FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。

こちらの続きです。
DSC_9677.jpg
エアフィックスのフェアリー・ソードフィッシュ。
これは、まとめ買いした20数個の中では、珍しく外箱がしっかりしています。

DSC_9670.jpg
欠品は無さそうですが、デカールはミグ15と同じ質感なので、たぶん使えないでしょう。

現在、エアフィックスのソードフィッシュは、別の新規金型で発売されており、今回のキットはいわば旧版です。でも、やっぱり私は古い(設計の)プラモデルの方が好きですね・・・。このソードフィッシュ旧版は、その昔数百円か、せいぜい1,000円くらいで売られてたんですよね。でも現在売られている(今現在はどうも流通在庫が無いようですが)新版は定価3,000円。新版は旧版に比べると、それはそれはもう、超絶に精密なんですよね。部品数もかなり増えてるし、何よりも小さな部品が非常に多い。定価3,000円も納得・・・と思える精密さです。模型としては、全く正しい進化だとは思うんだけど、私は旧版のような大雑把なキットの方が性に合ってるな ^_^;)

DSC_9718.jpg
この旧版は、コクピットもこれ以上シンプルにできないくらいシンプルです。新版では、まぁ・・・コクピット周りだけで、一体どんだけ部品があるの? てな感じです。しかも部品が小さい。しかも完成したらほとんど見えない。その時点で心が折れます ^_^;) やっぱ、私は昭和の時代のキットの方がい良いよ。

この形、
DSC_9737.jpg
何か・・・グライダーを連想させません?

このキット、ネット上の情報によると、60年前の雑誌で既に紹介されているんだそうです。これも相当設計の古いキットみたいですね。しかし! 部品は大変精密でした。感心しましたよ。

例えばここ、
DSC_9746.jpg
複葉機というのは、いたる所に翼を支える支柱があるのですが、これは尾翼下。支柱を正しい場所に合わせて、ちょっと指で押してやると、「プチッ」という感じではまり込んで落ちないんです。まるで接着剤不要のスナップキットみたい! これには感激。あとは、流し込み接着剤をちょん! 実に楽でよろしい。

DSC_9749.jpg
主翼の付け根。ここもぴったり!

DSC_9767.jpg
同様に上下の主翼と支柱もぴったり! これは素晴らしい!! これは楽しい!!!
上写真、まだ上翼は接着していません。塗装しないといけないからね。

複葉機って、如何にも模型を作ってるって感じがしますよね。これは楽しい! 塗装も頑張ろう!