FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/04

もう日本ではタイのデモは報道されなくなったでしょうか?
UDD(反独裁民主戦線)は、2回の首相との直接対話を経て対話の中止を表明。4月3日に再度の大規模デモを表明しています。昨日(1日)付の在バンコク日本大使館からの注意喚起はこちら↓
独裁民主戦線(UDD)による集会実施に関する注意喚起

そんな中、バンコク市場が2年ぶりの高値だそうです↓
東南アジア株式=全面高、ジャカルタは過去最高値目前
「政教分離」ならぬ「政経分離」ですよね^_^;)、こんな国もあるんですね・・・ビックリです。

----------------------------------------------

私が主に鉄砲を撃っているのは、シューターズ・ギャラリーさんとこのタイ警察の射撃場です。ネット上では、もう1つ、外国人が射撃をすることのできる会社を見つけることができます。それが、Gun Shooting Tour Service in Bangkokという会社。ここは陸軍の施設を使っています。いずれも、民間射撃場ではなく、警察と軍ですから、射撃場と銃の管理・手入れという点では安心できます。シューターズ・ギャラリーさんは日本人スタッフ(ラチャダンさん)常駐、Gun Shooting Tour Service in Bangkokさんは日本人はいませんが、日本語のできるタイ人スタッフがいます。この方、日本で働いてたこともあるそうで、日本語はかなり上手です。

下の写真は、陸軍の射撃場で撃った時の物。

P1070407.jpg
ここは警察の射撃場と違って屋内射撃場です。ただ、屋内といってもビル内ではなく平屋建て。正直、建物はかなり古く、気密性など全く無し^_^;) 入り口の扉は開けっ放し。発射音は周囲に響きますが、周囲一帯が軍の施設なんで問題ないんでしょう。床は人工芝、画面奥の着弾する部分の土手には砂が盛られています。

私は15m先の紙標的をゆっくり撃ちたいのに、この日は教官氏、20m先のフォーリングプレートを撃てと言う。あ、ここも外国人には教官として兵隊さんが付いてくれます。フォーリングプレートとは、分厚い鉄板製の標的で、弾が当たると倒れるので、当たったかどうかが一目瞭然。まぁ、いいかぁ・・と思いつつ撃ちます。結果、6枚のプレートを倒すのに1弾倉(7発)使ってしまった。つまり1発ハズしたんです。でも最後の標的が落ちたときに、となりから「お~っ」という声と同時に拍手が。となりでは、Thai Practical Shooting Clubという団体が練習をしていたのです。メンバーの一人が話しかけてきます。『お前、警察官か?』・・・・・・^_^;)

P1070417.jpg
P1070409.jpg
この日は、.45ACP口径を撃ちました。上はガバメントのシリーズ70、ステンレス製。下は同じシリーズ70をカスタマイズした物。1980年代の米国ジム・クラークによるボーリング・ピン・ガンを模したようです。これが米国でカスタマイズされてタイに輸入されたのか?、それともタイでカスタマイズされたのか?は分かりませんでした。インストラクターの兵隊さんはやっぱり英語ができないのです。タイ語が分かればなぁ・・・。照門(リアサイト)は、モロにボ・マー風でしたが、ボ・マーの刻印は無し。

カスタマイズされたモデルには、マズルにカッツ・コンペンセイター*が付いてるでしょ? 今回の収穫は、上の2丁を撃ち比べて、コンペンセイターの効果を実感できたこと。カスタムとオリジナルとでは、明らかに反動の感じが異なっていました。ただ、カスタムの方が、反動が軽いかと言うと微妙です。オリジナルの反動はど~んと一発で来るのに対して、カスタムは、なんと言うか、反動が2段階で来るような感じ。体感的に反動が軽い感じはしたので、飛んだり跳ねたりしながら1秒に2発撃つ、なんて撃ち方には有利なのかもしれません。ただ私みたいに、よ~く標的を狙ってゆっくり撃つ分には関係ないですね。むしろオリジナルのダイレクトな反動の方が、個人的には好き。

*コンペンセイターとは何ぞや?という方は、こちらのサイトをご覧ください↓
http://taka25th.cathand.com/newpage255.htm#15p
私、常に参考にさせて頂いてます。

このカスタムモデル、実は全くダメダメなんです。撃っているうちに、マガジンキャッチが緩んできました^_^;) それに何より、撃った後に撃鉄がコックされないのです。撃った後、撃鉄がセーフティノッチで止まるんです。おそらく引き金を軽くするために、シアにかかるバネを弱めすぎたんじゃないですかね?という事はもしや・・・と思っていたら、起こりました!150発の内、2発バーストが3回も起こったのです!。この時撃っていたのは、紙標的ではなくフォーリングプレートだったので、2発目がどこに着弾したのかが、分からなかったのは残念です。

運が良いと(悪いと?).45ACPのバーストが撃てるGun Shooting Tour Service in Bangkokさんとこのガバメント・カスタムです^_^;)

関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/154-01bb25b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック