FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

バンコクに来て、初めて見るエビ・カニ・貝類は、とりあえず買うという習慣が付いている。バンコクに来て1年半、最近ではスーパーでも市場でも初めて見るエビ・カニ・貝類は滅多に無いのだが、この日はあった。
P1010932.jpg
パックが曇って見にくいのだけど、これ、何か分かりますか?セントラルにて。4匹で240バーツ(約652円)は強烈に高価だ。

P1010934.jpg
分かります?

P1020286.jpg
大きさはこんくらい。やっぱさ、エビの仲間で一番カッコ良いのがコイツだと思うな。

これね、ザリガニなんです。ただ、日本でザリガニと言うと、もっぱら赤いアメリカザリガニだと思うんで、これは色からして、ザリガニっぽくないと思う人が多いと思いますが、これもザリガニの一種。

日本ではどういうわけか、ザリガニを食いませんが、例えばフランス料理ではザリガニは、エクルビスとして重要な食材です。クレオール料理でももちろん食うね。だからジョセフの店でも絶対出してるはず。エルビスだって、「ザリガニ」って曲歌ってるもんね。

茹でで食ってみた。フライでも食ってみた。しかし、さばく時点でダメっぽい事は分かった。・・・残念ながらダメなのだ。まず、泥臭い。茹ではもちろん、フライでも泥臭さを感じる。しかし、もし出荷前の数日を清水で飼えば、泥臭さは抜けるハズだ。出荷形態の再考をお願いしたい。正しだ・・・コイツは、エビらしい旨味に欠ける。この旨味の無さは何だ??? これはエビではないな・・・。さらに言うとだ、身が柔らかいのだ。・・・身が柔らかいのは鮮度の問題かもしれない。しかし、泥臭いのと旨味がないのは致命的だ。

これって食材か?そこまで言うと怒られるか?。フランス料理やクレオール料理では、これをどう出荷・調理しているのだ???
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/566-c1fc10f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック