FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/031234567891011121314151617181920212223242526272829302020/05

いつものようにシューターズ・ギャラリーさんとこでの射撃です。最近私、指導警官に顔を覚えられてしまいまして、私が行くと、警官がいろんな私物鉄砲を出してきてくれるようになりました^_^;) 指導警官は何人かいるんですが、いわゆるガンマニアが多いみたい。この日付いてくれた方は、はっきり言って相当なヲタクですよ。6丁のガンケースを出してくれました。うち一つはCZ75D SP1。これは前回撃ちました。.357マグナム口径の回転式拳銃も2丁あって、かなり魅かれたのですが、それ以上に異彩を放っていたのがコレ↓
P1070889.jpg
P1070888.jpg
なんじゃコレ!?パッと見、どう見てもカッコ悪いですよね?

よく見ると、遊底(スライド)は銀色に光るステンレス製ですが、黒色のフレームは何と!プラスチック製。遊底(スライド)には、Smith & Wesson MP9の刻印。へぇ~、これってスミス&ウェッソン製なんだ。スミス&ウェッソンがプラスチックフレームの鉄砲造ってるなんて知らなかった。

初物に目が無いワタシ、撃ってみましょう。
P1070890.jpg
で、この鉄砲ね、グリップの後部が脱着式で、大・中・小の3種類を交換できるんです。射手の手の大きさに合わせて選べるというわけ。私は「小」で撃ってみたのですが、もう少し大きい方が良かったかも。「大」を選んでも、引き金までの距離がそれほど伸びるわけではありません。

P1070899.jpg
CZ75D SP1と撃ち比べてみました。左がCZ75D SP1、右がS&W MP9。

撃った感触は明らかに違います。これを文章で表すのは難しいのだけど・・・。S&W MP9の反動は明らかに“バネ感”がするのです。びよ~んって感じ。リコイル・スプリングが、仕事してますぅ~って感じ。掌の中で、びよんびよん跳ねる感じ。ど~ん、という一過性の反動ではなく跳ねる感じ(←って言っても伝わらないよねぇ・・・-_-)。なんじゃこりゃ!?と思って、当初は撃つつもりではなかった、CZ75D SP1を比較のために撃ってみました。S&W MP9を経験すると、CZ75D SP1も確かに“バネ感”を感じるんだけど、S&W MP9ほどでは全然無い。この、S&W MP9のびよ~んな感じはどうも好きになれないなぁ。まぁ、慣れなんだろうけどね。それを考えるとガバメント系は、全く“バネ感”の無い、ど~んなストレートな反動です。ガバメント系が良く当たるのは、この辺も影響してるのかもしれません。

P1070896.jpg
S&W MP9、15ヤード、1弾倉(17発)。左下にずれてますが、あえて照準は変えず。
びよ~んに戸惑ったんで、結構散らばりました。この鉄砲を撃った収穫は、びよんびよんするんで、しっかり握っていないと!と改めて思わせてくれたこと。しっかり握っていないと、いかにも散らばりますよ、って感じがするんです。次回は、しっかり握って、よ~く狙って.38 specialのS&W M67で練習しましょう。

この鉄砲を撃ってのもう1つの感想というか驚きは、プラスチック部品の多用。黒い部分は、照門(リアサイト)を除いて全てプラスチック製です。手動安全装置のレバーなんて、実に頼りない。1,900円のマルイのエアコキと良い勝負ですよ。コレでホントに大丈夫なの???って思ってしまう。モデルガンより頼りない。
P1070897.jpg
引き金もプラスチック製。しかも引き金は2分割されてるんです! 引き金をちょっと引くと、引き金の下半分だけが動いて、引き金安全装置を解除します。この引き金、手動安全装置をかけたまま、強く引いても折れたりしないんだろうか?心配になります。

まぁ、でもMP(military and police、軍と警察用)を名乗ってるだけあるから、頑丈なんでしょうね。プラスチック素材の進化には驚くばかりです。

関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/174-5d65a07d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック