FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

P1110646.jpg
休みの日、気が向いたら、まとめて靴の手入れをしてやります。私、靴の手入れ大好きです。

P1100381.jpg
これはティンバーランド社製のデッキシューズ。長崎時代の2004年に元船町の夢彩都で買った物。

そこで気が付いた。
P1100388.jpg
底が・・・剥げかけてる。どうしよう?

この靴ね、今年で6年目。この靴ね、長崎時代は船に乗る仕事が多かったんで、んじゃ、デッキシューズだ!って思って安易に買った物。以来、良く活躍してくれました。ちょこっと引っ掛けて街に出るには良いもんね。

でもね、最近は正直歩き辛かったんです。なぜなら、
P1110632.jpg
この靴、もともと底の溝が深いから良く分からないかもしれないけど、こんなに底が減っちゃったから。

後ろから見ると、
P1100385.jpg
私は底の外側から減っていくんですが、もう靴が傾くほど底が減ってるんです。もちろん踵もすごく減ってる。だから歩きにくい。

どうしよう?しかも、剥げかけた底に、ちょっと力を入れたら簡単に剥げちゃいました。
P1110631.jpg
へ~、底はこんな構造になってんだね。

この靴の底は、完全な接着で、縫われていません。いわゆるセメンテッド製法。これを日本で張り替えたら、やっぱり7,000~8,000円はかかると思うんです。この靴は新品で1万円ちょっとだったと思うんで、普通はやっぱり修理しないですよね? だから、日本で靴がこうなったら、やっぱりゴミじゃないですかね? でもね、この靴、アッパーには何の問題も無いんです。アッパーの素材は、グローブレザーです。定期的にミンクオイルを入れてやってたためか、アッパーの状態は全然悪くない。やっぱさ、これを捨てるのは忍びないよ・・・。

そこは、それ、ここはタイなんです。セントラルデパートの靴修理店に底の張替え修理に出しました。期間は、わずか中2日、料金は790バーツ(約2,149円)で仕上がってきました。
P1110649.jpg
正直、全体的にかなりくたびれてるんだけど、全然履ける。嬉しい。

6年履いた靴が完全復活した感じ。これを捨てたらもったいないお化けが出るよ。やっぱ、絶対修理するべきだよ。ただ、これができるのは、タイの人件費の安さなんだよなぁ・・・日本で新品の靴を買うのに近いお金を出して修理するのは、どう考えても合理的じゃない。今の日本には、工業製品を長く使う社会の仕組みが失われてしまった。それがとっても残念。同じ物―特に身に着ける物―を長く使うのってカッコ良いと思うんだけど、今の日本では経済的になかなかそれができない。とっても残念。

ただし、前回も書きましたが、本当に良い靴はタイで底の張替えをしては、絶対にいけません。この理由については、いつか書きたいんだけど、ちょっと面倒なんでまたいつか。もう酔っ払ってるし。

P1110647.jpg
新しい底。元の深い溝の入ったものと違って、クレープソールになっちゃいました。でも、街を歩くには全然OK。しかし、790バーツは安いよなぁ・・・これって本当にビブラム社製の底なんだろうか?

良く見たら、ビブラムじゃなくて・・・
P1110654.jpg
ビブテックぢゃねーかっ!!!

でも大丈夫。街を歩くには全然OK。
関連記事
この記事へのコメント
このセントラルデパートの靴修理店とはなんという店の名前でしょうか?
2013/06/05(水) 11:57 | URL | #-[ 編集]
この店ですが、店の名前は覚えてません。場所は、セントラルチットロムの地下なので、靴修理店は一軒しかありません。だから、行けば分かると思うのですが・・・。在住の方でしたら、一度、行かれてみてはどうでしょう? もっとも、伊勢丹にも、パラゴンにも靴修理店はありますよ!
2013/06/08(土) 22:32 | URL | ncc1701b #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/422-72c2e94e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック