FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

プラモデルを買いました。
DSC_3100.jpg
ゼロ戦の21型、エフトイズというメーカーの、フルアクションというシリーズ。1,000円なり。

DSC_3101.jpg
中身こんな感じ。正確に言うと、これはプラモデルではなく、おもちゃ付き菓子。
右に白い四角が見えてますが、これはガム。これが、この商品の本体。プラモデルは“おまけ”。いわゆる食玩というジャンルの商品です。なぜこんな物を買ったかというと、このプラモデル、スナップフィットだという。スナップフィットとは、つまり接着剤を使わずに、部品をパチパチはめ込んでいくだけのキット。ガンプラじゃあるまいし、1/72の飛行機でスナップフィット??? そこに興味があったのです。

組立説明書。
DSC_3108.jpg
この時点で、あっ!マズい・・・とは思ったのだ。

エンジンを組みます。
DSC_3111.jpg
こんな感じ。右上に2つ見えているのは、九七式7.7mm機関銃。

これがどれくらいの大きさかというとですね・・・
DSC_3116.jpg
これくらい。私の指先と比べて下さい。

エンジンとコクピットを連結します。真ん中やや右に見えている棒は操縦桿です。
DSC_3112.jpg
こうして見ると、戦闘機のパイロットというのは、巨大なエンジンにしがみついてるんですね。

DSC_3129.jpg
何とか30分くらいで、ここまでたどり着きましたが・・・

DSC_3130.jpg
見て下さいこの大きさ(小ささ)。

そしてこの塗装。
DSC_3122.jpg
真ん中の四角を見て下さい。

拡大するとこんな感じ。
DSC_3114.jpg
この四角、縦横8mmくらいです。ということは、これは塗装ではなく、印刷なんでしょうね。

1/72の飛行機のプラモデルが、塗装済み、スナップフィットで1,000円というのがどういう品なのか? 大変興味があったのですが、これは結構スゴいと思いますよ、インジェクションや印刷の技術が進歩したんだろうなぁ・・・・・・。と同時に。組立説明書の字が見にくい、と思った時点でアヤういとは思ったんだけど、正直、目がキツい。小さい部分が見えない。どうしても見えない。悔しいけど、老眼を認めざるを得ない。

もしかしたら、オレにはもう本格的な1/72の戦闘機は作れないんだろうか???
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/2069-f3d11350
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック