FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

P4240188.jpg
日本にいて、靴がこうなったら、もうこれは靴ではなくゴミではないか?

底が剥げたんです。この靴は、底を本体に接着しています。接着剤が剥がれてしまった。ただ、底の減り具合からすると、まだまだ十分履ける。しかし、今の日本で底を接着しなおしてまで履き続ける人は稀でしょう。しかしここはタイです。街中の路上には靴修理職人があちこちにいます。

P4240191.jpg
クロントーイ市場の路上靴修理屋。

このオヤジ、靴を見るなり底にキリを刺す真似をしながら『OK?』と聞いてくる。一瞬意味が分からない。と、次にオヤジは、太い針と糸を手に取り、縫う真似をする。そういうことですか・・・どうやら底を本体に縫い付けるという事らしい。果たしてそんなことができるのか??? 私が怪訝な顔をしていると、オヤジ『この靴はヒールが高いので、接着だけではダメだ。横方向の力が加わると接着が持たないから、縫わなきゃダメだ』と・・・身振りで説明する。なるほど。まぁ、ダメ元なんで『OK!』と返す。修理代は120バーツ(約335円)だという。結構な額なんで、もしかしたらフッかけられてるのかもしれない、という気もするんだがやはり『OK!』。オヤジは3時間後に来いと言う。3時間で縫えるのか???

P4240192.jpg
しばらく作業を見ていると・・・先ずは、刷毛で接着剤を塗ります。

P4240193.jpg
この手の接着剤を乾かすのは常識ですな。ある程度乾いたところで一気に圧着するんです。

作業を見ていたい気はしたんですが、3時間路上に座ってるのもナンだなぁ・・・と思って一旦家に帰りました。

P4240204.jpg
3時間後。再度やってきたら、オヤジは靴墨をつけて磨いているではないか。どうやら作業は終わったらしい。

P4240211.jpg
じゃ~ん!出来上がり。底のゴム部分、横方向に縫い目が走っているのが分かりますか?デザイン的にそんなに違和感は無いよね?

P4240212.jpg
こんな感じで、ぐるっと一周縫われてしまいました。

この靴って、こういう縫い付け方ができるような構造になってるか???という疑問はあるものの、底を剥がすような方向にかなり力を入れて引っ張っても、とりあえずびくともしない。ふ~ん、これでこの靴はまたしばらく履けるでしょう。

物を大事にする。1つの物を長く使う、というのはカッコ良いと思う。しかし、この靴が復活できたのは、タイの人件費の安さがあるからです。日本でこんな作業をしたら、一体いくらになるやら。先進国には、『修理したらまだ使えるのに、コスト的に修理するのは不経済』という物が溢れています。この状況は何とかならないものでしょうか?
関連記事
この記事へのコメント
コメント残します。
同じくタイに行くたびに、お直しをお願いしています。
初めてのタイで路上で見かけたお直しに半信半疑で眺めつつ、二度目のタイ旅行で利用してみて、仕上がりの良さ、スピード、なにより価格の安さから、行くたびにお直しもので行きから、スーツケースの中がパンパンになっています。
このようなお直しの文化が日本でも浸透し、新しいものが、オシャレ、かっこいいと言う風習が減り物を大事にする感覚がふえればいいのになと、タイに訪れるという友人たちには必ず進めるようになりました(笑)
2014/03/25(火) 16:59 | URL | けい #H6hNXAII[ 編集]
けいさん、初めまして。
コメント、どうもありがとうございます。古い記事にコメントが付くと、自分もその時の事を思い出すから良いですね。

今日、本屋で見たファッション雑誌の表紙。『2年しか着れないのはもったいない、10年着れるのは恥ずかしい、だから5年着れる服!』みたいな見出しがありました。私なんか、靴でも服でも最低10年を目指してるんですけどね・・・。古いのがカッコ良いっていうんじゃなくて、モノを大切にするっていう文化ですよね。日本でも昔は当たり前だったそういう考え方が見直されると良いのにな、と思っています。

タイにはまだまだ『お直しの文化』が残ってますよね。近代化が進むと共に、大量生産・大量消費の文化に飲み込まれなければ良いなぁ・・・と思っています。
2014/03/26(水) 19:04 | URL | ncc1701b #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/248-9c48eaae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック