FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/031234567891011121314151617181920212223242526272829302020/05

インドネシア出張の際に買ってきた物のシリーズ。
P1080034.jpg
左はルンダン、右がラウォンのインスタント。
ルンダンは牛肉の煮込み、パダン料理ですね。ラウォンは牛肉のスープ、これはジャワ料理。日本では「インドネシア料理」という言葉を使うことがありますが、実は「インドネシア料理」というジャンルは基本的にありません。インドネシアは多民族の国ですからね。それぞれの民族ごとに料理はかなり違っています。だからそれぞれの民族ごとに○○料理、となります。ついでにいうと、「ジャワカレー」を紹介すると、大抵のインドネシア人は不思議がります。だって、ジャワにあんなカレーは無いもんね^_^;)

さて、今日はラウォン。基本的な作り方は、牛肉を茹でて、上のインスタントのペーストを入れるだけ。とはいえ、ある程度牛肉を煮込んだ方が良いです。ちなみに、私はラウォンに限らず、牛肉を茹でる時は、かなり徹底的に灰汁を取ります。灰汁を取り過ぎると、うま味まで取っちゃうっていう人がいるけど、私は気にしません。親の仇のように徹底的に取ります。
P1080036.jpg
すると、綺麗な透明なスープに。
これにインスタントのペーストを入れるだけ。簡単でよろしい。

はい、トッピングがちょっと妙な感じで、見た目がインドネシア風になりませんでしたが・・・
P1080043.jpg
美味い!これが美味いのだ。例によって、インドネシアの安食堂で食うラウォンの方がはるかに美味いのだけど、これはこれで良し。何より家で簡単に作れるのが良い。

ソトアヤムにしろ、ラウォンにしろ、味が形容し難いんだよね・・・。日本にはもちろんですが、インドネシア以外の東南アジアにもこの手の味(スパイスの使い方)はない気がします。こんなもん、2歳児は絶対食わないだろうなぁ、と思いきや・・・
P1080052.jpg
ガンガン食った!
お前、初めての物は警戒して口付けないことが多いのに、こんなもん食うのか・・・

ちなみにラウォン、全く辛くはありません。日本では「インドネシア料理」は辛い、というイメージを持っている人が多いですが、これはかなり間違いです。

インドネシアのこの手のインスタントペーストって、福岡でも売ってないかな? かなり欲しいぞ!
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/1337-eaab60aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック