FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

唐突ですが・・・思えば結構カニ汁は作ってきましたよね・・・このブログにおける初出はこちらかな? で、直近はこれかな? 前回の結論は、「カニだけで旨いカニ汁を作るのは無理。「風味」はカニだけで十分出るが、「旨味」はカニだけでは不十分。旨いカニ汁を作るには、旨味を昆布等で補ってやる必要あり」でした。要はイマイチだったわけです。

カニ汁って、たまに作りたくなるんですよね。まだまだ全然極めてないし。で、思ったんです。カニ汁の代名詞である鉄砲汁というのは、ハナサキガニがオリジナルです。私、ハナサキガニ好きです。カニとしては漁獲量が多くないし、商品的にも中途半端な位置付けと思うのですが、私はあの独特の風味が結構好きですね。ちょうど今は、ハナサキガニのシーズンです。そうだ、ハナサキガニでカニ汁=鉄砲汁を作ってみよう!

先ずは、ハナサキガニをどうするか? 今はシーズンなので、ネットでお取り寄せするのは簡単なんですが、味噌汁のために活のハナサキガニを丸ごと買うというのは、私の経済力では少々厳しい -_-;) 第一、そんなお金があるならモデルガンを買うべきだ。でもね、規格外品(たぶん)をぶつ切りにした冷凍の「鉄砲汁用」と称するハナサキガニは結構売ってるんです。例えば、地元の漁協の商品だと「カット花咲ガニ(鉄砲汁用)」というのが500gで600円で売られている。よし、こういうのを買おう!

しかしっ! 漁協の直販って、商品価格はそこそこ安いんだけど、送料がどこも高い。600円の商品に約2,000円の送料は、どう考えてもバカらしい。じゃ、2,000円の送料がバカらしくないと思えるくらい他の商品も買うか? しかし、悲しいかな、単一の漁協だと、商品のバラエティに乏しく、とても1万円分何か買うか?って気にはならないのです。大体、送料2,000円というのは、昨今のアマゾンや楽天の送料を考えると、よほど商品が魅力的じゃないと(そんな商品、どれだけある?)、商売成り立たないでしょうね。漁協の直販というのは、積極的に支持したいのだけど、この辺が一つの課題でしょうなぁ・・・。

ぶつ切りのハナサキガニ欲しいなぁ・・・でも商品価格をはるかに超える送料は払えないよなぁ・・・・・・と悩むこと、約1か月

見つけましたっ! 楽天でぶつ切りハナサキガニが1kgで999円(送料別)という商品! 送料は1,200円なんだけど、この店は商品のバラエティが豊かなので、冷凍のカニクリームコロッケ、冷凍のタコから揚げ、真空パックの訳ありのイカ飯と合わせて購入です。ちなみに、冷凍のコロッケとかから揚げは、冷凍庫にあると、忙しい夕方やお弁当用に家人が重宝するようです。自分の趣味にお金を使う時は、一緒に家人が喜ぶ物を買う、というのは鉄則ではありますまいか。

IMG_0461.jpg
こんな感じ。これで全体の1/3くらいだから、大体300gくらい?

IMG_0462.jpg
あ、ミソも入ってる。

IMG_0463.jpg
水は1L。こんな感じで火をつけますよ。

IMG_0464.jpg
あ、ツメも入ってた。このツメからするに、相当小さいハナサキガニですね。

IMG_0465_20160730175641851.jpg
灰汁が大量に出るのですくいます。

IMG_0466.jpg
20分ほどぐつぐつしました。

これに味噌を入れると・・・
IMG_0481.jpg
鉄砲汁の完成! 具はダイコンとニンジンに豆腐。

あれ?期待していたより美味い。っていうか、結構美味い。初めに昆布で出汁を取ったせいですかね? それともハナサキガニだからですかね? いずれにしても、カニ汁には出汁必須ですね。昆布でちゃんと出汁を取ってやると、強いカニの風味と相まって、かなり美味い味噌汁になりますね。

ぶつ切り冷凍ハナサキガニ、まだ700gくらい残ってるから、引き続き研究しよう。

関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/1699-827c0d54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック