FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

こちらの続きです。
イマイチかもしれんなぁ・・・とは思いつつも、もう一度、同じ店から噴火湾産のセコガニを取り寄せてみました。
DSC_9898.jpg
全7尾でしたが、これは大きい3尾。その他、小さい物が4尾でした。

今回も蒸しましたが・・・
DSC_9899.jpg
外子をこれだけ抱えてるって時点で、期待薄だろうなぁ・・・とは思ったんです。
果たして、予想通り。ほとんど内子が入っておらず、全く期待外れでした。

一番小さかったのが・・・
DSC_9919.jpg
唯一の当たり!
でも、これ以外は、内子がほとんどありませんでした。
これをセコガニとして売るのは、どうなんだろうか??? 山陰産のセコガニに比べるとあまりに差が大きい。これは何の差かというと、商品管理の問題でしょうね・・・。山陰産のセコガニって、確か年間の漁期が2か月間だけですよね? だから必然的に一番良い時期のセコガニが売られるんでしょう。対して、噴火湾産の物は、山陰産のセコガニに負けないくらいミソと内子が入っている時期もあるんだと思いますが、そうでない物も多い。そういうことなんじゃないかなぁ。

それとも北海道人は、外子をありがたがるのか???

結論。セコガニは、シーズンに山陰産を買うに限る。それが一番安くて旨い。

DSC_9918.jpg
今回も頑張って、小さい足の身をむいたら・・・

DSC_9910.jpg
翌日、カニクリームコロッケになっていた。
あ、これはこれで美味いね ^_^;)
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/1688-1c79aa06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック