FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2019/051234567891011121314151617181920212223242526272829302019/07

こちらの続きですかね。
P1100763_20181222172326a36.jpg
またまたやって来ました、北九州市立いのちのたび博物館。
うちの3歳児は恐竜大好きで、いつでも来たがるのですが、今回は私が行こう!と言い出しました。理由はスーを見たかったから。なぜ、スーを見たいと思ったかと言うとですよ、子供向けの絵本の解説に、スーの脚には骨折が治癒した痕がある、という記述を見たから。前回、肋骨骨折の治癒痕には気付いたんだけど(この辺参照)、脚が折れてたのには気付かなかった。って言うかさ、野生動物って、脚折れたら、死ぬんじゃないの? 野生で脚が折れたのに生き延びるなんてありえないでしょ? それともティラノサウルスは、骨折治療の医療技術を持ってたの? だからね、かなり興味を持ってネット上を調べたんだけど、脚のどこが骨折・治癒したのか?イマイチ良く分からないのです。ネット上には詳しい記述が無い気がする。何よりウィキペディアでは、スーの骨折に全く触れていない。スーの脚に骨折・治癒痕があるって、ホントなのかな??? ・・・・・・まぁ、脚の骨といっても小さな骨もあるから、そういう事ですかね? あんまり小さい骨だと、私には見付けられないかもなぁ・・・なんて思いながらの訪問です。

P1100733.jpg
ティラノサウルスのスーさんです。
なぜ、この個体を「スー」と呼ぶかというと、この化石を発見したスーザンのスーです。詳しくはググってください。

よ~く見たんだが・・・
P1100751.jpg
たぶん、ここでしょ? 左腓骨です。

P1100737.jpg
ココだよね?

P1100750.jpg
この盛り上がった部分。

後ろから見ると・・・
P1100736.jpg
確かに異常です。
かなり骨が変形していることは分かるんだが・・・コレって骨折治癒痕なのか??? 私は骨の専門家をやっていたことはあるが、残念ながら化石の知識は無い。コレが骨だったら、何らかの骨疾患でしょうね、ってとこだけど化石ですからね・・・。スーが死んで、骨が土中に埋まって、その後の何らかの作用で骨が変形したったことは考えられないの??? 何の説明もなく、これが骨折治癒痕と言われても、納得いかんぞ!

・・・とか言いながら、全く関係ない部位を見ている可能性が無いとも言えません。どなたか、スーの脚のどこが骨折・治癒したのか? 教えてくれませんか!? って言うかさ、博物館の解説にそういう情報が欲しいんだけど? 北九州市にお願いしてみようかな?

北九州市立いのちのたび博物館には2体のティラノサウルスがいます。もう1体がコレ↓
P1100749.jpg
ティラノサウルスのスタンさんです。
なぜ、「スタン」という名前なのかと言うと、やっぱり化石の発見者の名前がスタンだから。

P1100756.jpg
右ですが、同じ部位。表面ツルんとしてきれいなもんでしょ。普通はこうなんだと思います。
なんだけど、脛骨の遠位端は明らかに造形なので、オリジナルの化石の状態がどうなのか?が気になりますね。

北九州市立いのちのたび博物館、私は大好きなんです。恐竜化石展示スペースに丸一日居ても飽きることはないですね。って言うか、居てみたい。開館と同時に入って、閉館までずっとこのスペースで化石を眺めていたい(が、6歳児と3歳児を抱えていると、それは無理だ -_-;)。それを1週間やそこらやっても絶対飽きないよ。

思うんだけどね、展示に解説が欲しい。ティラノサウルスとは何ぞや?という解説は、ネット上でも子供向けの絵本でも読めるので要らない。そうではなく、それぞれ化石(のレプリカ)の由来に関する解説がぜひ欲しい。ティラノサウルスって、世界で一番有名な恐竜の1つですよね? でもね、ティラノサウルスの全身化石って世界中でたぶん10体程度しか無いんです。ティラノサウルスを知ってる人はいっぱいいても、ティラノサウルスの全身骨格が、全世界で10体程度しか掘り出されてない事を知ってる人ってほとんどいないですよね? ティラノサウルスの全身骨格って、極めて貴重なんですよ。で、北九州市には、そのうちの2体(のレプリカ)があるのです。それだけでも、この博物館を訪問する価値があるというものです。化石の背景を解説することによって、展示の価値が上がると共に、化石に興味を持つ人が増えると思うんだけどなぁ・・・北九州市にお願いしてみようかな?

さらに言うとさ、世界中のティラノサウルスの全身骨格のレプリカを、この博物館に全員集合させるのってどう? 「レプリカ」と言っても、大変貴重な物で、お金を出せばいつでも手に入るって性質のものじゃないんだけど・・・どうだろう? 北九州市にお願いしてみようかな?

スーのオリジナル化石は米国イリノイ州のフィールド自然史博物館に、スタンのオリジナル化石は、米国サウスダコタ州のブラックヒルズ地質学研究所に展示されています。

3歳児よ、北九州で一緒にレプリカをしっかり観察してさ、例えば、お前が、頭骨の写真を見て、スーとスタンの区別がつくようになったら、オリジナル化石を見に、米国の博物館巡りツアーに出ようぜ! (その時でも、6歳児は「恐竜行きたくない・・・」とか言うのかな? ^_^;)
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/2295-1953aa0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック