FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

シュータズギャラリーさんとこでの射撃です。ラチャダンさん(日本人スタッフ)が、「今日はCZがありますよ!」と声をかけてくれる。CZはこの前撃ったからなぁ(こちらを参照)、どうしよう? ちょっと迷っていると、出てきたのは前回のCZとは別の銃ではありませんか。前回のは、CZ75D Compact。今回のはCZ75 SP-1。これは撃ってみるしかないでしょう。シューターズギャラリーさんとこの利点は、指導してくれる警官の私物拳銃が撃てることがあるということ。コレ、鉄砲ヲタクにとってはちょっと嬉しい^_^;) (指導警官の都合もあるので、毎回と言うわけではありませんが)
P1070696.jpg ←画像クリックで拡大
P1070697.jpg ←画像クリックで拡大
これも、前回のCZ75D Compact同様、ほとんど新品のようです。

P1070702.jpg ←画像クリックで拡大

上が今回撃ったCZ75 SP-1、下が前回のCZ75D Compact。Z75D Compactが大きく見えてるのは広角気味に撮った写真のせい、反省。特にグリップがCZ75 SP-1よりも一回り太く見えますが、実際はそんなことはありません。実際に両方を比べると、CZ75D Compactが非常にコンパクトであることが分かります。CZ75D Compactは14+1発、CZ75 SP-1は18+1発。両者のグリップは長さ以外、同じ寸法です。大容量の弾倉なのにとっても握りやすい。昔の拳銃に比べると圧倒的にスリムだと思います。この辺は、金属加工技術の進歩も影響してるんでしょうね。あ、それから。グリップパネルに使われてるゴム板がすごく薄いんですよね。ちなみに、CZ75 SP-1の18連弾倉をCZ75D Compactに刺すと、グリップ下から弾倉がはみ出ちゃいますが、使用は可能です。

メーカーのHPを見ると、SP-1のフレームはどうやら鉄製のようです(D Compactはアルミ合金)。表面の質感が確かに違います。

P1070703.jpg
15ヤード、頭と胴にそれぞれ18発、両手。前回のCZ75D Compactよりも当たってますね。少しは上達したかな? 撃ちながら思ったんだけど、18発って集中力がもたない^_^;) 18発撃つ時間って、おそらく1分かせいぜい2分だと思うんだけど、精神的に結構きつい。精進がたりませんね-_-;)。まぁ。6連発の回転式拳銃3回分ですもんね。

思ったより当たりましたが、やっぱり前回のCZ75D Compact同様、引き金の感触はあまり良くないんです。CZ75D Compactのようなガサついた感じは無いんだけど。この辺は文章で表現しにくいんだけど・・・・・・あえてトライ!。理想的な引き金は、引き金の遊び部分を引いた状態で、狙いを定め直して、ほんのちょっと人差し指の指先に力を入れると激鉄が落ちる、そんな感じだと思います。対して、CZは遊びを引ききった状態から激鉄が落ちるまでが長いんです。長いと言っても、実際には引き金を1mmか0.5mm引くだけだと思うんですが、ゆ~っくり引き金を引くと、右手の人差し指で“激鉄にひっかかったシア(←日本語でなんと言うのか分からない-_-;)を外してますよ~”ってのを実感する感じ。これは、激鉄が落ちるタイミングの把握が非常にしづらい。CZシリーズの激鉄-シア-引き金の連結ってどういう機構なんだろうか?いつか勉強してみましょう。

#鉄砲の撮影は、背景を白にした方が良いですね!
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/148-4f265876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック