FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

シューターズ・ギャラリーさんとこに久しぶりに行きました。あ、今回、写真多いよ。例によってマニアックな話が長いこと続くんで、鉄砲に興味ない人はスルーでね。

んで、久しぶりに行ったら、見慣れない鉄砲が。
P1120048.jpg
P1120049.jpg
ありゃ!キンバー社のガバメントクローンじゃん!

P1120058.jpg
P1120059.jpg
銃身長はガバメントよりちょっと短い4インチ、ステンレスの本体にゴムのグリップ。これは、「プロ・キャリー」というモデルですね。銃身長が4インチなんで、コルト社でいうところのコマンダー・モデルよりちょっと短いですね。完全にコルト・ガバメントのコピーではなく、照準は照門・照星共に大型化、引き金は穴を開けて軽量化、手動安全装置はレバーを延長、グリップ・セーフティはビーバーの尻尾、メインスプリング・ハウジングはストレート(これは先祖帰りかな)、排莢口はコルト・ゴールドカップのようなワイド・カット、激鉄の穴が大型化してるのは軽量化のため?激鉄って軽量化して、どんなメリットがあるんだっけ?。ロックタイムが短くなるんだっけ???

フレームにアンダーラグ付けたり、スライドにうるさいセレーション入れたりしてなくって好感が持てます。
P1120060.jpg
P1120061.jpg
スライドをオープンして気付いたんだけど、この鉄砲、バレルプッシングが無い。

P1120062_20101122221105.jpg
で、銃身は先端部分3cmくらいが太くなってる。へぇ~、バレルプッシング無くて良いんですか?ってことは、これ、銃身は絶対前方に抜けないよな? そいえばデトニクスとかも無いんでしたっけ?

P1120062-2.jpg
本家コルト社製と違って、鳩の尻尾でがっちり固定された照星。簡単には飛びそうにないね。あ、ブログの記事にしてないんだけど、射撃中にコルト社製ガバメントの照星が飛んだ事は、私もあるんです。そのうち書きますね。

P1120064.jpg
この鉄砲ね、外見をパッと見、9mm口径かと思ったんですが、.45 ACP口径でした。弾装に何発入るかというと・・・7発。え?ってことはオリジナルのガバメントと一緒じゃん! 21世紀初頭の現在では、7発しか弾が入らない自動式拳銃ってもはやレアですよね・・・。ちなみに今回の弾はブレッド・マスター社製、200グレインのセミ・ワッド・カッター、タイ製のファクトリー・メイドです。

撃ってみたのですが・・・これが!全然当たらない!!!久しぶりだから腕落ちたかな???ハズかしいから、撃った後の標的は載せない。う~ん、こんなに当たらないのはショックだな・・・。でもね、この鉄砲、.45 ACP口径で銃身が短いせいか、撃った瞬間に銃口からハデな火花(マズル・フラッシュ)が昼間でも見えるんです。自分が撃ってる鉄砲のマズル・フラッシュが見えるのってこれが初めて。かなり迫力ありますぜ! 当たらないけど-_-)

こんなに当たらないハズないだろ・・・と思って、比較のためにCZ75D compactを撃ってみます。
P1120079.jpg
P1120080.jpg
P1120081.jpg
これまた久しぶりのCZ75Dコンパクト。この鉄砲さ・・・何か良いよ。最初に見たときはカッコ悪いと思ったんだけど、今やこれがカッコ良く見えます。何しろこんなコンパクトなボディに9mmパラベラムが14発も入るんですぜ!フレームがスライドを包むという独特な構造がスライドを細く見せるんですよね。フレーム先端が銃身先端まで延びてるってのが、何ともカッコ良いんだよね・・・(←ほとんど、子供が鉄砲のオモチャ見る目です)う~ん、良いよなぁ。欲しいなぁ・・・。えーっと、手元にある銃砲店の価格表によると値段は45,900バーツ(約127,289円)か・・・。ちなみにキンバーのプロ・キャリーは63,500バーツ(約176,097円)だ。だったら、買うとしたら絶対CZの方だな・・・フフッ。

んで、久しぶりに撃ってみたら、キンバーよりははるかにまとまるんですが、やっぱ、久しぶりなんで腕落ちてますわ。以前、ブログに載せた射撃後の標的にはるか及ばない。だから、これも今回の標的は載せない。やっぱ、地道に、定期的に練習しないとダメだね。

ただね、私のようなド素人が撃っても、当たりやすい鉄砲とそうでないというのは確実にありますね。それを実感できたのが収穫かな。もちろん、.45 ACP口径と9mmパラベラム口径とでは、反動の大きさが違うのですが、反動の大きさは、当たりやすさにはあまり関係ないと思います。

この日は、シューターズ・ギャラリーさんとこにM4カービンもありました。
P1120089.jpg
キンバーも、CZも、M4も全部指導警官氏の私物なんだそうな。指導警官氏に、「M4カービンの写真撮らせてください!」って言ったら、ニコニコしながら、いろんな場所に置いてくれた。見て下さい!このゴテゴテ、ハデハデなM4!!! この指導警官氏、よっぽどガンマニアなんだよね・・・^_^;) 同士!と思うんだけど、残念ながらあんまり言葉が通じない。この人からいろいろ教えてもらえたらなぁ・・・とは思うんだけど。

でさ、思うんだけど、バンコクでキンバーやら、CZやら、M4カービンやら、運が良ければS&WのMP9だとか、果てやスペイン製で骨董品に近いスターの9mmオートなんかまで撃てるシューターズ・ギャラリーさんって、結構貴重だと思うよ、鉄砲マニア的には。

ラチャダンさん、いつか鉄製のガバメント撃たせてよ!
関連記事
この記事へのコメント
他にマニアックな銃がないか、警察官に確認してみますね。
2010/11/30(火) 14:01 | URL | ラチャダン #-[ 編集]
ラチャダンさん! 別にそんなにマニアックな鉄砲じゃなくても、いつだったか、指導警官氏が腰に着けてたS&W M13の.357マグナムとかでも、全然OKです~♪
2010/12/02(木) 02:23 | URL | ncc1701b #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/463-8ae57dca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック