FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

さて、コロナ。

先週は、一段落か? と思っていたのですが、今週は特に東京で感染拡大、政府対策本部の設置、今週末は東京都内で外出自粛要請、東京都近郊の県で東京都への移動自粛要請と一気に緊迫感が高まりました。いつ非常事態宣言が出てもおかしくないですね。状況が目まぐるしく変わります。

東京では、この3日間で41人、47人、40人。これらの人は昨日・今日で感染したわけではなく、1週間とか2週間前に感染して、今発病してるわけです。先週末は3連休でしたよね? K-1とかやったよね? それらを考えると、今後短期的に感染者数が減ると考える理由がない気がします。1週間とか2週間前に東京で感染した人の中には、もう福岡を含めた地方に散らばった人もいるでしょう。引き続き最大限の身を守る警戒が必要ですね。

さて、F1。今週は、6/7のF1第8戦アゼルバイジャンGPの中止がアナウンスされました。第9戦は6/14のカナダGPですが、カナダは、東京オリンピックが予定通り開催されるのであれば、選手団を派遣しないと表明してましたので、6月に自国でF1なんてやってる場合じゃないですね。近いうちに中止のアナウンスがあるでしょう。その後は6/28フランスGP、7/5オーストリアGP、7/19イギリスGP、8/2ハンガリーGPと続くのですが、果たして開催できるでしょうか? 今、正に急拡大しているヨーロッパですから、望みは薄そうです。

さらにその後は、約1か月の夏休みを挟んで8/30ベルギーGP、そしてヨーロッパラウンドの最終戦、9/6イタリアGP。今から半年後、イタリアでF1が開催できるでしょうか? 中国は約3ヶ月で収束させましたから、不可能ではないと思いますが、中国は共産党支配でかなり強権的な政策が打ち出せること、また仮に一旦収まっても、世界中から何十万人も集まるイベントがすぐ開けるか? ということですよね。やはり望みは薄そうです。

もしかしたら今年のF1GPは、ヨーロッパラウンド終了までは全滅かもしれません。もしそんなことになったら、F1にとって経済的に大打撃です。弱小チームは存続の危機でしょうし、トップチームも例えばメルセデスやルノーなんかはF1から撤退を決めるかもしれません。2008年のリーマンショック時には、ホンダ、トヨタ、BMWがF1から撤退しました。来シーズンは、F1チームの再編成があるかもしれませんね。っていうか、F1運営会社であるリバティ・メディアがF1から撤退の可能性、という報道まであるじゃん! 

さて、コロナに戻ります。今週は、ルクセンブルクで患者数が日本を超えました。今現在、ルクセンブルクの感染者数が1,600人。ルクセンブルクって、面積2,500km2、人口60万人程度です。面積2,500km2って、九州だと佐賀県と同じくらいの広さです。60万人というと、鹿児島市の人口と同じくらい。ちょっと信じられないと思いません? また、イタリアと米国が中国の患者数を超えました。スペインもそのうち超えるかもしれません。世界的な流行に歯止めがかからない感じですね・・・。

今週注目すべき数字は、エクアドルとチリという南米の国で日本の感染者数を超えたことでしょう。エクアドルって、その名の通り、赤道直下の国ですよ(まぁ、高地も多いので全土で高温多湿という訳ではないが)。日本では夏になったら自然に収束すると考える理由が無くなりましたね・・・。

引き続き、各自、自分の命を守る行動をとりましょう。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/2550-90a378bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック