FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

階段の踊り場に置かれたコレ、何でしょう?
ゴミ箱

そう、ゴミ箱です。これが私の住むアパートのゴミ捨て場です。うちのアパートだけじゃないと思うんですが、ゴミの分別は一切無しです。生ゴミ、プラスチックごみ、空き缶、空きビン、ペットボトルのみならず、壊れたパソコンでも電池でも何でもこの中に入れるんだそうな。

少々、私ごとでありますが・・・私の会社は、日本で最も環境に熱心な会社と言えます。私は2006年に今の会社に採用された後、3年間を東京本社で過ごし、その後バンコクにやってきました。本社で3年間過ごし、一番勉強になった環境活動が廃棄物関連でした。地球温暖化化対策なんかに比べると地味なんだけど、持続可能な社会を考える上で、ゴミ対策は非常に重要、かつ温暖化対策より身近な問題と思います。

もっとも日本でも、ゴミを詳細に分別するようになったのは、私の記憶ではわりと「最近」です。子供のころは「燃えるゴミ」と「燃えないゴミ」の2つしかなかったと思います。私が中学時代の3年間を過ごしたある自治体では、当時市が高性能な焼却炉を持っていたこともあり―今思うとありえないのですが―”手に持てる物は、全て燃えるゴミに出して良い”でした。大型ゴミのみ「粗大ごみ」に分類されてたんです。そこにはリサイクルとか、ダイオキシンとかの発想はありません。日本のゴミ処理は、この20~30年で大きく進歩しました。私自身、ペットボトルと生ゴミを一緒に捨てるのは非常な違和感というか罪悪感を感じます。

タイのゴミ処理って一体どうなってるんでしょう???興味があります(まぁ、本社のゴミ担当に聞けば、すぐに分かるんだろうけど)。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/5-0c787f2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック