FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/08

台所に油を常備するようになった経緯はこちらに書いた。
私は揚げ物はそれほど好きではないのだが、鳥のから揚げはたまに食いたくなる。そして、鳥のから揚げより好きな揚げ物がイカゲソから揚げだ。イカげそから揚げは、私が居酒屋で唯一自分でオーダーする揚げ物と言える。バンコクでも作ってみよう。しかし、せっかくバンコクにいるのだ。アイツを使って、イカゲソから揚げを作ってみようではないか!

アイツとはコイツだ、
P1020067.jpg
再びでんでろり~ん

そう、イカデビル。今回はクロントーイ市場で1Kgあたり180バーツ(約485円)だった。一番小さいのを選んだのだが、これで約1.5Kg、約730円。足だけで1.5Kg、大迫力である。

イカは冷凍がきく。冷凍しても味はあまり落ちない。非常にありがたい食材だ。
P1020069.jpg
だから、足2本づつをラップに包んでタッパで冷凍。

見よ!足1本でこの大迫力!
P1020074.jpg
しかしだ、コレを油に入れても良いものだろうか? イヤ、私の本能が『そりは危険が危ない』と強く告げる。ご存知の通り、イカゲソから揚げというのは、とっても油がハネる。イカはそもそも水分が多いのだ。経験から、コイツを油に入れたら、台所が大惨事になるのではないか?という気が強くする。

かなり迷ったのだが、リスク管理の観点からは、コイツをそのまま油に入れるのは避けるべきであるという結論に落ち着く。少なくとも皮は焼き切ろう。
P1020084.jpg
コンロの直火です。

みるみる縮みます。
P1020085.jpg
予め切れ目を入れた皮はあらかた縮んだが、その後も水滴がどんどん落ちる。コイツはやっぱり相当水っぽい。やはりな・・・コイツをそのまま油に入れたら、台所の掃除に丸1日かかっていたところだ。

ちなみに上写真は、まだまだ中まで火が通るには程遠い状態。このままずっと火にかけたらイカデビルゲソから揚げではなく、イカデビルゲソ塩焼きになってしまう。どうする?そろそろ衣を着けて揚げるか?しかし、水滴はいつまでも落ちるのだ。

オレが今食いたいのはから揚げだ、塩焼きではない。であれば、中までで火が通る前に焼きを切り上げて、揚げに移行せねばなるまい。上写真から1分程度、まだ水滴は落ちるのだが、覚悟を決めて衣を付ける。

中略。

P1020170.jpg
完成!

つっ、つまらん!揚げたらさらに縮んで超巨大でもなくなってしまった。普通にコレを出されても―イカげそから揚げとは思わないだろうが―あまり違和感は無い。少なくともインパクトは全く無い。失敗だ。

ちなみに味は、ほぉイカですな、としか言えない。水分は飛んで、水っぽさはないので歯ごたえは良い。しかし、イカらしい旨味は薄い。絵に描いたような“大味”だ。揚げる前に旨味調味料を振るか・・・?。あ、でも台所に旨味調味料無い。

残りの足7本、どうしよう・・・・・・
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/578-98701a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック