FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2019/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/02

もう一つ、エビカニを書いておきましょう。「東南アジア三大がっかり食材」なんてのがあったら、確実にその一角を占めるであろうと思われる食材です。

onitenagaebi.jpg
オニテナガエビ(Macrobrachium rogenbergii)。クロントーイ市場にて購入。計500g、144バーツ(約387円)。

立派なエビでしょ?写真にはスケールが無いですが、大きなものは手を含めずに20cm弱。エビとしては大型です。東南アジアではブラックタイガーと並んで、多く養殖されているエビです。でもブラックタイガーが大量に日本に輸出されているのに対して、このエビは日本ではほとんど見ないと思います。なぜか?それはたぶん味が劣るからです(←全くの推測ですが)。まぁ、でもデカいし、しかも青く長い手がハデだし、とにかく目立つから“美味そう♪”って思っちゃうんですよね。

エビの食べ方と言えば、てんぷらと寿司が王道でしょうか。でも一般家庭でそんなことは無理なんで、茹でてみます。
onitenagaebi2.jpg
も~、いかにもんまそうでしょ?

がっかりその1: 思ったより身が少ない-_-)
そうなんです。コイツ、よく見ると分かるんですが、超頭でっかちで、下半身がスレンダーなんです。つまり食える部分が実に少ない。全長20cm(手を含まず)を超えるヤツでも、殻を剥くと・・・
onitenagaebi3.jpg
ちまっ!せめてもうちょっと下半身デブになってほしい・・・。握りなら十分一貫ですが、海老フライなら確実に欲求不満です。

がっかりその2:熱に弱い
これは写真で表現できないんですが、このエビ、熱を通しすぎるとすぐに硬くなるんです。だから茹で過ぎ、焼き過ぎは厳禁。さらに熱を通しすぎると、硬いを通り越して身がポロポロになってしまうんです。カレーに入れて煮込んだオニテナガエビは、知らない人が食べるとエビとは思わないかも。明らかにブラックタイガーを含むクルマエビ類とは肉質が違います。

がっかりその3:エビの風味に欠ける
これが決定的ながっかりです。いわゆるエビの風味が実に乏しいのです。立派な見かけに反して不思議なほどエビの風味がしない。もうちょっとエビらしくしてくれよ・・・・・・別にエビにタコの風味を求めてるわけじゃないんだからさぁ。エビの風味もうま味も甘みも、実にあっさり。これは決定的ですな。たぶん日本に輸出しても売れないんだと思います。

その割に値段はそこそこ高いですから、もう買わないかなぁ・・・。それとも何か美味い食い方があるんだろうか?レストランではやはり、エスニックソースや中華ソースに絡まって出てきます。まぁ、話のタネに食ってみるのは良いかな。

次は市場でクルマエビ類を探しましょう。

#あっ、ちょっと似てるけど、スキャンピーとは全く別物ですよ。

関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/10-36c020b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック