FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

グリコのレトルトカレー、LEEを買った。
DSC_7185.jpg
『スパイスオブザワールド 辛さ×30倍』。今夏の限定品。限定4,000個だという。

DSC_7193_2016073017500736b.jpg
かなり期待していたのだ・・・・

結論から言うと、私的には「中途半端」だ。

「辛さ×30倍」というのは、単純な辛さはココイチの5倍より、かなりマイルド。私としては、圧倒的に辛さが足りない。
「スパイスオブザワールド」の名の通り、スパイシーさは楽しめる。これは、他のレトルトやルーのカレーには無い特徴だからありがたい。ただし、当たり前かもしれないけど、インド料理屋で食べるカレーのスパイシーさには比べるべくもない。『スパイスオブザワールド 辛さ×30倍』も頑張ってるとは思うのだが、やはりスパイスというのは鮮度なのだ。スパイスの素材としての鮮度ではなく、料理に混ぜ合わせた後の鮮度なのだ。

要するに中途半端なのである。そして、『スパイスオブザワールド 辛さ×30倍』を中途半端と思わせるのは、その価格なのだ。レトルトカレー1パックが実に880円。880円出したら、ココイチでカレー食えるぞ? 880円出したら、福岡ならインド料理屋でランチ食えるぞ?

レトルトカレーとして、味は実に個性的かつ美味いと思うのだ。その点は、非常に魅力的。このレトルトカレーが200円だったらバーゲン。300円でもかなり魅かれる。しかし、400円だったら・・・「スパイシーな物食いたいから、あそこのインド料理屋行くか?」となるのだ、私なら。

しかし、「スパイシーな物食いたいけど、インド料理屋行くヒマが無いんだよなぁ・・・」という人にとっては、非常にありがたいレトルトカレーではなかろうか? それくらいスパイシーで個性のあるレトルトカレーだ。

つまり、『スパイスオブザワールド 辛さ×30倍』は、その人のライフスタイルによって、価値が変わってくるカレーと言えましょう。人のライフスタイルに影響を与えるレトルトカレーが、この世の中にどれだけあるでしょう? その意味では貴重な存在です。 その意味では・・・期待も込めて、来年のLEE夏限定も買いましょうか ^_^;)

#25年くらい前? の、あの辛さとスパイシーさは、今ではもう発売できないんだろうね・・・(涙)
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/1698-6a8b25b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック