FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

リーバイスリーに続いてラングラーを買いました。これでジーンズの3大ブランドが揃いましたね。
P1110633.jpg
リーと同じでやっぱり型番が無いんだけど、店員によるとこれがもっとも基本的なモデルだと言う。11MWZにあたるものかなぁ。値段は定価で930バーツ(約2,541円)。リーバイスやリーが定価で2,000バーツ以上するのに対して、ラングラーはとっても安い。なんでだろ???日本では、この3ブランドで値段の差はあんまりないですよね?タイでは、ラングラーは、一段安いブランドのようです。

P1110634.jpg
ラングラーの特徴は、なんと言ってもその素材、ブロークンデニムです。

3社揃うと、それぞれの特徴が良く分かりますね。ジーンズも衣料ですから、その時代によって形や素材が変わるものだと思うけど、3社の基本的な特徴というのは、少なくとも20年以上変わらない。

ラングラーは、素材がブロークンデニム。だから表面がとってもつるつるつやつや、オシャレな感じがする。詳しくない人が見ると、「これがジーンズ?」って思うかもしれない。ふともも辺りは一番太いのに、お尻周りはタイト。それにお尻のポケットが小さい。だから太った財布を入れると出し入れがちょっと大変。それに何よりはいた時に一番感じるのは、ウェストの位置が非常に高いこと。ウェストの一番細い所(私にそんな物は無いが)で、ベルトを締める感じ。ベルトの位置が高いのは、ラングラーがロデオ用ジーンズとして発展してきたためと言う。
ぽっちゃりな私(←もはやデブではない)にとっては、ベルトの位置が高いのではきやすい。その反面、お腹のぽっこりが目立つと言う欠点もある。

リーバイスの501は、一番ベルトの位置が低い。腰骨のちょっと上でベルトを締める感じ。生地は、これはもう501としか言えないのだけど、時代によって生地の製法や工場が変わっても、やっぱり501は501だと感じる。この普遍性はステキ。ビンテージ物やレプリカに比べるとずいぶんおとなしくなったけど、やはり501独特の荒々しさがある。ラングラーと比べると特に顕著。はいた感じもやっぱり501。太もも部分はラングラーより細いけど、お尻周りは一番余裕がある。
1年前のデブ時代の私にとっては、ベルトの位置が低いので非常にはき辛かった。だから501は長いこと持っていなかった。また501がはける様になって嬉しい限りである。ただし、501をカッコ良くはくには、もう少し足が長くなければいけない、無念。

リーは、いわゆる基本モデルではなく、デザイン系のモデルを買ったので、あまり比較はできないかもしれないけど、ベルトの位置はリーバイスとラングラーの中間。生地はこれも基本モデルとはおそらく違っていると思うのだけど、縦方向に糸の太さのむらがスゴイ。これは意図して縦落ちを狙っているのでしょう。ベルトの位置は501より高いのに、お尻のポケットの位置が極めて低い。これは最初ビックリしました。財布を入れて座ると、お尻の下に財布を敷いてしまう感じ。まぁ、これもデザイン系だからでしょう。リーの最近の定番モデルはいてみたいね。

私、ジーンズ大好きです。そのうち露天で売っている199バーツ(約544円)とかのジーンズも買ってみましょう。それからやっぱり、もう一度501XXの30インチとか、それに517がはけるようになりたいなぁ・・・(←最終野望!!!)。

関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/423-d8bb92a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック