FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

Beatles-Help-Deluxe2-inside.jpg
Purple Chikレーベルの『Hepl! Deluxe Vol 2』(PC-115)には、「Help!」の録音途中の全テイク、バージョンが収録されています。

テイク1 途中で中断。演奏のみ。ジョージのアルペジオ下降フレーズが入っている。
テイク2 途中で中断。演奏のみ。ジョージのアルペジオ下降フレーズが入っている。
テイク3 途中で中断。演奏のみ。ジョージのアルペジオ下降フレーズが入っている。
テイク4 完奏。演奏のみ。これ以後テイク12までジョージのアルペジオ無し。
テイク5 完奏。演奏のみ。
テイク6 途中で中断。演奏のみ。
テイク7 途中で中断。演奏のみ。
テイク8 途中で中断。演奏のみ。
テイク9 完奏。これ以後ボーカル入り。何と!イントロのジョンのボーカルがダブルトラック。
テイク10 完奏。ジョージのエレキギター無し。イントロのジョンのボーカルはシングルトラック
テイク11 冒頭の7~8秒のみ。テイク9と同じ?って言うか、テイク9のプレイバック???
テイク12 テイク9にジョージのアルペジオをオーバーダブ。
テイク13 エレキギターが右に移された。それ以外はテイク12と同じ?。つまり発売されたバージョンと同じ?

●「Help!」の完成版(「1965オリジナル・ステレオ・ミックス」や「1987オリジナルCDミックス」、2009リマスターも同じ)では、ジョージの印象的な下降アルペジオは、完全に右から聞こえて、あまり目立たないのですが、テイク12では、中央やや右よりから聞こえます。つまり目立つんです。完成版よりもこっちの方が良いと思うけどなぁ・・・。どうしてこのアルペジオは右に追いやられてしまったんだろう?でも、「2006『Love』ミックス」では、このアルペジオが非常に目立つ形でリミックスされました。やっぱ、「Help!」は、「2006『Love』ミックス」に限るよ。ちなみにこのテイク12、何ヶ所かにテープのヨレみたいなピヨピヨ音が入ってます(例えば20~23秒)。コレって何なんだろう???

●ボーカルの入っていない、演奏のみのバージョンを聴くと、ジョンのリズムギターのカッコ良さが際立ちます。特にテイク5、このテイクのジョンのギターは、超ノリノリで相当カッコ良い!!!(ただし、ポールがちょっと手抜き気味なんだよね)

●それから、スネアの音!「コン!」とか「カン!」っていう感じの非常に乾いた音。私はこの音が大好きなんです。皮をピンピンに張って、コンプレッサーで押しつぶしたような音。もちろん完成版も同じ傾向なんだけど、演奏のみのバージョンを聴くとより際立ちます。どうしたらこんな音が出るんだろうね?

●ついでに、今回「Help!」を聴きなおして気が付いたんですが、この曲のモノラルバージョンには、「1965モノラル・ミックス」、「2009リマスター・モノラル」共に上で書いたピヨピヨ音が入ってますね(例えば冒頭から3秒、14秒あたり)。ただし、ピヨピヨではなく、「ピヨ」です。これって何の音だろうね?ちなみにこの音、ステレオバージョンの完成版(発売版)では、確認できず。

Beatles-Help-Deluxe1-front_20110413155958.jpg
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/604-707312c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック