FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/0112345678910111213141516171819202122232425262728292020/03

『スター・トレック・ピカード』
アマゾン・プライムに加入している人なら、誰でもオン・ディマンドで見られます。

日本では、アマゾン・プライムで始まった米国のTVドラマ、『スター・トレック・ピカード』。これはもう、完全にスタートレック・ファンのためのドラマですね。

第一話を見ただけで・・・
・オープニングの「ブル~スカ~イ♪」という音楽
・データ少佐、特にポーカーのシーン
・B4
・紅茶のアールグレイ
・データ保管庫の品々、特に「ピカードの日」
これらは、スター・トレックの過去のピカード艦長シリーズを見ていないと意味が分かりません。

ピカード「年寄りだしな」
ジャバン「どちらが?」
という会話。
見た目でジャバンがロミュラン人という事が分かって、ロミュラン人の寿命が地球人に比べると非常に長い、という事を知らないと意味の分からない会話です。

スター・トレック・シリーズは、最近の劇場用映画3作、
 2009年の「スター・トレック」
 2013年の「スター・トレック イントゥ・ダークネス」
 2016年の「スター・トレック ビヨンド」
が、スター・トレックを知らない一般の人にもウケるような作りをして、大成功しました。その反動かもしれませんね。

既に5話まで公開されています。日本で『スター・トレック・ピカード』を楽しめる人は、そこそこのスター・トレック・マニアという事になるのでしょうが、本国では多くの米国民が楽しめるんだと思います。米国では、日本に比べて圧倒的にスター・トレック人気が高いですからね。だから米国での視聴率は、かなり高いようですよ。

既に第2シーズンの製作は決まっているようですが、米国での視聴率が下がらずに、第10シーズンとかまで続くと良いなぁ~♪

21世紀が、1/4近くも過ぎた今の時代に改めて言うのもナンですけど、スター・トレックには、黒人もアジア人も主要なキャラで登場します。これは、1960年代のオリジナル作品から同じ。一方、スター・ウォーズは、未だに・・・(以下、略)←スター・トレック・ファンのひがみ ^_^;)
こちらの続きです。
不発弾、まな板の上に乗せます(乗ってないけど)。
IMG_2152.jpg
デカいよ・・・。

途中の写真が一切ありませんが、
IMG_2151.jpg
小さく切って、床に入ってもらいました。

一晩後・・・
IMG_2153.jpg
まぁ、美味いよ。朝食は、これとみそ汁があれば十分だな。ある意味、贅沢なんじゃねーか? 

これから1か月間くらい、我が家の床付けは、ダイコンのみか?
こちらの続きです。
IMG_1933_20200219190358b1e.jpg
初心者用味噌作成キットを仕込んで1か月以上、一番心配していたカビも生えずに、もう大丈夫だね、と思っていたら、

昨日・・・、
IMG_2147_20200219190359968.jpg
アレっ? 何か白い物がっ!? もしや・・・カビ??? しかし、空気に触れていない側面にカビ生えるか??? 嫌気性のカビ???

説明書を読むと、「袋側面に、粉状の白い斑点が出る場合がありますが、これはチロシンというアミノ酸の一種です。食べて全く問題ありません」という記述がある。ということは・・・そういう事か。チロシンねぇ・・・もう忘れてる。ググると・・・あ、UACとUAUね。どうも、納豆を冷蔵庫に長い事入れっぱなしにしておくと、表面に出てくる白い結晶がチロシンらしい。あぁ、アレかぁ・・・。じゃ、旨いじゃん! 問題無し! 上手くいってるって事じゃね?

もう数か月間、微生物に頑張ってもらいましょう! これから暖かくなったら、発酵が加速するかな?
実家に帰ったから、ダイコンもらって帰ろう。
IMG_2081.jpg
4歳児が頑張りますが・・・抜けません。

IMG_2085.jpg
兄弟2人で力を合わせる!

抜けた!
IMG_2086.jpg
って・・・どんだけ、デカいんだよ・・・。

IMG_2092.jpg
兄弟、力を合わせて洗います。

IMG_2108.jpg
1年生が抱えます。
コレ・・・畑じゃなかったら、第2次大戦中の不発弾か? と思える大きさだぞ。

こんだけデカかったらマズ良いんじゃね? って言うか、スが入ってんじゃね? と思って、とりあえず輪切りに。
IMG_2093.jpg
直径、これくらい。
あ、大丈夫だね。生で食って、一口で先ず、かなりの甘味を感じます。この甘味って何なの? スーパーのダイコンを生で齧ったことは無いけど、ダイコンって生でこんなに甘いの??? 噛んでると・・・ダイコンらしい辛味もある。ふ~ん、辛味は弱いと思うけど、オレの味覚では、、市販品に比べて圧倒的に劣ることは、少なくともないね・・・。

福岡の家に帰って、一晩後、
IMG_2144_20200217203028539.jpg
一緒に実家で掘ったニンジンと共にぬか漬けになりました。キャベツはスーパーで買ってきた物。
不発弾だけど、全然OK。十分美味い。私は、キュウリは深漬けが好きですが、ダイコンは浅漬けが良いね。ただ、当たり前だけど、ダイコンは結構水が出るから、ぬか漬けの床の手入れが大変そう。まぁ、そのうち考えましょう。

こちらの続きです。
実家に帰ったら、冷凍庫に天使の海老があった。久しぶりだなぁ・・・。天使の海老って何? という方はググって下さい。このエビ、高いんだよね・・・ ^_^;)
IMG_2071.jpg
流水で解凍します。解凍するとね、エビマニアには分かると思います。このエビ、超新鮮なんです。活けの状態で超急速冷凍されてんでしょうね。活きたエビを天井から落として、床に着くまでには完全凍結されてる、そんな感じじゃないかな? かつ、養殖池の水質が良いので、生で食えるというわけ。

東南アジア産のクルマエビ類が生で食えないのは、鮮度ではなく、もっぱら養殖池の水質のせいです。まぁ、東南アジアのエビ養殖池を実際に見れば、水質分析をするまでもなく、誰しも生で食いたくはなくなりますって ^_^;)
IMG_2073.jpg
刺身にさばきます。間違いなく美味いです。意外と肉厚なのも良い。ブラックタイガーやクルマエビに比べると、甘エビ的なねっとり度が若干高めなのも、刺身で食って美味いポイント。あ、そうそう、超鮮度が良いので、頭を取ると、背ワタも一緒に抜けます。鮮度の良い食材は調理も楽って事ですね。しかし、前回も書いたけど、この血液の色ですよね・・・青。お前はバルカン人か?って感じですが、この青色は食欲を減退させます。・・・・・・でも、考えてみたら、ブラックタイガーでもクルマエビでも、血液が青いのは一緒だよね? 何で天使の海老だけ、こんなに目立つんだろう? 要研究継続。

さて、生で食って美味い高価なエビですから、焼くのはもったいないと思う人もいるでしょうが、エビというのは火を通した方が旨味が増します。まぁ、これはエビに限らないけどね。しかも、エビの殻が焼けたにおいというのは、実に美味そうに思えます。というわけで炭火で焼きます。
IMG_2103_20200216165453c9d.jpg
好みの問題ではありますが、焼き過ぎると台無しなので、表面に振った塩が乾いて、ちょっとだけ焦げ目が付いたくらいで良いんじゃないでしょうか。これまた、実に美味いです。バーベキューにおけるエビの王道ですよ。冷凍のブラックタイガーとか、アルゼンチンアカエビ食って、美味しいとか言ってる場合じゃないですよ。

刺身を取った後の頭は・・・
IMG_2104.jpg
もちろん、これも塩を振って焼きますよ。良い酒の肴です。

天使の海老、贅沢だなぁ~ ^_^;)
今日、私が家人からもらったチョコは・・・
IMG_2063_20200214202408380.jpg
まぁ、わたしゃ、あんまり甘い物は食わないんだけど、ありがとうね。1日1個ずつ食うかな。もしかしたら、1年生と4歳児に食われてしまうかもしれなけど ^_^;)

私が家人に買ってきたのは・・・
IMG_2065.jpg
99%!
コレ・・・いろんな意味で強烈ですな。マズくは無いんだけど、何となく薬。夜、仕事して眠い時に良いかもよ?

1年生と4歳児には・・・
IMG_2067.jpeg
コインチョコ。お前らには、これで良かろう! ^_^;)
 4歳児 「これ、ドル?
いや、ユーロみたいだぞ。

この他、家人が子供に買ってきたパラソルチョコもあったんだけど、写真を撮る間もなく食われてしまった。というわけで、今日の夕食後は、ちょっとしたチョコレート・パーティーでしたとさ。
こちらの続きです。波止岬の海中展望台を出て・・・
IMG_2010.jpg
付近の磯をチェックしましょう。

前回、書いた通り、この辺は結構大きなニイナがごろごろいるんです。
IMG_2048.jpg
前回と全然種類が違うんだけど、これって、季節の差??? 今回はこの2種が目立ちました。上の小さな2つは標準和名で言うところのイシダタミだと思う。手前の大きめの表面ツルンとしたのは大分の実家の近くの海にはいないですね。標準和名で言うところのクマノコガイかな? まぁ、30分も採ったらザル1杯採れますよ。

それに、
IMG_2042.jpg
カメノテも小さいですが、結構います。

そして、今回、気付いたのは・・・
IMG_2036.jpg
これ。
これはマツバガイだと思います。

これがですね・・・
IMG_2040_20200213184759efa.jpg
いくらでもいるんです。

IMG_2039.jpg
マツバガイ、カメノテ、フジツボの3ショット! いずれも食えます。美味いです。

IMG_2043.jpg
マツバガイの赤ちゃんがいっぱい!

この付近ってね、漁協が採集を禁止してるし、観光客が多いから誰も採らないんだと思います。スゴいなぁ・・・ニイナやマツバガイを誰も採らないと、こんなに増えるんだ・・・。

さて、隣の海水浴場に移動。もちろん今の季節は泳げません。しかし・・・
IMG_2049.jpg
スキあらば、海に入ろうと、ズボンの裾をまくる1年生です。

IMG_2052.jpg
お前ら、寒くないんかよ・・・。

暖かくなったら、近くにテント張りに来るか?
11日は、佐賀県の呼子に行ったんですよね。こちらの続きです。4年半ぶりかぁ・・・。
IMG_1962.jpg
今回は、初めてクジラのジーラに乗りますよ。

ジーラとは、喫水線下の船底に窓があって、水中が見られる船。ポイントに着くと・・・
IMG_1994_20200212205327aab.jpg
スゴいな・・・。

IMG_1995.jpg
魚、近いし。この日はクロダイの群れでした。

IMG_1987.jpg
アレ?

IMG_1988.jpg
これ、ヒラメじゃん!へぇ~、こんな岩場にもヒラメがいるんだ!

それはそうと、1年生、
IMG_1999.jpg
メモ帳と鉛筆を持ってきて、見えた魚をメモしている。お前・・・なかなか関心な心掛けじゃないか。

その後、波止岬に移動。
IMG_2006.jpg
海中展望台に入ります。

やっぱり、クロダイの群れ。
IMG_2024.jpg
しかも、超近いし。

今は、クロダイのシーズンなんでしょうね。しかし、ジーラのポイントにしても、波止岬の海中展望台にしても、これらは餌付けです。自然の状態でこんなに魚がいるわけではありません。でも、まぁ、1年生と4年生が喜んでたから良いか。これも、任天堂「ファミリー・フィッシング」の影響だな ^_^;) お前ら、いつかダイビングやって、ガラス越しじゃない、生の魚の群れを見ると良いと思うけどねぇ・・・。手を伸ばすと、サッ!と魚が逃げたり、運が悪いとカプ!って噛みつかれたりするんだぞ! ^_^;)
さて、ここで問題です。
4歳児が作った、この白と赤の立体作品は、何でしょうか?
IMG_1948ed.jpg
答えは・・・リュウグウノツカイ!
微妙だなぁ・・・実に微妙だよ ^_^;) でも、「ヒントは、深海魚です」とかがあったら、間違いなく分かったと思うよ。立体造形、さらに頑張れ!

ま、立体とは言え、2次元だけどね。
海外オークションで、大変興味深い絵葉書を落としたので紹介しましょう。どれくらい興味深いか? というと、私が数年前に発表した学術論文を要微修正かっ!? というくらい。個人的には興味深いどころか、ちょっとショックかも? てな感じなんです(まぁ、マニアな世界なんで、興味の無い方は、以下スルーでお願いします ^_^;)。

なので、私が買う絵葉書としては異例の10ユーロ(送料込み)という大枚を叩いて購入しましたよ! なんですが、本題である絵葉書の「絵」(写真ですが)は、次回ということで、今回は前段です。

この絵葉書、エンタイア(使用済)です。裏面(絵のある面)に書かれた送り主は、シャルル・トゥランという男性。手書きで「1903年11月5日、日本」の表記あり。1903年という事は、明治36年。「西伯利亜経由仏国行」の朱色のスタンプもあり。おそらくこの絵葉書は、明治36年に日本からシベリア経由でフランスに発信されて以来120年弱、ずっとフランスにあったのでしょう。それを今回、私が里帰りさせたというわけです。

あて先は・・・
985_002ed1.jpg
フランス共和国アルデーシュ県クリュア村の未婚の女性、アントワネット・フレストさん。
ちょっと分からないのは上から三行目の「Institutrice」という表記。Institutriceって、辞書を引くと「先生」という意味でしょ? 固有名詞ではないと思うんですよね・・・。「アルデーシュ県クリュア村の先生であるアントワネットさんへ」、という意味??? 宛先に職業を書くかね? まぁ、今から120年前のハガキだから、当時の習慣は分からんねぇ・・・。ただ、クリュア村って、今でも人口3,000人くらいみたいだから、今でも「クリュア村の先生であるアントワネットさん」という宛名で郵便物は届くんじゃなかろうか?

なんてことを考えながら、酔っぱらってネット上を検索してたら、ちょっと古いクリュア村の小学校の写真が見つかった。
http://copainsdavant.linternaute.com/photo/3eme-classe-filles-1957-ecole-publique-de-cruas-3884143
上リンクの写真は、1957年だから、今から約60年前。みんな可愛い。でも先生、コワそう。季節は冬なんですかね? みんな服が重厚。小学3年生らしいけど、女子校なのかね? 今では、みんな70代のおばあちゃんってとこかな? それはともかく、今回の絵葉書は上リンクの写真よりさらに55年くらい前。

「1903年当時にクリュア村で先生をしていたアントワネットさん」というのは、その気になったら、今でも探せるでしょうね。たぶんそれ程難しくないと思いますよ。

・・・・・・イヤ、そうじゃなくて、興味深いのは表面の写真でした。これが、長崎県の雲仙温泉なんですよ。次回(いつになるか分からんが)、紹介しましょう。