FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

ほったらかしになってた、こいつを作りましょうか。
IMG_2259 (2)
フォッケウルフのFW109A。1,000円の食玩です。

IMG_2261 (2)
小さいランナー4枚にボディと羽根。

IMG_2262 (2)
このシリーズ、毎回のことなんだけど、ランナーに部品番号が無いのは止めて欲しい。

というのも・・・
IMG_2260 (2)
正直、組立説明書の字を読むのが、少々大変なのだ。

もう引退すべきかねぇ・・・。イヤ、でも、見えさえすれば、指先やピンセットを使う器用さは衰えてないと思うのだ。この辺は、その昔、透過型電子顕微鏡用の試料を作ったり、顕微鏡下で生きた細胞にマニピュレータを使ったりしていた経験が活きていると思うのだ。まぁ、頭の中のイメージだけかもしれんけどな。あ、そうだ!スタンド式のルーペ買うか!?

IMG_2264.jpg
コクピット、できた!
手前は、私の親指の爪。真ん中の棒は操縦桿。これを差し込む穴は、肉眼では見えなかった。
写真に撮ると、バリがあるようにも見えますが、何しろ肉眼では見えないので気にしない ^_^;)

IMG_2271 (2)
エンジンもできた!ただし、たぶん排気管は正しい位置に接着できていないと思う。
左から、エンジン、機関銃、コクピット。

このキットで、一番小さい部品は・・・
IMG_2273_20200302182301ecd.jpg
コレ、どっちが前だ・・・? と思って携帯で写真を撮って拡大する始末 -_-;)

こういった塗装済キットでありがたいのは・・・
IMG_2275 (2)
キャノピーです。
これが塗装済というのは、大変ありがたい。戦闘機のプラモデルのキャノピーは透明部品なんですが、普通の未塗装のキットの場合、枠部分を塗装する必要があります。これが大変なんですよ! 筆塗りだとはみ出るんで、マスキングテープを使うんですが、日本軍の戦闘機の場合、マスキング作業だけで1時間とか2時間かかります。これがもう・・・心が折れそうになります。

IMG_2280_20200302183509d6c.jpg
さて、1時間ちょっとでここまで形になるというのは、塗装済キットの良いところですね。

完成した姿はまた次回。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/2534-62a516ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック