FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

バンコクの市場に通うと、どの店でも扱っているような定番商品と、特定の店にしかない商品がある事に気づきます。定番といえるのは、今までに取り上げた中では、オニテナガエビ、ノコギリガザミ類、ハマグリ類、ミドリイガイ、インドエビ、タイワンガザミ、アオリイカ、ハイガイ、スダレガイ類などなど。これらは多くの店で売られています。一方で、カブトガニを売るのは、オートーコー市場、クロントーイ市場にそれぞれ1軒ずつ、トゲシャコやウチワエビモドキを扱うのはオートーコー市場に1軒だけ。その他、謎貝類、テングニシ?等も特定の店でしか見たことがありません(あ、魚についてはまだそこまで調べ切れていません)。

アサヒガニも今のところクロントーイ市場の特定の店でしか見ていません。

クロントーイ市場のアサヒガニ(Ranina ranina)です。
PC180096.jpg
この日はKg100バーツ(約288円)でしたが、Kg60バーツ(約175円)の日もあります。

P1060468.jpg
南方系のカニなんで、日本では九州ではそこそこ獲れます。産地に行けば別に珍しくは無いんですが、あまりまとまっては獲れないようで、流通に乗るのは比較的稀。だから都会のスーパーで見かけるのは大部分が輸入です。

それにしてもヘンな格好したカニですよね。何しろエビのような尻尾がある。カニのお腹側には「ふんどし」と言われる部分がありますよね。オスは細くてメスは幅広でここに卵を抱えます。このカニの「ふんどし」って、形態学的に言えばエビが尻尾をお腹側に丸めたようなものなんですよ。大部分のカニは、尻尾が完全にお腹側にくっついちゃってるんですが、アサヒガニはそれが不完全というわけ。この点も含めて原始的な形質を残したカニと言えましょう。

脚が平べったくって、脚にはあまり身がありません。これは大きくて立派な鋏(第一脚)も同様。でも、その代わり丸っこい体には、めいっぱい身が詰まってます。味は非常にあっさり。このあっさりはアサヒガニ独特でしょう。イシガニ系よりもあっさり。ノコギリガザミのような濃厚さはもちろん無し、ガザミ/タイワンガザミのようななめらかさと旨味もなし。何というか、特徴の無いカニの味。でもね、これはこれで良いんです。ノコギリガザミに飽きたなぁ、と思う頃に食べると超美味いよ!

もっとも最近はエビカニ食い飽きたんで、もう買ってないんだけどね。
関連記事
この記事へのコメント
築地では
ご無沙汰です。
時折、築地に行きますが、こちらでも見かけます。だいたい1匹2000円くらいだったかな。沖縄や奄美大島の市場では、割とよく見かける気がします。
おっしゃるとおり、味についての強い印象は残っていないんですが、普通に美味しかったと記憶しています。
2010/11/07(日) 07:07 | URL | まつざー #-[ 編集]
Re: 築地では
返信遅れました。こちらこそご無沙汰です。
そうそう、アサヒガニって南方系のカニなんで、沖縄に行くと普通に見るんです。九州でも産地に行くと珍しくはないんですけどね。築地の物はほとんどがオーストラリアからだと思います。1匹2,000円ですかっ!やっぱ、日本じゃ気軽に食えないですね・・・^_^;)
2010/11/13(土) 17:58 | URL | ncc1701b #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/141-ec4c234b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック