FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/031234567891011121314151617181920212223242526272829302020/05

さて、キャンプにおける『食』。
正直、かなりの冒険だろうなぁ・・・とは思っていたのだ。なんせ1歳半児を抱えてのキャンプだ。テント張って、ご飯はコンビニとかほか弁の方が楽だろうなぁ・・・とは思っていたのだ。迷ったんだけど、まぁ、ねぇ、一応、炭火熾しますか。

初心者には、簡単なカレーが良いという有識者の助言に従って、家人がカレーを。
DSC_5280.jpg

カレーはできた。ご飯は・・・レトルトのパック^_^;)
DSC_5282.jpg
何のヘンテコも無いんだが、外で作って外で食うと美味い。

せっかく火熾したんで、お肉も焼きますよ。
DSC_5287.jpg
あっ!間違った! せっかく熾火になったのに、肉を乗せたら、脂で火が!間違ったね、こういう脂の多い柔らかい肉は、あんまり好みじゃないんだよね・・・
こういう脂の多い肉は・・・
DSC_5288.jpg
これでもかっ!ってくらい徹底的に焼いて、脂を落として、縮んで硬くなってから食いましょう^_^;)

鶏肉も焼いてみよう!
DSC_5298.jpg
あ、こっちの方が美味いね。

・・・・・・。で、予想通りなのだ。家人がカレーを作っている最中から、子供は機嫌が悪い。機嫌が悪い理由は想像するに1)遊びたい、2)禁止事項が多い、の2点だ。1)はねぇ、周りに子供の声がしてるし、周りは全部芝生だし、近くに巨大滑り台はあるし、そら遊びたいよね・・・。2)は、炭火を熾した以上、しょうがないんだよなぁ。ただ、反省点は、「子供の手の届かない所」を作らなかったこと。ちょっと高いテーブルなんかがあれば、そこに触っちゃいけない物を集合させとくと良いかもしれない。そうすれば、炭火さえガードすればいい。次回に活かそう。

まぁ、結論としてだな、1歳半児を抱えてのキャンプで炭火を熾すのは相当キツい。炭火でくつろぐなんてことは、とてもできない。そうなると、何のために炭火を熾すのかってことだよなぁ。カレー作るならカセットコンロで十分だし。もっと言うと、何のためのキャンプなのかってことなんだよなぁ・・・-_-;)
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/1126-e11aeb63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック