpg
ニシキヤッコ。

kumanomi.jpg
クマノミ。

IMG_1842.jpg
タコ。

same.jpg
サメ。

shachi.jpg
シャチ。

karei.jpg
カレイ。

kuromaguro.jpg
クロマグロ。

aji.jpg
アジ。

1年生の模写。元ネタは図鑑。

なかなか上手じゃないか。字が無くても、だいたい種の判別がつくな。しかしっ! 2次元の模写なら、オレでもできるぞ! 実物のアジを見ながら、これくらいの絵が描けるようにならんといかんぞ!
こちらの続きです。
あ、リモコンが壊れたと思ったのは、私の勘違いでした。mbot本体のファームをアップデートしたのが間違いだったようで、ファームを元に戻したら復活しました! って・・・それ、オレが悪いのか??? まぁ、中国製だからな、深く考えるのはヤメよう。

久しぶりに引っ張りだしました。まだ、チュートリアルの課題が全部終わってなかったんだよね。
IMG_0817.png
相変わらず、微妙に日本語がおかしいパンダ先生です。

この課題、オレは解けなかったぞ。
IMG_0820.png
問題に「音を出す」が入ってねーじゃねーかよっ! 解けるか、こんなもん!!!^_^;)

さて、このmBotを買ったのは、小学校で「プログラミング」という授業が始まるらしい、というウワサを聞いて、今の時代に小学生が学ぶプログラミングとは何ぞや? というのを私自身がお勉強したかった、というのもあります。小学生の授業内容を親が理解できてなかったら、何かと困りそうだし。

しかし、結論から言うと、私の世代の理系の人間であれば、まだまだ小学生が学ぶプログラミングには十分太刀打ちできそうですよ。私の世代でプログラミングというと、ベーシックです。ベーシック・マガジンを見ながら、パソコンにゲームプログラムを打ち込んだ世代です。当時、ベーシックを完全に理解していたわけではないですが、完全に意味不明なアルファベットと数字をただ打ち込んでいたわけでもありません。少なくともベーシックを理解しようと努力していたし、何より自分なりに、コンピュータプログラムというのは、こういうものだろうというイメージがあった。

当時、多くの子供がベーシックを勉強していたんです、自発的に。今では考えられませんね。なぜかというと・・・理由は簡単、ベーシックでプログラムを組めば、テレビゲームができたからです。当時の子供にとって、テレビゲームとは、それくらい魅力的だったのですよ。ん? 子供にとってビデオゲームが魅力的なのは、今でも同じか? でも、今はビデオゲームが高度化しちゃったから、素人がプログラムできるレベルでは到底なくなっちゃいましたね。

大学に入ってからは、教養課程で、選択科目だっとは思うけど、フォートランとかリスプとかのコンピュータ言語を勉強した。また、ちょうど大学院に入った時に、大学にインターネットというものが導入されたんで、研究室のUNIXサーバーに電子メールクライアントをインストールして、勝手に自分のメアドを作った(つまり、私は、日本で最初期に個人メアドを持った世代の1人です)。今の時代だと、UNIXサーバーをいじるなんてスゴイ! となるんでしょうが、当時はPCもネットワークも原始的だったんで、理系の学生なら多かれ少なかれ、同じような事をやっていたのではないでしょうか。

私より10年早くても、10年遅くても、こういう経験はしてないでしょうね。というわけで、PC(の基礎)に強いというのは、私の世代の強みだと思います。1年生よ、まだまだお前には負けんと思うぞ! ^_^;)
1月11日は、超久しぶりの雲仙温泉!
IMG_1680.jpg
今回は、湯快リゾートになった東洋館に泊まります。

チェックインの時・・・
IMG_1624.jpg
子供に対して、ウェルカムドリンクならぬ、まさかのウェルカムうまい輪。

1月、2月は、雲仙温泉のオフシーズンなんで、直前の土曜日でも予約できましたが、東洋館、オンシーズンの土曜日は、なかなか予約ができません。今回、その理由が分かりましたよ。

食事ですよ。

1年生と4歳児を抱えて、バイキングとなると、椅子に座ってられる時間が短いので、料理の写真が撮れなかったんだけど・・・
IMG_1638_2020011520342237e.jpg
今の時期、メインは、各テーブルに用意されたカセットコンロを使ったすき焼き、しゃぶしゃぶ食べ放題みたいです。

ウチは、私がそんなに肉食わないし、1年生と4歳児を抱えている関係上、すき焼きとかしゃぶしゃぶをする余裕がなかったんだけど、すき焼きとかしゃぶしゃぶをしなくても、4歳児から50代のおっさんまで、家族みんなが食べるモノが十分ありましたね。

東洋館は、平日だと2食付き1泊7,500円なんですが、夕食のバイキングは、まぁ多彩。刺身、寿司、天ぷらから、洋・中華もいろいろ選べる。都会だと、この食事だけで数千円取られても納得ですね。はっきり言って、素材と味がそれほど良いわけじゃないんだけど、この多彩なバイキング料理のにぎやかさは、これはこれで良いじゃないですか! 

IMG_1634.jpg
自分で綿菓子まで作れるし。こりゃ、子供も喜ぶよ・・・ ^_^;)
これで平日7,500円は、バーゲンですな。

ついでに言うと、ホテルのスタッフが、みんな明るくて、不必要に元気! かつカジュアルに親切!! これも雲仙温泉の他のホテルには、あまりない気がします。東洋館の人気の理由が分かった気がします。

蛇足ですが、温泉そのものは、正直、イマイチですよ。おそらく循環でしょう。私、雲仙温泉で最強の温泉は、小地獄温泉館といわき旅館のお湯と思いますね。

更なる蛇足ですが、かなり残念だったのは、部屋からの眺望。
IMG_1625_202001152034267bf.jpg
このサイズの写真では、分かり難いですが、廃業したホテルの廃墟ビュー。せっかくおしどりの池まで見えてるのに・・・これは、何とかできないものだろうか?

ま、結論として、湯快リゾート東洋館、また行きたい!
新年、出勤初日、家に帰ったら、台所にこんな魚がいた。
IMG_1567.jpg
ん? 何だコレ?? ハタ・クエの仲間だよな???

ネットで調べます。
IMG_1568_20200106211504f2e.jpg
背鰭棘は、11本。

IMG_1569.jpg
エラに棘・・・あるね。

これは、キジハタ(Epinephelus akaara)でしょ? キジハタって、九州方言のアコウでしょ? めちゃ、高級魚じゃん! ・・・もっとも、名前なんて分からなくても、九州人的には、この外観で、ハタ・クエの仲間であることが分かりますから、その時点で「美味い魚」断定です。しかもこの個体、30cmをかなり超えるサイズです。これは、どう料理しても絶対美味いパターンですね。

余談ながら、ネットで調べたところ、この魚もテミンクとシュレーゲルの記載じゃん! 歴史を感じますなぁ・・・。

さばこう!
IMG_1570_20200106211507003.jpg
これは、かなり新鮮ですよ。

先ずは・・・
IMG_1571.jpg
鱗を落とします。

んで・・・
IMG_1573_2020010621265443d.jpg
頭を落として、内臓を抜きます。

さて、ここからが緊張の瞬間です・・・
IMG_1574_2020010621265597a.jpg
イエ~い! 半身、上手に取れた!

もう片方も・・・
IMG_1575_20200106212657131.jpg
うわぁ~、油断した! 失敗!! 背骨に身がいっぱい付いてしまった!!!(涙) 何でこんな事になったんだよ・・・(号泣)

しかしっ! 私は学びました。ヘタがさばいても、アラを煮つけにすれば、もったいないお化けは出ないとっ!

IMG_1577ed.jpg
刺身用。穴が開いてるし・・・(涙)。

IMG_1578.jpg
アラ煮用。

今後もさ、私の仕事はここまでで、皮を剥いで刺身に切る付けるのと、アラ煮は家人の仕事という役割分担でどうだろうか?

ちなみにこの魚、お隣さんが釣った物のおすそ分けなんだと。お隣さん、どうもかなりの釣り上級者のようです。
こちらの続きですかね。
DSC_9317_2020010517474567d.jpg
4か月ぶりに海の中道海浜公園でサイクリング。

今日は初めて東の方の海岸に行ってみました。
DSC_9318.jpg
いや~、やっぱり思うのは、大都会福岡の近郊に良くこの自然海岸が残ったね・・・ということ。

DSC_9325.jpg
奥は志賀島ですよね?
この辺の海岸線はどういう歴史を辿ったんだろう? ずっと国有地だったんだろうか??? 大変貴重な自然海岸だと思います。ちなみに海の中道海浜公園は国営公園です。日本国内で公園というと、国立公園とか国民公園等、環境省所管の公園を思い浮かべるのですが、国営公園とは国交省所管の公園。いや~、正直言ってさ、国営公園って、金のかけ方が国立公園の比じゃないんぢゃね??? 海の中道海浜公園だけでも、広大な土地ですし、これを直営で維持するのって、相当な予算がかかってるはずですよ・・・。

なんて事を思いながら自転車をこぎます。
DSC_9392.jpg
4歳児、下を見る余裕もあれば・・・

DSC_9328.jpg
景色を眺める余裕もあります。

1時間半ほど自転車をこいだら・・・
DSC_9338.jpg
ママが作ったお弁当!

その後、自転車を返して、徒歩でマリンワールドに移動。
DSC_9413.jpg
4歳児、「あっ!メンダコ!」

DSC_9415.jpg
4歳児、「あっ!ウルトラブンブク!」

4歳児、今は深海魚がブームです ^_^;)
マリンワールド、狭いスペースですが、深海展をやってたんですよね。

後は、お決まりのコース。
DSC_9444.jpg
イルカのジャンプ見て・・・

IMG_1560.jpg
ガーデンイール見て・・・

DSC_9418.jpg
ゴマフアザラシに餌あげて・・・

はい、おしまいっ!! 

明日から仕事だぞ・・・。

ちなみに、海の中道海浜公園は、国営公園なんで、入場料は数百円。マリンワールドは年間パスを買ってるからタダ。お弁当を作って持って行くと、かなり低コストで多様に遊べるのでお勧めですよ。
2020年のお誕生日プレゼントは、コレだった。
IMG_1349.jpg
ん? 何だコレ???

IMG_1533.jpg
味噌自作キット~!

一応、昔取った杵柄で、無菌操作の手順に準じたので、途中の写真は一切無し。
IMG_1534_20200104174928b33.jpg
上の塩、ちょっと多過ぎ? でも、カビが生えるより良いよね?

IMG_1535.jpg
完成!
既に味噌のような見かけですが、現状は、単なる「スゴく塩辛い潰した茹で大豆と麹のミックス」です。

これで、数か月後には、2.6kg×2袋の味噌ができているはずだ!

いや、前からやってみたかったんですよね、味噌作り。茹でた大豆を潰して、塩と麹を合わせるだけだから、別に難しくは無いと思うんだけど、未経験者がマンションの台所で0からやるのは、やっぱいろいろハードルがあるわけですよ。というわけで、今回のキットは、茹でて潰した大豆と塩のミックスが1袋、麹が1袋。この2つの袋と水を混ぜて、チャック付きポリ袋に密閉するだけという、最も初心者向きの物でした。

これで、半年後に味噌が出来てたら嬉しいよなぁ・・・。まぁ、でも過度な期待はせずに、美味しい味噌とは言わず、カビが生えずにちゃんと食える味噌が出来たらOKとしよう。で、もし、上手くいったら、ハードルを上げよう!
IMG_1426_20200104171034fb6.jpg
12月31日。
1.5kgサイズのマダイの炭火焼き。やっぱ、コレは良いね。

IMG_1440.jpg
1月2日。
実家の庭でヤマイモ(ヤマノイモ?)を収穫。

IMG_1439_202001041710372ef.jpg
1月2日。
同じく実家の庭でジャガイモを収穫。

IMG_1487_20200104171032a55.jpg
1月2日。
別府の鬼石坊主地獄。

IMG_1460.jpg
ボコッ!

IMG_1492.jpg
1月2日。
別府市営柴石温泉。

IMG_1521_202001041723522af.jpg
1月3日。
湯布院、中川温泉「蛙乃湯」の家族湯の窓から。

IMG_1529.jpg
1月3日。
高速道路のサービスエリアにて。要するに・・・筑後小郡から福岡まで全部渋滞ということだな -_-;)

疲れた。