FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/031234567891011121314151617181920212223242526272829302020/05

今日は夕方から腹痛が痛い、いや胃痛かな???キリキリ痛む。
夕方から豪雨。お百姓さんのためには、雨は降ったほうが良いのだけれど、雨が降るとタクシーが捕まらなくなる。いつもは雨が止むまで待つんだけど、今日は止まない。雨の中30分。3台のタクシーから乗車拒否。「この、バカ運転手め」心の中でつぶやく。まぁ、運転手ににもいろいろ都合があるだろうからさ、そんなこと思っちゃいけないんだけど。

何とか家たどり着いた-_-;) 上腹部がキリキリ痛む。明日会社行けないかも

------------------------------
P1080887.jpg
伊勢丹にて。サイズは32インチ。定価は1,890バーツ(約5,063円)なんだけど、バーゲンで790バーツ(約2,116円)に値下がりしてた。なんだ、こんな安いのがあるんだね。前回、別にあんな高いヤツ買わなくて良かったや。

P1080886.jpg
このジーンズ、腰になにやら、ヘンな部品が付いています。コレ、何だか分かります?これは、シンチベルトと言います。シンチとはcinch。

現在では、ズボンにはベルトを締めますが、実はズボンの歴史に比べて、ウェストサイズを調整すると言う実用的な意味でのベルトの歴史は実に新しいのです。例えば、1920年代以前のジーンズには、ベルトループは付いていません。つまりその頃は、ベルトが一般的ではなかったということです。当時のズボンは、ジーンズに限らずベルトの代わりにサスペンダーで吊ってました。だから、その頃のジーンズには、サスペンダーを付けるためのボタンがあります。しかし、サスペンダーというのはなんともかったるい。そこで、腰でウェストサイズを調節するために、ジーンズにつけられたのがこのシンチベルトなんです。ジーンズにベルトループが付いたのは、1920年代後半だったと思います。つまりその頃からベルトが一般化してきたということですね。その後、ジーンズからシンチベルトが消えたのは、例えばリーバイスの501なら1937年の事。ということは、1937年頃にはもうベルトがかなり一般に浸透したということですね。

これらの事実から思うに、紳士服においてウェストサイズを調整するベルトが一般に普及したのは、1930年前後の10年間くらいの間だったのではないでしょか?紳士服における1930年代というのは、いろいろなデザインの新しい服が一気に生まれた時代です。現在に受け継がれているディテールも多くありますが、一方でその後に受け継がれず一過性のトレンドで終わった物も多くあります。つまり、1930年代の紳士服というのは、進化学で言うところの先カンブリア紀の生物爆発に相当するのです!。その爆発の中で、それまで装飾目的が主だったベルトは、ウェストサイズの調節という実用機能を得て、その後に受け継がれました。

上ジーンズのシンチベルトは、大昔のジーンズに付いていた部品をアクセントとして取り入れたもの。実用的な意味はもちろんありません。だいたい、昔のシンチベルトというのは、上写真のような位置ではなく、もっと上、ベルトループと同じ位置にありました。でもこのジーンズ、何か面白いじゃないですか。それに安売りされてたんで買っちゃいました。

Leeと言えば、その昔は101ライダースというモデルが定番だったのですが、どういうわけか、今のLeeには品番がない。これはタイだからでしょうか?

先日買ったリーバイスの501と合わせて、1年後にはこれらが履けないくらい痩せていると良いのですが・・・(←野望!!!
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/313-9d8fd0e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック