FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/04

シャコは、カミナリイカ以上に気合入れますよ。家に連れて帰ってもまだ活きてるシャコです。
お湯が沸騰したら・・・
2014-06-15 095659 (2)
シャコ投入。
一気にお湯の温度が下がりますが、再度沸騰を待ちます。
再度沸騰して、約7分で・・・
2014-06-15 095659 (1)
ありゃ?シャコが全部浮いてきた!
この辺が引き上げ時ってことかねぇ・・・?

今日は、約8分で終了、ザルに上げます。
2014-06-15 073525 (2)
熱い!

皿に盛るとこんな感じ。
P1060520.jpg
結構な量ですな。これが、全部、身が詰まってたら嬉しいんだが・・・

P1060537.jpg
あ、結構詰まってました。コレ、誰か握ってくんないかな?^_^;) そんな旨さ。
身が入ってないのは、2~3匹でした。その代わりカツブシが詰まっているのも2~3匹いました。福岡におけるシャコの産卵期っていつなんだろうね?

美味いし旨い!やっぱ、シャコは美味いし旨い!!! このままでも美味いんだが、やっぱりシャコは握りが食いたくなる。福岡でそれは贅沢だろうけど、シャコは、シーズン中にもう1度とは言わず、2度でも3度でも食いたいね。

長崎時代に、大村湾産シャコを散々食った私に言わせると、シャコは活きているうちに茹でるに限る。これはもう絶対だ。シャコは死ぬとすぐに身が崩れる。カニ以上に“調理する時点で活きていなければならない”食材がシャコだと思う。長崎時代は安かったよ。活きてピンピンハネてるシャコが、500円で今回の倍以上の量はあったと思う。

今回は、15匹いた。この量で1,000円は、冷静になって考えると、やはり高い。ピンピン跳ねる活けのシャコが買えるというのは、それだけで贅沢だとは思う。東京の築地でこんな物買ったら一体いくらするだろう? しかしだ、その昔、シャコなんて、値段を気にして食うもんじゃなかったと思うが、今や福岡でも値段を気にせずに買える値段じゃない。できることなら、これ以上値段が上がって欲しくはないなぁ・・・。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/1143-515a3e0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック