FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

こちらのカキ小屋がイマイチだったので、今日は私設カキ小屋です。
DSC_3338_20180211101222232.jpg
いつものサイトで、機材をセッティングして・・・

火をおこします。
DSC_3344.jpg
以前も書きましたが、この火起こし器、めちゃくちゃ楽です。新聞紙1枚あれば炭に火が着く。

DSC_3337.jpg
カキはネットでお取り寄せ、宮城県松島から。これで5kg。5kgで送料込み3,500円だったから、格安と言うべきでしょう。

DSC_3346.jpg
焼きます。

DSC_3352.jpg
身入りは悪くないと思いますね。

このカキ、「無選別」と称して安く売られていたのです。
DSC_3350.jpg
「無選別」の理由はこんなところでしょうね。上写真のカキは全て2つがくっついてます。3つがくっついている物もありました。味に影響はないんだけど、若干焼きづらい。でも、まぁ、このカキが5kgで送料込み3,500円だったら、十分お買い得と思いますね。いつまでもこの値段で売って欲しいところ。

私にとって殻付きカキというのは「安い物」というイメージがあるのです。今からもう10年以上前ですが、長崎時代には大村湾岸のカキ小屋で、殻付きカキは1Kg500円だった。当時のカキ小屋というのは、殻付きカキと炭火だけを提供して、その他の食い物や飲み物は無いので、持ち込み全て自由。今思えば漁師さんのお小遣い稼ぎのような物だったんでしょうね・・・。

しかしながら、今やカキ小屋というのは、ちょっと高級な店です。前回のカキ小屋では、大人2人に5歳児&2歳児で1万円を超えた。飲まずにだ。そう考えると、カキ小屋は私設に限るね。

DSC_3353.jpg
ひとしきりカキを焼いたら、残り火にサツマイモを投入。

DSC_3354.jpg
イモも焼けた!
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/2078-2227b12d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック