FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

も一個謎エビ?だ、頼むわ。
P1010859.jpg
コレ、クマエビ(Penaeus semisulcatus)でしょ??? バンコクの市場で初めて見つけた。長崎ではアカアシなんて呼ばれてましたね、脚が赤いんで。一見してクマエビと思ったんだけど・・・コレ、ホントにクマエビだろうか???

はい、クルマエビ類のお約束、額角。
P1010862.jpg
コレ、ホントにクマエビだよね??? もし間違ってたら、誰か詳しい人、教えて!

というのはね、コレ、
P1010860.jpg
異常にデカいんです。私の手のひらよりかなりデカい。クロントーイ市場にて、1Kgあたり400バーツ(約1,086円)は、クロントーイ市場のエビとしては最も高価。

残念ながら、鮮度はイマイチ。この日クロントーイ市場に行ったのは、午後2時くらいだったのだ。やっぱり、市場には朝一で行くべき、を痛感。

鮮度イマイチなんで、フライにしましょうか。
P1010880.jpg
上: 今回の巨大クマエビ?
中: かなり大きめのブラックタイガー(頭付きで約100g)
下: こちらで紹介したインドエビ?

この写真だと、スケールが分からないんですが、真ん中のブラックタイガーでも相当デカいです。日本の店でこのサイズのエビフライが出てくることは滅多に無いはず。逆に下のインドエビ?は、本来エビフライのサイズではありません。つまり、日本で食べるエビフライは、この2つの中間のサイズですね。

小さい方から揚げていきましょうか。まずはインドエビ、
P1010882.jpg
あ゛コゲた・・・-_-;) それに衣がちょっと薄かったかな?

実は私、エビフライを作るのは生まれて初めてです。ちょっと多めに衣を付けた方が良いのかな?

出来上がり!
P1010915.jpg
もう酔っ払ってるから、見栄えは気にしない。
左: インドエビ
中: かなり大き目のブラックタイガー
右: 巨大クマエビ?

P1010917.jpg
巨大クマエビは、このサイズだと、かぶりつくより切った方が良いね。

P1010893.jpg
巨大クマエビの断面図。ぷりぷり!美味い!でも、衣厚すぎたね。

P1010895.jpg
ブラックタイガーの断面図。これもぷりぷり!美味い!でもやっぱ衣厚すぎだね。

かなり、酔っ払ってはいる。酔っ払っているにしても、残念な事に、クマエビとブラックタイガーの味の違いが分からないのである。長崎時代に茹でで食ってた頃には、分かった気がした。イヤ、絶対分かった。クマエビの方がよりエビの風味と旨味―甘みと言っても良い―が強かった。・・・酔っ払ってない時に食べ比べたら、今でも味の違いが分かるだろうか?もしくは湯引きなら、分かっただろうか?今後の課題だな。

ちなみにインドエビ?は、衣の味と油の風味が強くてエビの風味に遠い。当たり前だけど、このサイズのエビフライは「無し」だ。

イヤね、分かってんですよ。エビってのは、デカけりゃ良いってもんじゃないんです。むしろ大きいのは「大味」です。だからクルマエビではまきサイズが良いんです。しかし、サイズによる味の差を感じるのは、湯引きと天ぷらでしょう。フライにして、パン粉と油の風味、さらに醤油―あ、私、エビフライには醤油です―を付けるとサイズによる味の差はかすんでしまう。であれば、デカい方が嬉しいではないかっ!?

ご馳走様でした
P1010896.jpg
巨大クマエビ、尻尾だけでも大迫力。もちろん、この尻尾も食ったけどね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/559-87789e73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック