FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

あのさ、だからさ、わたしゃ別にブログ書くのが仕事じゃないんです^_^;) ちゃんと仕事してんですよ。そりゃ、まぁ、バンコクに赴任して以来、毎日のように書いてたけどさ。

最近は、土日に1週間分のエントリーをまとめて書いて、予約投稿機能を使って1日に1本ずつアップしてるんです。でね、先週末は気が向かなかった、そんだけなんだよ。だからね、ちょっとくらいブログが更新されなくてもちゃんと生きてますから、ご安心を^_^;)

最近、書く気力が無い。何がネックかというとですね、ブログを書くためにログインするのが面倒なんです。なんて言うとヘンに思われるかもしれませんが、ユーザー名とパスワードのたった2語を入れる気力が無いのです。まぁ、一度ログインすれば、こうやって書く気になるんだけどね。写真はいっぱいあるし、ネタも当分は尽きないんだけど。

まぁ、今日はせっかくログインしたんで、ちょっと書いときましょうか。

----------------------------------
今日の朝のこと。職場1の所長が、「環境省のサクシット次官が亡くなったらしい」。へ?なんで???「昨日、次官の乗ったヘリが墜落したらしい」。ええーーーっ!!!早速ネットでニュースをチェックしたのですが、朝の時点でネット上のニュースは「行方不明」でした。サクシット次官には私もお会いしたことがあります・・・。ちょっとショックだな・・・。ご冥福をお祈りしたいと思います。
タイ北部でヘリ墜落 次官、王室顧問ら5人死亡

----------------------------------

そういえば今日は日本でもヘリが落ちたんですね・・・
海上に海保ヘリ墜落、4人死亡1人不明 香川沖
乗っていた人数もタイと同じ5人かぁ・・・。

----------------------------------
今日は中国でも飛行機が1機落ちてますね。これは写真と報道のされ方を考えると、北朝鮮人民空軍のミグ21である可能性が極めて高い。どういうことだ?軍人の脱北か?もし脱北なら、中国は領空侵犯を認知した上で着陸させようと試みたたが、何らかの理由で(燃料切れ?)で飛行場手前に墜落したのでしょう。
中国で墜落、ロシアへ脱北の北朝鮮訓練機か

----------------------------------

日本では100歳以上の方の「非実在」がニュースになってますよね。私がもし死んだらどうなるんだろう?なんて考えます。もしオレがアパートで死んだら、何日くらいで発見されるだろう?

私は、バンコクで1人なんで、特に仕事上のいわゆるラインに属していません。私の上司であるオーストラリア人のPは、私同様2ヶ所のオフィスに机があり、かつ海外出張が多いので、事務所1に来るのは月に10日程度。私自身も職場2に行ったり、バンコク都内で会議があったりなんで、もし私が2~3日職場1に行かなくても、誰もおかしいとは思いません。メールの返信が無かったらおかしいと思われるだろって?いやいや、私はもうメールに返信しない常習犯なんで、2~3日メールが無くても誰も不審には思わないでしょう。メールというのは、もはや私にとってコミュニケーションの手段として完全に破綻しているのです。

1週間後には発見されるだろうか?う~ん、びみょうだなぁ・・・。Pがいれば、「アイツ、どこ行ってんだ?」って事になるんでしょうが、たまたまPが海外出張中とかだと、周りの連中は「アイツ、どっか出張中だっけ?」で終わると思います。

職場2の廊下には、『我が社の社員の死亡原因No1は交通事故です』のポスター。私が路上で死んだら一体どうなるんだろう?身元は判明するだろうか?私はパスポートを携帯していません。まぁ、携帯電話から分かるかな?でも、もし死ぬような交通事故にあったら携帯も再起不能になってる可能性がある。名刺は持ってるから、名刺から分かるかな?でも、もし運悪く事故現場からかばんを盗まれたりしたらアウトだな。首からドッグタックでも提げとくか?

----------------------------------
週末、気が向いたらまた書きます。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/341-a91d7f14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック