FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

はい、こことか、ここで書いたトゲシャコです。最初は物珍しさで食ってたんですけど、冷静になってみるとそんなに美味くはないんです。何しろデカいんで、最初はおぉ~っと思うんだけど、少なくとも長崎の港で買うシャコに比べるとかなり味は劣る。もっとも長崎では活きたシャコが買えたのですが、バンコクでトゲシャコを活けで買うのはたぶん無理でしょう。それを前提で言うなら、トゲシャコは水っぽくって旨みに欠ける。それが結論。この大きさでシャコのように旨かったら、どんなに美味しいか・・・と思うのだけれど。

P1070711.jpg
水っぽい-身に水分が多い-と思うのは、例えば生状態で剥いた時に、身がぷるぷるでいかにも締りがないと感じること。だいたい、生状態のシャコの殻を剥くのは至難のワザです。でも、トゲシャコは比較的簡単に剥けてしまう。さらにですね、剥いた身を茹でたら・・・何と!消滅してしまったではありませんかっ!!!無い!?鍋の中からトゲシャコが消えた!!!と思って、鍋のお湯を捨てたら・・・↓
P1070717.jpg
・・・・・・どういう訳か、茹でただけで身がばらばらになってしまうのです。ホントに信じられないんだけど、茹でただけでこの状態。これは、シャコではありえないことです。・・・・・・水分が多いなら、水を飛ばすべく焼きではどうか?塩をして、オーブンに放り込みます↓
P1080005.jpg
トゲシャコの塩焼き。・・・焼いたにも関わらず依然として身に水分が多い。まぁ、味は悪くは無いんで、トゲシャコの食べ方としてはアリかもしれません。ただ、こうやって皿に乗せるのは、あまり意味が無い。何しろ、こいつはエビと違ってキッチンバサミが無いと殻が剥けないのですから。

タイのレストランでは、こいつはもっぱら、ぶつ切りのにんにく炒めで出て来ます。水分を飛ばすために、炒める、というのは良いのかも知れませんね。レストランの真似をしてやってみたのですが・・・
P1080048.jpg
レストランの味には到底及ばず-_-;) しかもにんにくのみじん切りを焦がしてしまった。

ふ~ん・・・、トゲシャコの美味い食い方を勉強するために、しばらくレストランに通いましょうか

シャコというのは、死ぬと急速に身が劣化します。筋肉中のライソゾームが活発なのかもしれませんね。長崎時代には、シャコこそ活けの状態で茹でなければ!と痛感したものです。それでいて、なぜかシャコはカニと違って、鮮度が落ちても全く匂いが変わりません。

長崎では、港で生きたシャコが1Kgあたり500円で買えました。油断するとシャコぱんちくらって、爪を割りそうな元気なヤツです。贅沢だよなぁ・・・。

関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/163-ec0eca9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック