FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

こちらの続きです。
IMG_2459.jpeg
もうこれで完成としよう(涙)。

IMG_2460.jpeg
あぁ・・・何か落ち込むねぇ・・・。

さて、今週は、大量のプラモデルを買い込んでしまいした。
IMG_2462.jpeg
こんな感じの飛行機をまとめて20数個。ヤフオクで2,500円くらいでした。1個あたり125円。これは格安でしょう!

何で格安だったかというと・・・
IMG_2463.jpeg
箱がぼろぼろだったから。上箱だけで、下箱のない物も。

しかも・・・
IMG_2464.jpeg
コレ、相当古いですよね? 箱に入っておらず、こんなビニールパッケージの状態のプラモデルって、私は記憶にありません。しかもエアフィックス製ですが、グンゼが輸入代理店だったようです。あ、機体は第2次大戦期のフィーゼラー社のシュトルヒです。

それに・・・
IMG_2466.jpeg
見るからに軍用機なんだけど、上は「日本号」、下は「きさらぎ号」とある。なんじゃこりゃ?ちょっと調べてみたところ、これらは、軍から新聞社に払い下げられた飛行機のようですね。

で、一番私の気を引いたのが、コレですよ・・・
IMG_2467.jpeg
パッケージ上面に全く文字が無いというのは珍しい。

箱を裏返すと・・・
IMG_2468.jpeg
Made in GDR。何と、まさかの旧東ドイツ製。

箱を開けると・・・
IMG_2470.jpeg
何やら紙物が多いですね。

これは・・・
IMG_2469.jpeg
昔懐かしいわら半紙というやつですか? ^_^;)

この飛行機、L-60という文字が見えますが、どうもチェコスロバキアが、第2次大戦後にシュトルヒの後継機として開発した軍・民両用の飛行機のようです。へぇ~、ってことは、前オーナは結構マニアックなポリシーを持ってコレクションしてたのかもね。

前オーナーの意思を受け継いで、2機一緒に作ってみるか? と思いきや、
IMG_2471.jpeg
どうも、スケールが1/72ではなさそうです。まぁ、確かに冷戦期の東側諸国が西側の習慣に従ってたとも思えんしね。

さて、20数個のプラモデルを一気に買い込んじゃったけど、果たしてこれらが形になる日は来るんだろうか? ^_^;)
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/2546-add159d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック