FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

本棚をひっくり返したついでに。
IMG_2951.jpg
雲仙の写真集2冊。
 左: 上野節夫 (1927) 「雲仙」 雲仙岳後援会.
 右: 井手傳次郎(1930) 「写真書集 島原雲仙圖會」 寫眞館響本館.

両書とも、昭和初期の島原や雲仙温泉を記録したなかなか貴重な写真集です。雲仙温泉は、明治半ばから西洋人観光客で栄えたのですが、西洋人の避暑地としての雲仙温泉の歴史は、第2次大戦で途絶えます。この2冊の写真集は、西洋人の避暑地としての雲仙温泉の最後の時代を映したもの。

「雲仙」から1枚。
IMG_2953.jpg
めちゃくちゃ急な滑り台! こんな急な滑り台、今では安全の観点から設置できんでしょうなぁ ^_^;) 場所は、昔の小学校、今のかきつばた公園。スゴく樹が茂ってますね・・・。

「雲仙」の方は、古書店で見つかればそれほど高くはないと思います。

「写真書集 島原雲仙圖會」から1枚。
IMG_2954.jpg
ん? 昭和の初めの小地獄にこの建物って何??? 先代の小地獄温泉館の建物って、大正8年築ですよね? この写真集の出版は昭和5年ですが、この写真は、大正8年築の先代の温泉館のさらに前の建物なんじゃないの???

「写真書集 島原雲仙圖會」は、革張り表紙の大変豪華な本です。表紙の馬はエンボス加工された革片を縫い付けています。残念ながら、私が持っている個体は、見ての通り、状態が良くない。状態の良い個体を買い直したいのですが、この本はどうも発行部数が少なかったらしく、なかなか状態の良い物が見つかりません。

以上2冊、昭和初期の島原半島と雲仙温泉の風景を知るには、必携の書。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/2442-8a7552fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック