FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。

例によってグラフと数字は、ワールドメーターのコロナサイト(←クリックで飛びます)から。
無題 ←クリックで拡大
これは、右カラムから、
 国名
 Total Cases は、総感染者数
 New Cases は、昨日1日の新規感染者数
 Total Deaths は、総死亡者数
 New Deaths は、昨日1日の死亡者数
 Total Recovered は、総完治者数
 Active Cases は、治療中の患者数
 Serious Critical は、治療中の患者数のうち、重篤者数
ヨーロッパでは、そろそろ外出等規制の緩和の動きがありますが、これを見てわかる通り、まだまだ毎日数千人の患者が新規で発生しているのです。英国(UK)に至っては、昨日の新規感染者数が4,649人。英国は緩和して良いのかねぇ・・・? また、先週書いた通り、ロシアとブラジルが毎日1万人ずつくらい増えてます。これはマズいですね・・・。
この表、上写真では、総感染者数の多い上位国だけですが、元サイトでは下の方にずっと続いていて、全世界の国の数字が見られます。

さて、今日は、先週とは別のグラフを示します。Active Cases、つまり治療中の患者数の推移です。これが0になれば、完全収束です。
i_20200509084816d07.jpg ←クリックで拡大
イタリア。4月の中旬をピークに患者数が減りつつあるんではないでしょうか。

s_202005090848154d5.jpg ←クリックで拡大
スペイン。これも、四月の中~下旬がピークのように見えます。

f_2020050908481359d.jpg ←クリックで拡大
フランス。横ばいでしょうか? 横ばいとは、つまり、毎日の新規感染者 ≒ 毎日の完治者数 + 毎日の死亡者数 ということですね。

uk_2020050908481018c.jpg ←クリックで拡大
英国。これはどう見ても減ってないでしょ? 右肩上がりです。右肩上がりとは、つまり、毎日の新規感染者 > 毎日の完治者数 + 毎日の死亡者数 です。英国はこの状態で規制緩和して良いんですかねぇ・・・? ここは私には、良く分かりません。

それでは、わが日本、
j_20200509084812529.jpg ←クリックで拡大
4月末をピークに減る傾向が明確ですね。問題はここからです。今の体制を維持すれば、このまま下がっていく可能性も十分あるのだと思いますが、今気を緩めると、これまでの努力が水の泡となり、再び横ばいから右肩上がりになる可能性もまた十分あります。

これまでに、「この2週間が勝負」みたいなセリフを何度も聞きましたが、「今月末までが最後の勝負」な気がします。来月1日に緊急事態が解除されると良いですね・・・。