FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

前から興味はあったのだ。
IMG_2602.jpg
北海道からお取り寄せ。

中身は・・・
IMG_2667ed.jpg
ゴボウではありません。

水で洗うと・・・
IMG_2668.jpg
結構白くなりました。ゴボウのような明らかな皮は無い感じですね。

断面は・・・
IMG_2670.jpg
真っ白。ゴボウよりも密なモロに根っこって感じ。

これを・・・
IMG_2669_20200401202057a23.jpg
包丁で適当に切ります。結論を言うと、もうちょっと細かく切った方が良かったんだけど、もうこの時点でちょっとヤバいかも? という雰囲気。目と鼻にきます。

少々粗いですが、慌ててミキサーへ。適当に醤油も入れます。
IMG_2671.jpg
まだ固まりがあって、完全なみじん切りになっていませんが、もう限界。

タッパに移して・・・
IMG_2672_202004011940358db.jpg
出来るだけ空気に触れないように、上からラップを。そして冷蔵庫に。

しっかし、みじん切りにする時の辛味成分の揮発がスゴい!!! それはそれは、もう鮮烈です。ハバネロをすり鉢ですり潰した時も結構キツかったですが、カプサイシンと違って、イソチオシアネートは、鮮烈ですよ!!! カプサイシンは、舌とか鼻の表面にくるだけですが、イソチオシアネートは頭の奥にきます。日本人はイソチオシアネートの辛さを知っていますが、イソチオシアネートを知らない民族にとって、これは生物兵器になるのではないか??? ^_^;) それくらい鮮烈。まぁ、だから美味いんだけどね。

さて、1日後、ご飯の上に乗せます。
IMG_2686_20200401214503187.jpg
美味い!
そう、山ワサビの醤油漬けです。これは美味い!!! ただし、お茶碗のご飯に上写真の量を乗せると死ぬほど辛いです。

山ワサビの醤油漬け、これは美味い! 酒の肴にもなるし、飯の采にもなるぞ! これは優れモノ。ただし、ワサビの辛さは、本ワサビも山ワサビも揮発性だから、醤油漬けにして冷蔵庫に入れて、どれだけ辛味が持つか? 様子見だな。そこそこ持つようなら、またお取り寄せしよう!

山ワサビとは何ぞや? という方は、「山ワサビ」、「ホースラディッシュ」もしくは「セイヨウワサビ」でググって下さい。実は、市販のチューブ入りワサビの大部分は、多くの人がイメージする清流に育つワサビ(商品名だと「本ワサビ」)ではなく、この山ワサビなのです。だから、おそらく誰でも食べたことがあるでしょう。ワサビが清流に育つのに比べて、山ワサビは普通に畑で育ちます。原産は北欧ですが、北海道では雑草よろしく繁殖しています。

チューブ入りのワサビにひるむことは無い私ですが、生の山ワサビの辛さにはビックリ! です。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/2552-5a5c7fc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック