FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

これもシュータズ・ギャラリーさんとこの鉄砲。ルガー・マークIIIハンター。口径は.22LR。ルガーのマークIは、その昔日本でもモデルガンが発売されていました。高校時代、私もCMC社製の物を買いました。今思えばCMCの廃業セールの時に買ったようで、当時6,000円だったのを覚えています。当時、自動式拳銃のモデルガンとしては、マルシン社製のプラグ・ファイア・カートリッジを使った非常に調子の良いブローニング・ハイパワーやS&W M39等がありました。それに比べてCMC社製のルガー・マークIは、何の変哲もないただの筒状のカートリッジ、それに紙火薬。“これでどうやってブローバックするんだろう・・・?”と思いつつ、苦労して紙火薬を詰めて撃った記憶があります。もちろんうまく作動せず。今にして思えば、CMC社製のモデルガンに火薬詰めて撃ったなんてもったいなかった気もしますが。

P1060492.jpg 画像クリックで拡大

P1060493.jpg 画像クリックで拡大
さて、このマークIIIはマークIの進化型。マークIからの大きな変更点は、ボルト・ストップとカートリッジ・インジゲータが付いたこと、それに素材がステンレス合金になったこと。ブルバレルは、軽量化のためか、側面が大きくえぐられています。ブルバレルのメリットってなんだっけ?

あっ!もっと大きな変更点がありました。それが、コレ↓
P1060497.jpg
何と、右グリップパネルにレーザー照準器が付いてるんです。レーザー照準器っていうと何かスゴイ物のように聞こえますが、要は会議の時に使うレーザー・ポインタと同じです。ここから赤いレーザー光が出ます。で、このレーザー光の当たったところに弾が飛んでいくという仕掛け。映画でもよく出てきますよね。

P1060500.jpg
丸いポチっとしたのがレーザーのスイッチ。これを押すとレーザー光が出ます。ただ、これが頂けない。私の場合、普通に握ると、このスイッチが中指と薬指の間くらいにくるんです。だから、しっかりスイッチを押すためには、ちょっと指をずらす必要があるんですよね。これがいかにもやり辛かった。

P1060501.jpg
しかも、レーザー照準器を使わない場合は、照星がコレです。夜釣り用の浮きじゃないんだからさぁ・・・^_^;) ちなみに照門はVノッチなので、極めて狙い辛い↓
P1060502.jpg

でも結構当たりました。
P1060507.jpg
15ヤード、体に20発・頭に10発、両手。
.22 RL口径は反動が小さいですから、連射が楽です。上の標的は1秒に1発以上のペースでパンパン撃ってますが、これくらい当たります。体は右下にズレましたが、あえて修正せず。

反動の大きさは、当たりやすさにはあまり関係がない、というのが私のこれまでの印象。この鉄砲は、.22 RL口径で反動が軽いから良く当たる、というよりも引き金のキレが良いことが影響している気がします。反動はね、当たりやすさにはほとんど関係ないと思います。特に右目の焦点を照星(フロントサイト)に合わせて、集中して標的を狙っていると、例え.45ACP口径でも反動は全くと言って良いほど気にならなくなります。もちろん、ポ~ンと腕を持ち上げられる反動はありますよ。あるんだけど、全く気にならない。対して、照準の見易さと引き金の感触は大いに気になります。この2つは、私のような素人でも当たりやすさに大きく影響する気がします。

この鉄砲、名前にハンターと付いてますが、何しろ威力の弱い.22LR口径なんで、撃つとしたらせいぜいウサギとかプレーリードッグくらいでしょうか?実際は狩猟に使うというより、お気軽にパンパン撃って遊ぶ、という使い道が多いんだと思います。

レーザー照準器はあまり好きになれませんでしたが、一つ大きな利点を発見!。標的にレーザーを照射して、狙いを定めている時に手がブレると当然レーザーもブレます。だから、レーザーの赤い丸を見ていると、自分の手がどれだけブレているか、が良く分かるんです。標的に照射された赤い丸が、ぷるぷるせずにピタッと静止しないといけませんね。これは練習に結構良いかも
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/58-ee57b71d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック