FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/04

この魚、アイブリ(Seriolina nigrofasciata)だと思って買ったんですけど、違いますかね???
P1100177.jpg
場所はいつものようにクロントーイ市場。

P1100182.jpg
アイブリ特有の縞模様が非常に薄いんですが、こんなもんですかね? お値段180バーツ(約483円)。

P1100183.jpg
実は今回、店の兄ちゃんが開いてくれました。

P1100186.jpg
見よ!この見事なさばき方!さすがプロ!背骨に沿ってうまい具合に包丁を動かして、身は完全に無駄なく反対側に付きます。やっぱ、脊髄神経(nervi spinales)の断面がスッパリ見えるってのがポイントだな。市場の兄ちゃん、これをわずか15秒くらいでやっちゃうんです。切った後の水洗いの時間を含めて全30秒程度。・・・弟子入りしたい。

P1100299.jpg
焼くとこんな感じ。ふっくら。脂の多そうなつやつやした白身でしょ。

残り半身はですね、都合により塩をした後冷蔵の中で3日間。一夜干以上、干物未満な感じになっちゃいました。
P1100309.jpg
んまぁ、これはこれで良いです。ただ、思うんだけどさ、いくら魚がデブに優しいとは言え、こんなデカいの食ってたら、やっぱダメだよな?

P1100313.jpg
悪くないですよ。でもね、スピード感が無いのです。

これはもう手に取るように分かります。この魚って刺身だと、おそらく身は透明感の無い白色ですよ。そう、ブリとかカンパチとか脂の乗ったシマアジの白身部分みたいな感じ。つまり、白身なのに脂が多いんです。もちろん、日本で買うブリやカンパチに比べると、脂の乗りは全然悪いですよ。でも、私的にはこれでも脂が多すぎる。全体としての脂はサバと同程度かもしれませんが、サバの脂はもっぱら皮の下と赤身(血合い)部分に集中していて、身にはそれほど脂は無いと思うんです(←違う?)。でもコイツは白身全体に脂が乗っている感じ。結果、塩焼きでも食感に「べったり」を感じてしまうのです。つまり、スピード感が無い。

ロックも白身魚もスピード感が大事です。あ、今ゼッペリン聞いてます。

以上、あくまで私の個人的感想ですよ。私は中トロとか大トロは大嫌い。炭火で徹底的に焼いて脂を落として干からびたシーチキン状態にすれば、まぁ食えるって性質の人間ですからね。だから例えば、脂の乗ったブリとかカンパチ大好き!とか、マグロの中トロ、大トロ大好き!っていう人には、この魚の脂の乗りは、全く物足りないと思われることでしょう。そういう意味では、中途半端な魚ですね。

この魚特有の旨味があるのかどうか?イマイチ良く分からない、旨味以前にやはり脂の乗りを感じてしまいます。う~ん、コイツはもう買わないかなぁ・・・?
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/345-f496c131
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック