FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

P1030785ed.jpg
LSガンプラが名作シリーズといわれるのは、まさにこの(2代目)P38のためではないか?と言えるほど完成度の高いモデルです。21世紀の現在でも、これほどメカの再現度の高いP38のトイガンは存在しません。
最近、20数年ぶりに(2代目)P38を購入。現在製作中です。

P1030789ed.jpg
キットの内容。思えば子供の頃、最初に作ったLSガンプラがこの(2代目)P38でした。

img007ed.jpg
組立説明書の展開図。ファイアリングピン周りが正確に再現されているのが分かります。最初に作った時は、オートマチックファイアリングピンの動きはもちろん、ダブルアクションとかシングルアクションの意味も知りませんでした。まぁ、完成しなくて当然です^_^;) それに子供の頃は完成を急ぐあまり、接着剤が完全に乾く前に組み上げ、オマケにがちゃがちゃやって遊ぶもんだから、すぐに壊れちゃいましたねぇ・・・。

P1030814ed.jpg
P1030861ed.jpg
スライドを下から見ると2つの穴が開いているのが分かります。ここにオートマチックファイアリングピンブロックとファイアリングピンリテイナが入ります(写真中段右)。それとロックドショートリコイルが再現されているのが、この製品のキモ。
あれから20数年。今度こそ完成させるべく、現在製作中です!子供の頃と違って、接着剤が完全に乾くのを待たずに、半日で一気に作り上げる・・・なんて事はせずに、ゆっくりやってます。しかし、オトナになるとあまり時間がなくて・・・・・・作り始めてはや10ヶ月^_^;)・・・・・・いつになったら完成するのやら・・・-_-) ホントに数年後になるかもしれませんが、完成したらまた続編をUPします。

P1040847eded.jpg
上:マルシン製エクセレント・ヘビー・ウェイト
中:LS製初代
下:LS製2代目(製作中)

詳しいレビューを書かずに言うのもナンですが、LSガンプラの中では、オートマグ、M16、AKMと並ぶ名作です。この製品は発売からおそらく30年近く経っていると思うのですが、いまだにこれを超えるP38のトイガンが無いというのも意外です。ガバメントを全くの新規金型で作ったクラフト・アップル・ワークス(CAW)さんなんかが、決定版P38を作ってくれないものでしょうか?
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/1275-b8b7a610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック